47件中 11 - 20件表示
  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た指定管理者制度

    秋田県立男鹿水族館(あきたけんりつおがすいぞくかん)は、秋田県男鹿市戸賀塩浜(男鹿半島)にある水族館。通称・男鹿水族館GAO(おがすいぞくかん ガオ)。指定管理者制度により、第三セクターの株式会社男鹿水族館が管理・運営している。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た野上ふさ子

    GAO開業時に目玉となるはずだったシロクマは、カナダから連れてくるはずだったが、日本の動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」(創設者野上ふさ子)やカナダの動物福祉団体「ズーチェックカナダ」などが抗議活動を行ったため、現地との交渉がこじれてしまい、登場が間に合わなかった。「オープンに間に合わなければ着ぐるみになって出迎える」と公約していた当時の佐藤一誠男鹿市長が、オープン日にシロクマの着ぐるみで来場者を出迎えた。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た夏バテ

    2005年6月8日、オーストラリアの水族館の協力のもと、ロシアからシロクマが搬入され、「豪太」と命名された。シロクマの展示施設は、シロクマをできるだけ自然に近い状態で飼育することを目的とし、カナダ・マニトバ州のシロクマ保護法の趣旨に沿って整備を行ったものであり、GAOに指導したオーストラリアの水族館の専門家からも高い評価を得ている。更に2006年(平成18年)5月よりシロクマの夏バテを抑える役割に人工降雪機を設置した。シロクマのために人工降雪機を設置するのは日本初である。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見たコクド

    2002年(平成14年)8月に秋田県男鹿水族館をリニューアル(建て替え)のため閉館し、2003年(平成15年)に秋田県・男鹿市とコクド(現西武グループ)など民間企業5社の出資による第三セクター方式で運営会社が設立された。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た秋田中央交通

    以下の駅から秋田中央交通の路線バスで「GAO前」バス停、下車。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た第三セクター

    秋田県立男鹿水族館(あきたけんりつおがすいぞくかん)は、秋田県男鹿市戸賀塩浜(男鹿半島)にある水族館。通称・男鹿水族館GAO(おがすいぞくかん ガオ)。指定管理者制度により、第三セクターの株式会社男鹿水族館が管理・運営している。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た西武グループ

    2002年(平成14年)8月に秋田県男鹿水族館をリニューアル(建て替え)のため閉館し、2003年(平成15年)に秋田県・男鹿市とコクド(現西武グループ)など民間企業5社の出資による第三セクター方式で運営会社が設立された。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見たホッキョクグマ

    開業前に「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」のロケ地となり、この前評判から開業当時はたいへん混雑した。東北地方日本海側では唯一のホッキョクグマが展示されている。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た地球生物会議ALIVE

    GAO開業時に目玉となるはずだったシロクマは、カナダから連れてくるはずだったが、日本の動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」(創設者野上ふさ子)やカナダの動物福祉団体「ズーチェックカナダ」などが抗議活動を行ったため、現地との交渉がこじれてしまい、登場が間に合わなかった。「オープンに間に合わなければ着ぐるみになって出迎える」と公約していた当時の佐藤一誠男鹿市長が、オープン日にシロクマの着ぐるみで来場者を出迎えた。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た能代市

    能代市から、国道7号・秋田県道42号男鹿八竜線・なまはげライン経由で約70分。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「男鹿水族館GAO」のニューストピックワード