47件中 21 - 30件表示
  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見たズーチェック運動

    GAO開業時に目玉となるはずだったシロクマは、カナダから連れてくるはずだったが、日本の動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」(創設者野上ふさ子)やカナダの動物福祉団体「ズーチェックカナダ」などが抗議活動を行ったため、現地との交渉がこじれてしまい、登場が間に合わなかった。「オープンに間に合わなければ着ぐるみになって出迎える」と公約していた当時の佐藤一誠男鹿市長が、オープン日にシロクマの着ぐるみで来場者を出迎えた。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た国道101号

    秋田自動車道 昭和男鹿半島ICから国道101号・なまはげライン経由で約70分。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?

    開業前に「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!\?」のロケ地となり、この前評判から開業当時はたいへん混雑した。東北地方日本海側では唯一のホッキョクグマが展示されている。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た動物愛護団体

    GAO開業時に目玉となるはずだったシロクマは、カナダから連れてくるはずだったが、日本の動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」(創設者野上ふさ子)やカナダの動物福祉団体「ズーチェックカナダ」などが抗議活動を行ったため、現地との交渉がこじれてしまい、登場が間に合わなかった。「オープンに間に合わなければ着ぐるみになって出迎える」と公約していた当時の佐藤一誠男鹿市長が、オープン日にシロクマの着ぐるみで来場者を出迎えた。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た国道7号

    能代市から、国道7号・秋田県道42号男鹿八竜線・なまはげライン経由で約70分。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た男鹿市

    秋田県立男鹿水族館(あきたけんりつおがすいぞくかん)は、秋田県男鹿市戸賀塩浜(男鹿半島)にある水族館。通称・男鹿水族館GAO(おがすいぞくかん ガオ)。指定管理者制度により、第三セクターの株式会社男鹿水族館が管理・運営している。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た秋田県道56号秋田天王線

    秋田市から、秋田県道56号秋田天王線・国道101号・なまはげライン経由で約65分。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た秋田駅

    秋田空港から空港リムジンバスで秋田駅へ。秋田駅からJR男鹿線または秋田中央交通・船川線(路線バス)の羽立駅で下車し、GAO方面行きの路線バスに乗り換え。空港からの所要時間は150 - 180分ほどかかる。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た路線バス

    以下の駅から秋田中央交通の路線バスで「GAO前」バス停、下車。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見たハタハタ

    1967年(昭和42年)新規設立。設立主体は秋田県企業局。秋田県の魚「ハタハタ」など秋田県近海で生息する魚をはじめとして、カワウソ、ペンギンなど、300余種の水生生物を展示していた。また、1972年(昭和47年)には日本で初めてワニ(パナマメガネカイマン)の繁殖に成功している。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「男鹿水族館GAO」のニューストピックワード