前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
834件中 1 - 10件表示
  • 小千谷市

    小千谷市から見た工場工場

    米菓  新野製菓・阿部幸製菓・竹内製菓の本社・工場所在地小千谷市 フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター学派

    マンチェスター学派から見た工場工場

    19世紀当時のマンチェスターは産業革命を経て世界有数の織物工業の中心地であったことから、工場労働者が増加の一途を辿っていた。一方、穀物法は国際競争力の抑制を通じた穀物の高値維持により、人口増加に伴い農業から得られる利益も増えることから、地主階級の厚い支持を受けていた。マンチェスター学派 フレッシュアイペディアより)

  • ホウトク

    ホウトクから見た工場工場

    2007年1月に、小牧市にある本社兼工場で火災が発生。しかし同年2月初旬には、工場の操業を再開した。ホウトク フレッシュアイペディアより)

  • セゾンファクトリー

    セゾンファクトリーから見た工場工場

    1988年に当時ぶどう畑だった土地を自分達の手で整地し、小さなジャム工場を設立。セゾンファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • 親子時計

    親子時計から見た工場工場

    鉄道駅・学校・工場・大規模オフィスビル・都道府県庁・市役所・町村役場・空港・議場・病院・公会堂・放送局・船舶などに設置されている。また、屋外の柱上や時計台、ビルの塔時計など、高所設置の子時計を駆動するものもある。親子時計 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素貯留

    二酸化炭素貯留から見た工場工場

    回収方法として代表的なものの1つが、火力発電所や工場などで燃料の燃焼によって排出される二酸化炭素を回収するもの、つまり排出源から効率よく回収を行いそれを貯蔵する方法である。二酸化炭素の回収・貯蔵 (carbon dioxide capture and storage, CCS)、二酸化炭素の回収・貯留、二酸化炭素の分離・回収、二酸化炭素隔離、炭素隔離など、さまざまな呼び方がある。二酸化炭素貯留 フレッシュアイペディアより)

  • 越後交通長岡線

    越後交通長岡線から見た工場工場

    1960年(昭和35年)長岡鉄道・栃尾鉄道・中越自動車の三社合併により越後交通となると長岡線と改称された。しかし長岡市中心部への接続がない当線は、自家用車の普及や需要の減少により乗客数は減り続け、1975年(昭和50年)3月31日には旅客営業が廃止された。その後は貨物専業に転換、区間を縮小しながらも営業を続けたものの、こちらも既に需要が頭打ちであった。そして1995年(平成7年)3月31日、全線が廃止となった。鉱山、臨海臨港鉄道の類を除けば、旅客営業の廃止後20年に渡り貨物営業のみが行われていたのは、日本では珍しい例である。また1960年(昭和35年) - 1972年(昭和47年)においては西長岡駅より日産化学工業長岡工場専用線が存在していたが、1972年(昭和47年)に工場閉鎖に伴い廃止された。越後交通長岡線 フレッシュアイペディアより)

  • コンテナ

    コンテナから見た工場工場

    フラット・ラック・コンテナ (flat rack container) は、ドライ・コンテナに積載できない大型機械、円筒形工場用設備、木材、石材、鋼材、工作物、インゴット、大型タイヤ、各種車両、小型ボート、各種ケーブルドラムやロール状の鉄板などを積載するため、天井・両側壁が無く土台となる床のほかに両妻壁(トラックの荷台で言う前後の壁の部分)または、四隅の柱だけの開放型コンテナである。なお、これらの妻壁や柱構造は完全固定型と、折倒し可能な可変型等にコンテナ構造区分コード上で区分される。又、これ等のコンテナは固定型であれ可変型であれ、基本構成は両端に有る四隅の柱が主体となる為に、関係者の間では単にラックコンテナと呼ばれている。コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 大戦景気 (日本)

    大戦景気 (日本)から見た工場工場

    1914年7月、ヨーロッパで第一次世界大戦が勃発すると、当初は、為替相場が混乱し、ロンドンを中心とする国際信用機構の機能が妨げられたことや製品の海上輸送が困難さを増し、工業原料の入手も困難になったことなども加わって一時的に恐慌状態となり、繭価格が暴落した。大隈内閣は、救済に乗り出し、全国蚕糸業者大会の陳情をいれて政府が500万円を出資、帝国蚕糸株式会社を設立して滞貨の買い入れにあたらせた。しかし、一時は深刻な不況にみまわれた日本経済も、翌1915年(大正4年)の後半から好況に転じはじめた。ロシア帝国やイギリスなどの交戦諸国は、不足する軍需品などの供給を日本に求めた。また、アジア市場からヨーロッパ製の商品が後退したあと、日本の商品に需要が高まり、一時的にではあったが、日本がアジア・アフリカの輸出市場を独占したことで空前の好況を呈することとなった。特に鉱山、造船、商事の3業種は花形産業として潤った。年5割や年7割などの配当をする会社もめずらしくなく、株式市場も活況を呈し、にわか成金が続出した。この結果、日本政府と日本銀行の保有する正貨(本位貨幣、金本位制においては金貨、金地金および金為替)は、1914年から1918年(大正7年)のあいだに約3億4,000万円から約15億9,000万円に増加し、世界大戦前まで約11億円の債務国(1914年)だった日本は、1920年(大正9年)には27.7億円以上の対外債権を有する債権国に転換した。産業構造では、農業国から工業国へと脱皮し、さらに重化学工業化の進展がみられた。工業生産は急激に増大し、工場労働者は100万人をうわまわった。「東洋のマンチェスター」と呼ばれた工業都市大阪市で一時期、人手不足から「成金職工」も現れた。また、その過程で工業の動力は蒸気力から電力に転換した。大戦景気 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純也

    小泉純也から見た工場工場

    鹿児島県川辺郡東加世田村(のち万世町、加世田市、現南さつま市)の漁業鮫島家に生まれた。父親の彌三左衛門(やざえもん)は事業に失敗し、地元の鰹節(かつおぶし)工場に雇われていたが、純也が11歳の時に亡くなった。母親が三男六女を育てたが、家が貧しく純也のきょうだいのうち3人が亡くなっている。当時の加世田地区は貧しい家庭が多く、ほとんどの子弟が出稼ぎなどに出ている。純也も小学校を卒業すると、鹿児島市内に働きに出た。小泉純也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
834件中 1 - 10件表示

「町工場」のニューストピックワード