834件中 21 - 30件表示
  • 栗橋町

    栗橋町から見た工場工場

    1888年(明治21年) - 紡績工場が設立される。栗橋町 フレッシュアイペディアより)

  • 倉庫

    倉庫から見た工場工場

    倉庫業者の大きな機能は、「倉庫」という、工場から出荷されたり輸入されたりした製品を小売店に輸送するまでの間一時的に保管しておく、物流における重要な中継点となる施設を持ち、その施設のスペースと保管サービス(保管、荷役、場合によっては仕分けや輸送など)を他の会社に提供することである(また、スペースのみを他の会社に賃貸し、荷役や運送はその会社が独自に行う「貸庫(たいこ)」という不動産業のような形態もある)。倉庫 フレッシュアイペディアより)

  • フォークリフト

    フォークリフトから見た工場工場

    主に工場や倉庫、ホームセンターなどの倉庫型小売店、貨物駅、港湾などの構内、建築設備工事等における荷役作業に使われる産業車両のうち、荷物を持つための装置を上下させるマストを備えた動力つきの車両。フォークリフト フレッシュアイペディアより)

  • 煙霧

    煙霧から見た工場工場

    山火事、火災、工場排気、自動車排気などから出た燃焼物由来の微粒子が浮遊する現象(煙、ばい煙)煙霧 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーカラー

    ブルーカラーから見た工場工場

    現業職や、技術職では雇用側から提供される制服や作業服の襟色に青系が多いことから付けられた。ただし、これに類するとされる職種は土木・建築関係や、ビルメンテナンス、警備、運転手・工員・メカニックエンジニア(整備工・修理工・広義の技術者)など多岐に渡る。ブルーカラー フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸ミッドナイト

    湾岸ミッドナイトから見た工場工場

    悪魔のZを作り上げたチューナー。かつては一線で活躍していたが、彼の造る車が速過ぎるため、誰も乗りこなせず、乗った人間が次々と事故死したことから「地獄のチューナー」の異名が付いた。そのためチューナーとしての商売は成り立たず、工場も潰し家族も逃げてしまった。現在は自称“自転車操業の自転車屋、北見サイクル”を営業している。自分が認めた人間(アキオ・ブラックバードなど)にだけチューニングを施している。現在は「もうL型は一切(チューニングを)しない」と明言しZのチューンについては他人に任せ、ブラックバードのポルシェ専属のチューナーとなっている(だが時折は、Zや他の車に少しばかり手を入れることもある)。しかしそれは決してZを見放したわけではなくむしろ逆で、「より強い者と戦うことにより生きてくる」というZを終わらせないためである。湾岸ミッドナイト フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見た工場工場

    産業革命によって、多くの人びとは農業すなわち食糧生産から離れ、第2次産業や第3次産業に従事するようになったため、社会的分業と都市化は急激に進展していった。工場の周囲は市街化し、工業都市には労働者があふれた。第二次囲い込みは合法的におこなわれた。また急激な経済社会の変革は、過酷な労働条件、貧富の差、劣悪な衛生問題、さらには犯罪の増加をももたらした。これらは、のちにサン・シモン、シャルル・フーリエ、カール・マルクスなど社会主義の諸思想を生み出す背景ともなっていった。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 硫酸ミスト

    硫酸ミストから見た工場工場

    硫酸ミスト(りゅうさんミスト)とは、スモッグ中に含まれる霧状の硫酸である。工場などから排出された亜硫酸ガス(二酸化硫黄ガス)が大気中に存在する水分に溶けて亜硫酸となり、さらにオキシダントにより酸化されることによって生成する。このことからわかる通り、大気中の湿度が高いと生成されやすく呼吸器官に大きな影響を与えるほか、疲労感を強めるなど毒性が高く、警戒されている。硫酸ミスト フレッシュアイペディアより)

  • ギルベイン・ゴールド

    ギルベイン・ゴールドから見た工場工場

    アメリカのギルベイン市は、市の行政として汚水処理場で、同市に工場を構えるコンピュータ部品企業「Zコープ」から排出される汚水を処理する一方、同処理場に堆積した汚泥を乾燥させ、農業用肥料「ギルベイン・ゴールド」として販売して市の収入の一部としていた。ギルベイン・ゴールド フレッシュアイペディアより)

  • 松尾川ダム

    松尾川ダムから見た工場工場

    松尾川第一・第二発電所には、出力約2万キロワットのペルトン水車発電機がそれぞれ1台ずつ設置されている。当時の日本としては大容量の水車発電機であり、とりわけ特筆すべきはAFC(自動周波数調整装置)を日本で初めて導入した点である。電力系統の周波数は需要(負荷)と供給(発電)とのバランスを維持しなければ安定しない。もし、これが崩れると周波数が変動し、工場の操業などに悪影響を及ぼす。発電所の出力を自動で調整し、電力系統の周波数を安定化するAFCは、大容量水力発電所や火力発電所には必須のものとして、日本全国の発電所に普及していった。松尾川ダム フレッシュアイペディアより)

834件中 21 - 30件表示

「町工場」のニューストピックワード