1254件中 41 - 50件表示
  • 高速爆発抑制剤散布装置

    高速爆発抑制剤散布装置から見た工場工場

    高速爆発抑制剤散布装置(こうそくばくはつよくせいざいさんぷそうち)とはガス爆発や粉塵爆発が予想される鉱山や工場などで粉塵爆発を防止するために設置される特殊な自動消火装置の一種である。高速爆発抑制剤散布装置 フレッシュアイペディアより)

  • D-0

    D-0から見た工場工場

    D-0(ディーゼロ)とは、食品(主に乳業)業界で、工場で製造されたその日(=0日)のうちに店頭に並ぶ商品(牛乳など)を指す。DとはDAYの略称。デイゼロとも呼ぶ。D-0 フレッシュアイペディアより)

  • 給湯設備

    給湯設備から見た工場工場

    中央給湯方式は機械室などに大容量の熱源設備と供給用ポンプを設置し必要な箇所に配管で供給するものであり、貯湯式である。大量の給湯が必要な工場・宿泊施設などに用いられる。給湯設備 フレッシュアイペディアより)

  • 池江敏郎

    池江敏郎から見た工場工場

    看板を制作する職人、建設作業員を経て繊維工場の労働者となったが第一次オイルショックの影響で解雇され、1974年に弟である池江泰郎の勧めを受けて中央競馬の厩務員となった。池江敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 姫宮落川

    姫宮落川から見た工場工場

    工場の排水管が実質の源流となる。姫宮落川 フレッシュアイペディアより)

  • 振動規制法

    振動規制法から見た事業場工場

    振動規制法(しんどうきせいほう、昭和51年(1976年)6月10日法律第64号)は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる振動について必要な規制を行うとともに、道路交通振動に係る要請の措置を定めること等により、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的としている。最終改正は平成16年6月9日。振動規制法 フレッシュアイペディアより)

  • 振動規制法

    振動規制法から見た工場工場

    振動規制法(しんどうきせいほう、昭和51年(1976年)6月10日法律第64号)は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる振動について必要な規制を行うとともに、道路交通振動に係る要請の措置を定めること等により、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的としている。最終改正は平成16年6月9日。振動規制法 フレッシュアイペディアより)

  • SGマーク

    SGマークから見た工場工場

    工場登録 + 型式確認SGマーク フレッシュアイペディアより)

  • トニャーナ

    トニャーナから見た工場工場

    1775年トニャーナファミリーにより創業。創業時は煉瓦工場として設立し、1946年にテーブルウェアメーカーとなり、現在ではイタリア最大の陶磁器メーカーとなる。トニャーナ フレッシュアイペディアより)

  • 生産管理 (法学)

    生産管理 (法学)から見た工場工場

    法学において、生産管理(せいさんかんり)とは、労働者が使用者の経営支配を排除し、工場・事業所全体やその生産設備等を接収して経営を行うことを指す。争議行為の一環。生産管理 (法学) フレッシュアイペディアより)

1254件中 41 - 50件表示

「町工場」のニューストピックワード