1254件中 81 - 90件表示
  • セイビアン

    セイビアンから見た工場工場

    調停により、ロバート・ジルジャンはK.ジルジャンシリーズを製造していたカナダの工場を手に入れた。(この頃にはジルジャンのトルコでの製造は終了していた。)アーマンドとロバートの間には、どこでK.ジルジャンシリーズを製造するべきかということに関して大きな論争が起こった。ジルジャン社の社長であるアーマンドはエルビン・ジョーンズやトニー・ウィリアムスの助言もあり、K.ジルジャンシリーズをアメリカで製造するべきだと主張した。セイビアン フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道602号登茂山公園線

    三重県道602号登茂山公園線から見た工場工場

    沿線にはホテル・工場・飲食店などが点在し、20本ほどの志摩市道が本線から分岐して真珠養殖場・観光施設などと結んでいる。三重県道602号登茂山公園線 フレッシュアイペディアより)

  • 村 (アメリカ合衆国)

    村 (アメリカ合衆国)から見た工場工場

    独立以前、植民地時代のニューイングランドにおいては、町 (town) の中心に位置していた集会場(meeting house:教会堂と同一のことも多かった)を囲むように「村」が形成されていた。こうした植民地時代の集落の多くは、現在もタウン・センター(町の中心部) (town center) として存在している。また、産業革命の進行とともに、工業村(インダストリアル・ビレッジ)(industrial village) が水車小屋、鉱山、工場などのまわりに形成された。ニューイングランドの村は、ほとんどが法的に定めあれた町(タウン)の領域の一部分となっているため、こうした村(ビレッジ)の多くは、基礎自治体として独立して法人化されることはない。村 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • グランビー (コロラド州)

    グランビー (コロラド州)から見た工場工場

    2004年6月4日、地元の自動車修理工マービン・ヒーメイヤー(Marvin Heemeyer)は、コンクリート工場誘致反対運動に失敗し、業務停止にまで追い込まれた腹いせに、改造した小松製作所製のブルドーザーで町を暴走し、大規模な破壊活動を行なった。ヒーメイヤーによって破壊された建物には動機となったコンクリート工場のほか、反対運動を中傷した地元新聞社社屋、町役場、公立図書館、銀行、前町長の自宅などがあった。しかし、騒動の最後にヒーメイヤーが自殺したほかは、死傷者は1人も出さなかった。メディアは、この事件に使われたブルドーザーを「キルドーザー」(Killdozer)と呼び、事件を「キルドーザー事件」・「キルドーザーパニック」として報じた。グランビー (コロラド州) フレッシュアイペディアより)

  • 1954年のロードレース世界選手権

    1954年のロードレース世界選手権から見た工場工場

    前年にデビューしたBMWのストリームライナーに端を発し、各メーカーがオートバイの空力に関する試行錯誤を始めたのがこの年である。この流れをリードしたのはファクトリーに風洞を持っていたモト・グッツィで、前年の終わりにデビューした新型4気筒マシンはダストビン・フェアリングと呼ばれるカウリングでフロントホイールまで包み込まれていた。カウリングを使用することに無関心だったAJSを除くMVアグスタやNSU、ジレラ、ノートンといった他のメーカーもこの流れに追従して様々な形状のカウリングをテストし、NSUのイルカのくちばしが突き出たような形状のカウリングはドルフィン・フェアリングの異名をとった。タイトルを獲得したジレラの500ccマシンは、ダストビン・フェアリングの効果もあって最高速度240km/hに達していた。1954年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 公害輸出

    公害輸出から見た工場工場

    公害輸出(こうがいゆしゅつ)とは社会問題の一つ。企業が生産活動を行う場合に発生する公害が外国に被害を与えるということ。たとえば先進国の企業が工場を設置する場合に、自国でならば公害のため規制の対象となっているような設備でも、途上国でならばそれが規制の対象となっていないこともあり、そのような場合の公害を発生させるような生産設備を途上国の外国に建設することを公害輸出と言う。途上国の場合には積極的に先進国からの進出が歓迎されている場合が多く、この事から公害輸出が起きやすい。他には、先進国から途上国に有害な製品や廃棄物を輸出するという貿易が存在しており、このような形での輸出も公害輸出と言う。公害輸出 フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ホイベルガー

    リヒャルト・ホイベルガーから見た工場工場

    絆創膏工場の経営主を父にグラーツに生まれる。当初は工学を学ぶが、1876年に断念して音楽に転向した。グラーツ音楽院でローベルト・フックスに師事し、1902年に優秀な成績で修了すると、ウィーンに移ってウィーン・アカデミー声楽協会や、ウィーン・ジングアカデミー、ウィーン男声合唱協会の合唱指揮者を歴任した。1902年よりウィーン音楽院で教鞭を執り、門下よりクレメンス・クラウスらを輩出した。リヒャルト・ホイベルガー フレッシュアイペディアより)

  • バッチャン村

    バッチャン村から見た工場工場

    ハノイ市街から南東に約13?のホン川(紅河)沿いに位置し、標高が低いために雨季(6月?9月)には町ごと水没することがある。レンガ作りが盛んであったために今もレンガ工場が多いが、15世紀ごろから陶磁器作りが始まり、現在では約100軒の工場が軒を連ねる。村の人口は約5000人で、90%近くが陶器作りに従事している。白地に青の陶磁器が多いが、近年は海外の観光客の増加もあって、色とりどりの形も大きさも様々な陶磁器が作られるようになった。バス停付近から観光客目当ての土産店が数多く軒を連ね、焼き物市場を形成しており、所せましと山積みにされている。観光客向けの店が増え、景観は次第に変化し始めている。工場街はその周辺に点在している。工場の多くは有料で見学もでき、直接買うことも可能。工場や店が密集する中心部を少し離れると、大変に静かでのどかな環境である。バッチャン村 フレッシュアイペディアより)

  • 生産遺跡

    生産遺跡から見た工場工場

    生産遺跡(せいさんいせき)とは、遺跡のうち、生産(ものづくり)に関わったあとの残る遺跡。製塩遺跡・製鉄遺跡・鍛冶遺跡・炭窯・鋳造遺跡・銭貨鋳造所跡・水田跡・水路跡・畑跡・窯跡・土器生産遺構・埴輪生産遺構・各種工房跡・工場跡などの総称。粘土採掘坑や鉱山跡などの原料採取の場を含み、原料精製、目的とするものの製作に至る作業場など一連の生産にかかわるすべての遺跡を呼称する。生産遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 平和食品工業

    平和食品工業から見た工場工場

    1945年 - 工場が戦災にあって焼失。平和食品工業 フレッシュアイペディアより)

1254件中 81 - 90件表示

「町工場」のニューストピックワード