前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示
  • アップルタワーズ仙台

    アップルタワーズ仙台から見た耐震耐震

    また、建設中に構造計算書偽造問題がアパグループの物件でも発覚したため、構造計算書や耐震性に問題が無い当プロジェクトまで風評被害を受けることになった。アップルタワーズ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 耐力壁

    耐力壁から見た耐震壁耐震

    耐力壁とほぼ同じ意味の単語として耐震壁がある。一般的に耐震壁は鉄筋コンクリート造の場合に使う用語である。耐力壁 フレッシュアイペディアより)

  • 地震

    地震から見た耐震耐震

    地震動の大きさを表す数値として、速度や加速度、変位などがある。建築物や土木構造物の耐震設計の分野では応答スペクトルやSI値という指標も、地震動の大きさを表す方法として広く用いられている。一般的には、被害の大きさなどを考慮して、地震動の大きさを客観的に段階付けた震度という指標が用いられる。地震 フレッシュアイペディアより)

  • 玉淀ダム

    玉淀ダムから見た耐震耐震

    2008年、玉淀ダム撤去促進期成同盟会が結成された。荒川をせき止めている玉淀ダムを撤去し、自然本来の川を復活させようと運動している。撤去推進派は玉淀ダムの上流に堰を建設して、農業用水の取水口をこちらに付け替えれば玉淀ダム撤去も可能だとしているが、埼玉県側はダムの耐震性が法令で定めるところの基準を満たしており、現時点ではダムの耐久性に問題がないこと、もしダムを撤去するとしても撤去工事に170億円、農業用水の付け替えに100億円、さらに発電事業者への補償といった多額の費用を要するとして、今すぐの撤去には消極的な姿勢を見せている。熊本県・球磨川の荒瀬ダム撤去と同様、今後の動向が注目される。玉淀ダム フレッシュアイペディアより)

  • 周布川ダム

    周布川ダムから見た耐震耐震

    周布川ダムの設計担当者は佐々並川(ささなみがわ)ダム(山口県萩市)のそれと同一人物である。周布川ダム建設予定地点は強固な地盤を有しており、当初は周布川ダムもまた佐々並川ダムと同じくアーチ式コンクリートダムとして計画されていた。重力式コンクリートダムに比べ、アーチ式コンクリートダムは強固な地盤と緻密な構造計算を必要とする反面、コンクリートが少量で済むことから経済性に優れている。しかし、社内からはアーチ式コンクリートダムとして建設した場合の耐震性について問われ、やむなく重力式コンクリートダムに変更することになった。とは言え、構造計算の手法としてアメリカ合衆国で発表された荷重計算法による三次元応力解析が採用されており、経済性については重力式コンクリートダムとして最大限の追求がなされている。周布川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 地震PML

    地震PMLから見た耐震耐震

    地震の分野にPMLの概念が入ってきたころは、最も大きな被害をもたらす揺れを想定して耐震設計に役立てるというものだった。1960年代後半に入り、地震の発生確率を加味した算出方法の開発が始まり、1970年代には確率論的な被害算出方法の開発が始まった。1980年代には保険の分野に地震PMLの概念が入り、最大想定地震(再現期間475年の地震、MCE = Maximum Credible Earthquake)が定義された。地震PML フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤正人

    齊藤正人から見た耐震耐震

    齊藤 正人(さいとう まさと、1971年 - )は、日本の土木工学の研究者である。埼玉大学工学部助教授。構造物の地震応答評価と維持管理法を研究。具体的には、大型基礎・杭基礎の動的相互作用、スマートストラクチャー、耐震設計法などについての研究を行っている。齊藤正人 フレッシュアイペディアより)

  • Sun Modular Datacenter

    Sun Modular Datacenterから見た耐震耐震

    2007年11月14日にはサン、IIJ、ベリングポイント他12団体が共同でSun MDを地下鉱跡に大量設置する「地底空間トラステッド・エコ・データセンター・プロジェクト」を発足させた12。地下100メートルに設置する事で耐震性にすぐれ(安定した岩盤中ならば地下空間は地震に強い)、かつ偵察衛星に発見されにくくなるなどの機密の保持がやりやすくなるメリットがある。当該施設は2010年4月に稼動予定。また専任の合弁会社の設置が予定されている。日本政府も全面バックアップしており、国土交通省、経済産業省、総務省、そして環境省が本プロジェクトにアドバイザリーメンバーとして加わっている。Sun Modular Datacenter フレッシュアイペディアより)

  • 事前復興

    事前復興から見た耐震耐震

    事前復興の主要な課題は、災害弱者対策、建造物の耐震性耐火性の強化、道路拡張、防災拠点の設置、そして災害に強い地域のグランドデザインである。事前復興 フレッシュアイペディアより)

  • 震災復興公園

    震災復興公園から見た耐震耐震

    大正12年(1923年)の関東大震災による被害状況を受けて、帝都復興院総裁となった後藤新平(内務大臣を兼務)を中心とする政府主導で計画された震災復興再開発事業は、東京市の防災都市化にその主眼を置いていた。特に地震によって発生した火災による被害は甚大であり、延焼を食い止める防火帯の設置が重要な課題となった。昭和通りなどの幅員の広い幹線道路の建設と並んで、公園の確保に重点が置かれ、復興局公園課の折下吉延らにより、東京に三大公園(隅田公園、浜町公園、錦糸公園)が設置された。中でも隅田公園は、近世以来の名所であった桜堤と旧水戸藩邸の日本庭園を取り込み、和洋折衷の大規模な公園となった。三大公園には含まないが、昭和5年(1930年)に完成した横網町公園には、関東大震災の身元不明遺骨を納める震災記念堂と復興事業に関する資料を保存・展示する復興記念館が建設され、メモリアルパークの役割を果たしている。また、井下清率いる東京市公園課は、小学校を不燃化、耐震化された鉄筋コンクリートの校舎にして、小公園を併設させることにより防火帯と避難施設の役割を持たせようとした。これにより、小学校とセットになった小公園が東京市内52箇所に設置され、各地域における防災都市としてのシンボルとした。小公園は、隣接する小学校の校庭を兼ねるとともに、地域コミュニティの中心的存在となっていく。震災復興公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード