144件中 91 - 100件表示
  • 当麻庄司

    当麻庄司から見た耐震耐震

    構造物の耐震設計や鋼構造物の限界状態設計法など構造工学・地震工学・維持管理工学・建築構造及び材料の研究と土木工学の中でも多岐に渡っている。当麻庄司 フレッシュアイペディアより)

  • 東京駅の歴史

    東京駅の歴史から見た耐震耐震

    この復原では赤煉瓦駅舎を恒久的に保存・活用することが目的であるため、耐震性能を確保する必要があった。そこで目標とする耐震性能として、震度5程度では煉瓦壁にひび割れが発生せず、想定する最大の震度7クラスではひび割れは発生するが、大きな補修を加えなくても使用を継続できることと設定した。この耐震性能を満たすために必要な補強量を計算したところ、在来工法では壁の5割ほどに補強を施す必要があったが、免震工法を取り入れると耐震補強はほとんど不要であることが判明した。免震工法を採用する上で課題となったのは、地震時に建物が動くことになるため、特に近接する中央線の高架橋との離隔を確保すること、非免震部と免震部の境界における安全性を確保することであった。様々な検討を行ったが、結局中央線の高架橋との離隔については、北ドームの部分で一部煉瓦壁を撤去して奥に新しい壁を構築することで確保することになった。南ドームについても一部の煉瓦壁を削っている。また境界の問題については変形に追従するエキスパンション・ジョイントを導入することになった。東京駅の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅から見た耐震耐震

    欠陥住宅の種類は多種多様であるが、近年で特徴的なのは、見える部分は徹底的に美しく作るが、見えない部分は徹底的に手抜きをし、コストを削減したものが多いことである。例えば、木造で言えば釘やホールダウン金物や断熱材、鉄筋コンクリート造で言えば鉄筋の使用量やコンクリートの品質、鉄骨造で言えば鋼材の品質や溶接の種類が典型的な例である。これらは日常は気づかないが、耐震性に劣るなど、居住者の安全を脅かすものである。欠陥住宅 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス化

    ガラパゴス化から見た耐震耐震

    日本の耐震技術は世界の中でも優れている一方、コストがかかるため、日本国外では競争力がない。同様に地震の多い国であるインドネシアなどの輸出が期待されている。ガラパゴス化 フレッシュアイペディアより)

  • 堺市上下水道局

    堺市上下水道局から見た耐震耐震

    2009年 3月  局庁舎敷地内に耐震性貯水槽(容量100m3)設置堺市上下水道局 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市民会館

    仙台市民会館から見た耐震耐震

    2008年(平成20年)7月?2009年(平成21年)2月 耐震工事のため、大・小ホールが利用不可となり、その他の諸施設も利用が制限された。仙台市民会館 フレッシュアイペディアより)

  • 設計

    設計から見た耐震耐震

    設計の種類としては、建築設計、建築、建築、庭園、景観設計、都市設計、換地設計、造成設計、工程設計、信頼性設計、ソフトウェア設計、音響設計、CPU設計、損傷許容設計、データベース設計、トップダウン設計とボトムアップ設計、フォールトトレラント設計、熱設計、耐震設計、回路設計、集積回路設計、人生設計、医薬品設計、オブジェクト指向分析設計、フォールトトレラント設計、光学設計・レンズ設計、物質設計、コンクリート工や骨材での配合設計、クロック同期設計、ユーザー中心設計、ユーザインタフェース設計、損傷許容設計、クリーンルーム設計、色彩設計、図書計、コンピュータ支援設計、ドメイン駆動設計、契約による設計、システムレベル設計、オープン設計、 などがある設計 フレッシュアイペディアより)

  • 中野剛志

    中野剛志から見た耐震耐震

    デフレ対策を含め財政出動の必要性を訴えており、その投資先としては、老朽化した橋、道路、下水管、被災地の復興、耐震強化、水害対策など将来に向けたインフラが山ほど存在することを強調している。それにもかかわらず、現代日本では老朽化したインフラの更新投資など本来やるべきことを怠り、こうして削減した公共投資を財源として社会保障費や子供手当てに資金をあてていることを批判する。中野剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県立盛岡商業高等学校

    岩手県立盛岡商業高等学校から見た耐震耐震

    4月1日 - 第一体育館の耐震補強工事が完了。岩手県立盛岡商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第七高等学校造士館 (旧制)

    第七高等学校造士館 (旧制)から見た耐震耐震

    国の重要文化財に指定されている「異人館」は、もともと磯地区に建てられていた鹿児島紡績所技師館が1882年に鶴丸城址内に移築され、七高本館として長く使用されていたもので、1936年に再び磯地区に移築され、戦災による破壊も免れ現在に至っている(内部の一般公開は耐震強度の関係で現在中止されている)。第七高等学校造士館 (旧制) フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード