144件中 11 - 20件表示
  • 複合構造

    複合構造から見た耐震耐震

    防音、防振、耐火性や耐震性能などの面で高品質・高性能な構造とすることができる複合構造 フレッシュアイペディアより)

  • 品川シェルター

    品川シェルターから見た耐震耐震

    品川シェルター(しながわシェルター)とは、日本の木造住宅の耐震補強工法の一つ。品川シェルター フレッシュアイペディアより)

  • 耐震診断

    耐震診断から見た耐震耐震

    耐震診断(たいしん しんだん)とは、既存の建築物の構造的強度を調べ、想定される地震に対する安全性(耐震性)、受ける被害の程度を判断する行為。地震による破砕・倒壊を未然に防ぐため、その恐れの有無を把握する目的で行われる。耐震診断 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県災害拠点病院

    福島県災害拠点病院から見た耐震耐震

    建物が耐震・耐火構造であること。福島県災害拠点病院 フレッシュアイペディアより)

  • 筋交い

    筋交いから見た耐震耐震

    筋交い(すじかい)とは、柱と柱の間に斜めに入れて建築物や足場の構造を補強する部材である。「筋交」「筋違」とも表記され、ブレース(brace)とも呼ばれる。構造体の耐震性を強める効果があり、建築基準法では一定の割合で筋交いを使用することが義務づけられている(梁と梁、耐力壁で十分な強度が発揮できる場合は除く)。筋交い フレッシュアイペディアより)

  • 研究開発局

    研究開発局から見た耐震耐震

    首都直下地震の姿の詳細を明らかにし、耐震技術の向上や地震発生直後の迅速な震災把握等と連携して地震被害の大幅な軽減に資することを目的とした「首都直下地震防災・減災特別プロジェクト」の推進研究開発局 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽市立神島中学校

    鳥羽市立神島中学校から見た耐震耐震

    校地は神島の南部に位置し、集落のある北部からは離れている。校舎は神島小学校と並んで建っており、体育館とグラウンドを共有している。鳥羽市は校舎の耐震化が必要と考えており、2014年(平成26年)度に小学校と複合化することを検討している。鳥羽市立神島中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 震災復興再開発事業

    震災復興再開発事業から見た耐震構造耐震

    またアメリカからの義援金等国際的な応援もあり、鉄筋コンクリートの小学校校舎建設を進めた。校舎のデザインは時代の先端とされたドイツ表現主義の影響を受け、日本の分離派の影響が色濃い建築物が多く作られていく。建設にあたっては、耐震構造の研究を進めていた佐野利器が東京市の当時の市長永田秀次郎に請われて、東京帝国大学教授兼務のまま東京市建築局長に就任する。早速佐野は建築局に古繁田甲午郎らを呼び寄せ、都市計画業務に従事していた石原憲治、田中希一、福田重義らと設計にとりかかる。佐野の主導で、将来を担う子供に衛生思想を根付かせる意味でのトイレの水洗化、暖房設備、理科教育や公民教育を重要視した教室など、合理主義に基いた設計思想が導入される。教育局はこうした施設は贅沢といって作法室の設置を望んだが(畳敷きの作法室は教師たちの一杯やる場所でもあったらしい)、佐野は作法室の設置を拒み、教育局との間で確執が生じる。教育局は教育関係者を総動員して反対運動を展開したが、佐野は復興前に計画し完成した小学校の作法室を現場監督に命じて破壊させるなど、最後までゆずらなかった。また設計および施工指針のハンドブックを作成、メートル法を徹底して採用し、骨組み・ディテールを標準化。スチールサッシュとスチーム暖房も採用していく。鉄骨コンクリート構造に関しては、アメリカから取り寄せた鉄骨の長さが予定より足りず、海軍技師の協力を得て溶接したほか、強度鑑定の証明書を内藤多仲に依頼した。震災復興再開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲日御碕燈台

    出雲日御碕燈台から見た耐震耐震

    1993年(平成5)から翌年にかけて、耐震補強にあわせた保全が行われた。出雲日御碕燈台 フレッシュアイペディアより)

  • 高島中央公園

    高島中央公園から見た耐震耐震

    公園の計画にあたっては公募による市民の参加を募り、地域住民の意見を取り入れている。当公園は中央地区における4番目の公園となるが、特徴として周辺に集合住宅がいくつもあることから、近隣住民の憩いの場としての機能を多く有している。このため、他公園とは異なりブランコ、鉄棒、すべり台などの遊具も設置されている。また、災害等の非常時における飲料水の確保を目的として、イベント広場地下には容量約1,500トン(内径26m)の耐震型循環式地下貯水槽を設けている(みなとみらい地区全体では約4,500トンとなる)。同広場ではミスト噴水を作動させることが可能であり、6月から9月(夏季)の昼間のみ噴射を行なっている。この他、園内には15種約73,000株の植物や約90本の四季折々の樹木を植えたり、キング軸を境にして北側半分にあたるコンクリート等を使用した硬い地面とは対照的に南側半分には芝生の広場を設けるなど、変化に富んだ工夫が随所に施されている。高島中央公園 フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード