280件中 21 - 30件表示
  • 石綿セメント管

    石綿セメント管から見た耐震性耐震

    1954年(昭和29年)には久保田鉄工(現:クボタ)も石綿セメント管事業に参入、昭和30年代から昭和40年代まで日本中の自治体で大量に水道管として用いられたが、この頃より戦中戦前の老朽管を中心に漏水や破断が多発し、石綿セメント管は経年劣化により急速に耐圧性や機械強度が低下することが広く認識され、多くの自治体で昭和40年代中期頃までに新規の敷設が停止された。その後も耐震性の弱さが指摘されたことや、ダクタイル鋳鉄管や硬質塩化ビニル管などの耐久性・耐震性に優れた管材が安価に供給されるようになると、石綿セメント管の歴史的役割は終わりを迎え、その需要は急速に縮小した。1975年(昭和50年)にクボタ、1979年(昭和54年)に秩父セメントが相次いで事業撤退した。1985年(昭和60年)には日本の石綿セメント管事業の草分け的存在でもあった日本エタニットが製造を停止し、1988年(昭和63年)にはJIS規格の多くが廃止され、翌1989年(昭和64年/平成元年)には国庫補助の歩掛からも石綿セメント管の記述が削除された。1992年(平成4年)には最後まで残った異種材継手類のJIS規格も廃止され、日本の土木・建築分野から石綿セメント管は完全に姿を消した。石綿セメント管 フレッシュアイペディアより)

  • ビイック

    ビイックから見た耐震耐震

    ビイック株式会社は地盤調査機器(表面波探査試験機)や動的耐震計測機器の開発・製造・販売業務および、それらの機械を用いた地盤調査、建造物の動的耐震診断業務を行う企業である。ビイック フレッシュアイペディアより)

  • 新方舟賓館

    新方舟賓館から見た耐震耐震

    新方舟賓館とは、中華人民共和国湖南省長沙市に存在するホテル。30階建の高層ホテルであり、建築にかかった日数はわずか15日で世界最速であった。洞庭湖のほとりに立てられ総面積は18万3000平方メートルであり、マグニチュード9クラスの地震にも耐え得る従来の建築物の5倍の耐震性を持つ。新方舟賓館 フレッシュアイペディアより)

  • ニューハウス工業

    ニューハウス工業から見た耐震耐震

    2006年 サイエンス館2階 安心ゾーンリニューアル(防犯・耐震・健康)ニューハウス工業 フレッシュアイペディアより)

  • 大村市立松原小学校

    大村市立松原小学校から見た耐震耐震

    2011年(平成23年)10月 - 体育館の耐震工事を実施。大村市立松原小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 品川シェルター

    品川シェルターから見た耐震耐震

    品川シェルター(しながわシェルター)とは、日本の木造住宅の耐震補強工法の一つ。品川シェルター フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県立鳥取湖陵高等学校

    鳥取県立鳥取湖陵高等学校から見た耐震耐震

    2010年(平成22年)12月10日 - 教室棟の耐震工事が完了。鳥取県立鳥取湖陵高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保市立江迎小学校

    佐世保市立江迎小学校から見た耐震耐震

    2003年(平成15年)- 校舎・体育館の大規模改修・耐震工事が完了。佐世保市立江迎小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保市立猪調小学校

    佐世保市立猪調小学校から見た耐震耐震

    2005年(平成17年)- 校舎の耐震工事を実施。佐世保市立猪調小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 妙高寺 (世田谷区)

    妙高寺 (世田谷区)から見た耐震耐震

    「歴史」の項で既に述べたとおり、本堂は1927年(昭和2年)の移転後、第27世住職吉田勝碩によって建築されたものである。本堂は東北の方向に向かって立ち、建築当時は本堂及びその向かって左側に住職の住まいが建っていた。本堂と庫裏及び書院は渡り廊下で棟続きになっている。2010年(平成22年)2月、耐震改修工事を実施し、ハイブリッドチタン葺きの屋根を持つ建築物となった。妙高寺 (世田谷区) フレッシュアイペディアより)

280件中 21 - 30件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード