280件中 31 - 40件表示
  • 欠陥住宅

    欠陥住宅から見た耐震耐震

    欠陥住宅の種類は多種多様であるが、近年で特徴的なのは、見える部分は徹底的に美しく作るが、見えない部分は徹底的に手抜きをし、コストを削減したものが多いことである。例えば、木造で言えば釘やホールダウン金物や断熱材、鉄筋コンクリート造で言えば鉄筋の使用量やコンクリートの品質、鉄骨造で言えば鋼材の品質や溶接の種類が典型的な例である。これらは日常では気づかないが、耐震性に劣るなど、居住者の安全を脅かすものである。欠陥住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 玉淀ダム

    玉淀ダムから見た耐震耐震

    2008年、玉淀ダム撤去促進期成同盟会が結成された。荒川をせき止めている玉淀ダムを撤去し、自然本来の川を復活させようと運動している。撤去推進派は玉淀ダムの上流に堰を建設して、農業用水の取水口をこちらに付け替えれば玉淀ダム撤去も可能だとしているが、埼玉県側はダムの耐震性が法令で定めるところの基準を満たしており、現時点ではダムの耐久性に問題がないこと、もしダムを撤去するとしても撤去工事に170億円、農業用水の付け替えに100億円、さらに発電事業者への補償といった多額の費用を要するとして、今すぐの撤去には消極的な姿勢を見せている。熊本県・球磨川の荒瀬ダム撤去と同様、今後の動向が注目される。玉淀ダム フレッシュアイペディアより)

  • 剛床

    剛床から見た耐震耐震

    木造の床は、水平剛性が低く、剛床とは言いがたい。そういったものは剛床に対応する言葉として柔床と呼ぶ。しかし、近年、木造建物の耐震性を求められることから、床下地材として構造用合板を直接釘で打ち付け、極力剛床に近くする工法が普及している。床倍率何倍以上を剛床として扱ってよいかの規定はないが、現実的には、次に示す床を剛床として扱うことが多い。剛床 フレッシュアイペディアより)

  • 大村市立三浦小学校

    大村市立三浦小学校から見た耐震耐震

    2011年(平成23年)8月 - 体育館の耐震化工事を完了。大村市立三浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 木造軸組構法

    木造軸組構法から見た耐震耐震

    木造軸組構法の耐震基準は兵庫県南部地震や新潟県中越地震などの大きな地震によって木造軸組構法の脆弱性が指摘されるたびに見直され、1981年(昭和56年)(必要壁量の割増し)、2000年(平成12年)(偏心率の制限・ホールダウン金物などの設置義務化)、2008年(平成20年)(すべての建物での構造計算の義務化)と改正されてきた。そのため、(第二次世界大戦後に建設されたものでは)建築年代の古いものほど耐震性が低い可能性が高い傾向があり、構造用合板を採用した新しいものについては、木造枠組壁構法に匹敵する耐震性を確保しているとされる。木造軸組構法 フレッシュアイペディアより)

  • 木造軸組構法

    木造軸組構法から見た耐震性耐震

    日本建築の源流である竪穴式住居などでは土に穴を掘って柱を立てる掘っ立て柱が用いられていたが、地面から水分が上がれば柱は腐ってしまうため、伝統工法では礎石の上に柱を並べる構法が採られていた。在来工法はこの部分が大きく異なり、鉄筋とコンクリートで「基礎」を構築し、柱は下部で「土台」と呼ばれる横材に接合され、基礎と土台をアンカーボルトで固定する。このため、地震に際しては揺れを逃がす伝統工法に対して慣性を全て受け止めることになり、ホールダウン金物や羽子板ボルトなどによる補強が不可欠となっている。基礎は近年まで布基礎が基本であったが、湿気対策や耐震性などの観点からべた基礎に主流が移っている。木造軸組構法 フレッシュアイペディアより)

  • 雲仙市立千々石第二小学校

    雲仙市立千々石第二小学校から見た耐震耐震

    2009年(平成21年)11月 - 校舎の耐震工事が完了。雲仙市立千々石第二小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 五島市立玉之浦小学校

    五島市立玉之浦小学校から見た耐震耐震

    2011年(平成23年)6月 - 耐震化工事を開始。五島市立玉之浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 五島市立三井楽小学校

    五島市立三井楽小学校から見た耐震耐震

    2010年(平成22年)7月 - 耐震化工事が完了。五島市立三井楽小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 島原市立高野小学校

    島原市立高野小学校から見た耐震耐震

    7月 - 体育祭の耐震補強工事が完了。島原市立高野小学校 フレッシュアイペディアより)

280件中 31 - 40件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード