144件中 51 - 60件表示
  • 大阪市中央公会堂

    大阪市中央公会堂から見た耐震耐震

    大阪市中央公会堂は、日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、日本の近代建築史上重要なものとして2002年(平成14年)12月26日、国の重要文化財に指定されている。老朽化が進んだため、1999年(平成11年)3月から2002年(平成14年)9月末まで保存・再生工事が行われ同年11月にリニューアルオープン。耐震補強、免震レトロフィットやバリアフリー化がなされ、ライトアップもされるようになった。大阪市中央公会堂 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立竹田高等学校

    大分県立竹田高等学校から見た耐震耐震

    3月15日 - 特別教室棟耐震工事が完了。大分県立竹田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 同潤会アパート

    同潤会アパートから見た耐震性耐震

    老朽化のため順次、建て替えが進められているが、歴史的建築物ということで青山・大塚女子・江戸川・代官山などでは取り壊しに際して保存運動も起こった。しかし、老朽化に伴う建物の劣化の著しさと耐震性などの建物機能の問題で住人にも建て替え希望者が多かった。権利関係が複雑だったこと、立地条件が良い場所が多く建て替えによるメリットが大きいと考えられたこともあって保存は困難であった。同潤会アパート フレッシュアイペディアより)

  • 酒田港

    酒田港から見た耐震耐震

    2002年 「ニューとびしま丸発着所」がリニューアルオープン。 暫定水深7.5mの耐震強化岸壁の供用開始。酒田港 フレッシュアイペディアより)

  • 監査廊

    監査廊から見た耐震性耐震

    コンクリートダムの場合、基礎地盤から数m上部に設置されるが、ロックフィルダムの場合、基礎地盤を堀込んで設置される。これは耐震性を考慮するためのもので、地震時に堤体(コア材)とトンネル(コンクリート)の挙動が別々なものになることから、堤体への影響を避けるためにあえて地下へ堀込んで設置するものである。監査廊 フレッシュアイペディアより)

  • テレコムセンター

    テレコムセンターから見た耐震耐震

    耐震・無停電設備を売りにしており、現在はデータセンターとしての存在意義が強まっている。テレコムセンター フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立呉三津田高等学校

    広島県立呉三津田高等学校から見た耐震耐震

    2008年(平成20年)3月14日 - 理科棟とB棟の耐震工事を完了。広島県立呉三津田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立三原高等学校

    広島県立三原高等学校から見た耐震耐震

    2009年(平成21年)3月2日 - 18号棟(内部)のリフレッシュ・外壁改修耐震工事が完成。広島県立三原高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 洲本市立大野小学校

    洲本市立大野小学校から見た耐震耐震

    2000年 - 校舎全面改装(耐震洲本市立大野小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 既存不適格

    既存不適格から見た耐震壁耐震

    耐震基準が改正される以前に建てられた建築物。これらの建築物の中には、現実に耐震強度が不足しているものもある。大きな改正として1981年(昭和56年)の耐震基準改正が挙げられ、これ以降のものを「新耐震基準」と呼んでいる(それ以前のものは旧耐震基準。この改正はしばしば「56年改正」とも呼ばれる)。なお、構造に関する規定はその後もたびたび改正されており、1981年以降であるからと言って即座に現行の耐震基準に適合するわけではない。最近の改正として、木造建築物については2000年にも大幅改正が行われているほか、鉄骨造建築物は1995年に仕口(部材の接合部)の仕様が、鉄筋コンクリート造については2005年に耐震壁の有効部分に関する規定が大きく改正されている。既存不適格 フレッシュアイペディアより)

144件中 51 - 60件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード