280件中 81 - 90件表示
  • 三重県庁舎

    三重県庁舎から見た耐震耐震

    1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災を機に耐震診断を行ったところ、構造耐震指標(IS値)が0.38で耐震性能が低いことが明らかになったため、2001年(平成13年)10月9日から免震工事が行われた。三重県庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 山内埠頭

    山内埠頭から見た耐震耐震

    高島埠頭(現在のみなとみらい中央地区に位置していた)と共に内国貿易埠頭として1928年(昭和3年)より整備が開始され、1932年(昭和7年)に完成した。埠頭内に開場した中央卸売市場には貨物の専用線(引き込み線)が敷かれ、さらに1934年(昭和9年)に貨物支線として山内町駅(後年、横浜市場駅に改称)が設置された。戦後は東南アジアや中近東方面の航路での利用もされたが、その一方で当埠頭は横浜港の最奥部に位置する上に市街地にも近いことなどから大型船舶への対応が難しいという問題もあり、付近の再開発計画「みなとみらい21」の進捗に合わせて1988年(昭和63年)から1993年(平成5年)にかけて再整備が行われた。この際には、災害時における緊急物資輸送拠点として利用できるように耐震岸壁となっている。2008年(平成20年)には当埠頭内を通る臨港幹線道路(みなとみらい地区〜瑞穂埠頭区間)が完成している(を参照)。山内埠頭 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県勤労会館

    愛知県勤労会館から見た耐震耐震

    同会館を所有する愛知県は、代替施設として2009年10月に愛知県産業労働センターをオープンしており、名古屋市が存続させる場合に「建物の無償譲渡と土地の無償貸し付け」を行う方針を明らかにしていた。譲渡後の2010年4月から約2年間の耐震補強工事に取りかかる予定が示されていたが、2月の時点で県と市の移管交渉が難航し解決を見ないまま、3月31日をもって閉館した。愛知県勤労会館 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県立都城商業高等学校

    宮崎県立都城商業高等学校から見た耐震耐震

    2008年(平成20年)3月 - 第1棟の耐震補強工事が完了。宮崎県立都城商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 谷藤裕明

    谷藤裕明から見た耐震耐震

    谷藤は盛岡市長選出馬に際して、危機的な状況に陥っていた盛岡市の財政を再建するため、財源不足の解消、基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化、新規の市債発行額の予算総額の8%以内への抑制、外部監査の導入、市長の退職金の半額カット、職員数及び給与の削減を掲げた。このうち、財政規律に関する選挙公約は概して遵守されており、盛岡市の市債発行残高は谷藤市長就任の翌年(2004年)以降、減少を続けている(地方交付税交付金による臨時財政対策費等は除外)。2007年10月には、計画されていた盛岡市役所の移転計画を財政再建を理由に白紙撤回した。盛岡市役所の盛南地区への移転計画は桑島前市長の時代から検討されていたもので、盛岡市は以前から盛南地区の開発を進めており、旧都南村が盛岡市へ合併する際も市役所の移転を条件に合併に合意していた。また、盛岡市内丸の市庁舎は震度6強の地震が倒壊する危険性が高く、防災面からも新庁舎建設が検討されていたが、谷藤は新庁舎を建設する土地の取得に必要な高額の財政負担や、市庁舎は簡易な耐震補強工事を施せば引き続き使用が可能である事情を考慮し、市庁舎移転計画の白紙撤回を決定。この決定に対しては、旧都南村地区選出の市議らの間からは合併の際の条件を反故にした谷藤市長に対し、批判の声が上がった。谷藤裕明 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保市立俵浦小学校

    佐世保市立俵浦小学校から見た耐震耐震

    2013年(平成25年)1月 - 体育館の耐震工事が完了。佐世保市立俵浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保市立庵浦小学校

    佐世保市立庵浦小学校から見た耐震耐震

    2011年(平成23年)8月 - 体育館の耐震工事が完了。佐世保市立庵浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立小榊小学校

    長崎市立小榊小学校から見た耐震耐震

    2010年(平成22年)- 体育館の耐震補強工事を完了。 長崎市立小榊小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大網白里市立白里中学校

    大網白里市立白里中学校から見た耐震耐震

    平成26年2月7日 普通教室耐震改修工事大網白里市立白里中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 構造用合板

    構造用合板から見た耐震耐震

    構造用合板を使って耐力壁や耐力床を作ることにより、耐震性・耐風性を飛躍的に高めることができる。また、副次的な効果として、気密性や防音性を高めることができる。特に枠組壁工法の建築物では、外壁下地・床下地・屋根下地に構造用合板(または構造用パネル)を必ず用いるので、優れた耐震性・耐風性・気密性・防音性が確保できる。構造用合板 フレッシュアイペディアより)

280件中 81 - 90件表示

「病院の耐震対策」のニューストピックワード