239件中 11 - 20件表示
  • 特別支援教育

    特別支援教育から見た発達障害発達障害

    教員免許の制度についても特別支援教育への移行に合わせて変更されることとなり、学校種を一本化した「特別支援学校免許状」(5つからなる「教育領域」が設定され、うち3領域(知的障害者、肢体不自由者、病弱者(身体虚弱者を含む。)に関する各教育)が従前の養護学校相当、「聴覚障害者に関する教育」の領域が従前の聾学校相当、「視覚障害者に関する教育」の領域が従前の盲学校相当となる)となった。なお、既所得単位のうち、かつての「養護学校」に相当する領域は、現行の免許状の方式にて申請する場合は、「知的障害に関する教育」の領域の単位に読み替えられる。また、免許状の上での教育領域には規定されていないが、「重複・LD等領域」として、重複障害(主に、知的障害を従たる障害として併発している重度重複障害)や発達障害(主に、知的障害のない、かつて「軽度発達障害」と称されていた領域)についても、教職課程上、履修が必要な科目に規定されるようになった。特別支援教育 フレッシュアイペディアより)

  • 大人の発達障害

    大人の発達障害から見た発達障害発達障害

    大人の発達障害(おとなのはったつしょうがい)とは、発達障害者のうち、主に大学生以上の成人期の人及びそれに関連する問題に関して用いられる用語である。大人の発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • ふしづくりの音楽教育

    ふしづくりの音楽教育から見た発達障害発達障害

    発達障害をもつ児童・生徒が通学する特定非営利活動法人 翔和学園では、発達障害の「治療教育の要素を取り入れた授業」として、小中学部・高等部の教育課程に、RDI(対人関係発達指導法)とともに「ふしづくり」が位置付けられており、学校全体で取り組んでいる。ふしづくりの音楽教育 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野穂積

    矢野穂積から見た発達障害発達障害

    発達障害の早期発見につながる5歳児健診とその後の発達相談体制の整備について求める請願(後述)の採択矢野穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 計算力

    計算力から見た発達障害発達障害

    通常、この分野では、標準化されたいくつかのテストを使って、計算力を指標化、測定し、知的障害や、発達障害、痴呆、精神疾患等の障害の発見を行う。また、クレペリンのような、性格検査や、これに類するものとして職業適性検査などの各種適性検査におけるパラメータとして計算力を指標化、測定する。計算力 フレッシュアイペディアより)

  • 精神保健の歴史

    精神保健の歴史から見た発達障害発達障害

    日本の現行法「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の対象となる知的障害、発達障害の主な歴史も参考程度に記述した。精神保健の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 特別支援学校

    特別支援学校から見た発達障害発達障害

    また、特別支援学校は在籍する生徒に教育を施すだけでなく、地域の幼稚園、小・中・高等学校に在籍する生徒の教育に関する助言・支援、いわゆる「センター的機能」も担うよう定義されている。従来の障害に加えて、発達障害などの子どもたちにも、地域や学校で総合的で全体的な配慮と支援をしていくことになる。だが、実際に発達障害の児童・生徒をどの教育領域の特別支援学校で対応するかが明確ではないという指摘もある(知的な遅れがないから、知的障害の学校ではなく、また肢体不自由でもないから残る病弱、とする専門家もいるが、定義自体はなされていないため、そのカテゴリ化も不明確なままである。現状では主として知的障害者の特別支援学校が支援を行い、他の校種は主に発達障害との重複障害者を受け入れている)。発達障害者の増加と共に、各都道府県では特別支援学校の増設、分校の増設、高等学校への分教室の併設などが行われた。主に高等学校の統廃合で使われなくなった校舎を改築して特別支援学校を新設した。特別支援学校 フレッシュアイペディアより)

  • 木下賢一

    木下賢一から見た発達障害発達障害

    日本における寄付文化の創設と社会起業家支援を行う。発達障害を持つ子や親の支援、就業についての社会変革活動を手掛ける。行政書士としては事業資金確保の支援を実施し、そこからさらに寄付を行うことで善の循環を実現している。木下賢一 フレッシュアイペディアより)

  • ニーマン・ピック病

    ニーマン・ピック病から見た発達障害発達障害

    ニーマン・ピック病C型は主に小児期の疾患とされるものの、A型やB型とは異なりあらゆる年齢で発症する。慢性神経型と呼ばれ、脾腫のほかに、嚥下障害、笑うと脱力するカタプレキシー、発達の遅れなどの中枢神経障害が現れる。進行性で多彩な神経症状が特徴。発症時期によって、周産期型、乳児早期型、乳児後期型、若年型、思春期・成人型に分けられ、それぞれ顕著な症状が異なる。神経症状としては、失調、認知症、垂直眼球運動障害はどの年齢においてもみられる。また、注意すべき症状として神経麻痺に伴う嚥下困難があるが、これは誤嚥性肺炎につながり予後を左右する。ニーマン・ピック病 フレッシュアイペディアより)

  • 教職課程

    教職課程から見た発達障害発達障害

    「免許状に定められることとなる特別支援教育領域以外の領域」(第三欄)については、免許として取得しない(課程が認可されていないためにできない場合を含む)各教育領域(「中心となる領域」ではなく、「含む領域」であっても可能)と発達障害・重複障害に関する「教育課程及び指導法」および「心理、生理及び病理」に関する各科目の履修を要する。よって、5領域すべて取得する場合は、第三欄部分の履修については、発達障害・重複障害(いわゆる、「重複・LD等領域」)に関する「教育課程及び指導法」および「心理、生理及び病理」に関する各科目(例えば、発達障害に関する科目の場合、「教育課程及び指導法」および「心理、生理及び病理」を独立させずに、すべて包括した科目の履修によって対応可能)の履修のみでよい。教職課程 フレッシュアイペディアより)

239件中 11 - 20件表示

「発達障害」のニューストピックワード