165件中 11 - 20件表示
  • 高橋史朗

    高橋史朗から見た発達障害発達障害

    本来の専攻は占領下の日本教育史だったが、その後感性教育、臨床教育学、ホリスティック教育学、疑似科学であり発達障害等への差別を助長するとも言われる「親学」を推進している。トレードマークは鼻の下と口元と頬に轟々とのばした髭。生長の家信者。高橋史朗 フレッシュアイペディアより)

  • 障害者

    障害者から見た発達障害発達障害

    障害者(しょうがいしゃ、18歳未満の場合は障害児、「障礙者」や「障碍者」とも表記する場合がある)とは、何らかの原因によって長期にわたり日常生活または社会生活に相当な制限を受けざるを得ない人のこと。法律の定義上は、身体障害者、知的障害者、精神障害者、発達障害者を含む。至極軽度の障害によって制約を受ける者も分類上は同様に呼ばれるが、本項は下記の内容を中心に説明する。障害者 フレッシュアイペディアより)

  • 特別支援学校

    特別支援学校から見た発達障害発達障害

    また、特別支援学校は在籍する生徒に教育を施すだけでなく、地域の幼稚園、小・中・高等学校に在籍する生徒の教育に関する助言・支援、いわゆる「センター的機能」も担うよう定義されている。従来の障害に加えて、発達障害などの子どもたちにも、地域や学校で総合的で全体的な配慮と支援をしていくことになる。だが、実際に発達障害の児童・生徒をどの教育領域の特別支援学校で対応するかが明確ではないという指摘もある(知的な遅れがないから、知的障害の学校ではなく、また肢体不自由でもないから残る病弱、とする専門家もいるが、定義自体はなされていないため、そのカテゴリ化も不明確なままである)。特別支援学校 フレッシュアイペディアより)

  • 特別支援教育

    特別支援教育から見た発達障害発達障害

    教員免許の制度についても特別支援教育への移行に合わせて変更されることとなり、学校種を一本化した「特別支援学校免許状」(5つからなる「教育領域」が設定され、うち3領域(知的障害者、肢体不自由者、病弱者(身体虚弱者を含む。)に関する各教育)が従前の養護学校相当、「聴覚障害者に関する教育」の領域が従前の聾学校相当、「視覚障害者に関する教育」の領域が従前の盲学校相当となる)となった。なお、既所得単位のうち、かつての「養護学校」に相当する領域は、現行の免許状の方式にて申請する場合は、「知的障害に関する教育」の領域の単位に読み替えられる。また、免許状の上での教育領域には規定されていないが、「重複・LD等領域」として、重複障害(主に、知的障害を従たる障害として併発している重度重複障害)や発達障害(主に、知的障害のない、かつて「軽度発達障害」と称されていた領域)についても、教職課程上、履修が必要な科目に規定されるようになった。特別支援教育 フレッシュアイペディアより)

  • 知能指数

    知能指数から見た発達障害発達障害

    VIQとPIQの差、あるいは4つの群指数間の差を「ディスクレパンシー」といい、あまりにも大きい場合(15程度)は発達障害を疑ったり、特別な支援を検討する。知能指数 フレッシュアイペディアより)

  • 注意欠陥・多動性障害

    注意欠陥・多動性障害から見た発達障害発達障害

    注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英語:Attention Deficit / Hyperactivity Disorder、ADHD)は、多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害もしくは行動障害。注意欠陥・多動性障害 フレッシュアイペディアより)

  • 精神障害者

    精神障害者から見た発達障害発達障害

    日本の現行法「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の対象となる知的障害、発達障害の主な歴史も参考程度に記述した。精神障害者 フレッシュアイペディアより)

  • 大人の発達障害

    大人の発達障害から見た発達障害者発達障害

    大人の発達障害(おとなのはったつしょうがい)とは、発達障害者のうち、主に大学生以上の成人期の人及びそれに関連する問題に関して用いられる用語である。大人の発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 教職課程

    教職課程から見た発達障害発達障害

    「免許状に定められることとなる特別支援教育領域以外の領域」(第三欄)については、免許として取得しない(課程が認可されていないためにできない場合を含む)各教育領域と発達障害・重複障害に関する「教育課程及び指導法」および「心理、生理及び病理」に関する各科目の履修を要する。よって、5領域すべて取得する場合は、第三欄部分の履修については、発達障害・重複障害(いわゆる、「重複・LD等領域」)に関する「教育課程及び指導法」および「心理、生理及び病理」に関する各科目(例えば、発達障害に関する科目の場合、「教育課程及び指導法」および「心理、生理及び病理」を独立させずに、すべて包括した科目の履修によって対応可能)の履修のみでよい。教職課程 フレッシュアイペディアより)

  • 3年B組金八先生

    3年B組金八先生から見た発達障害発達障害

    2004年3月、区教育委員会事務局改革推進課に勤務する坂本金八は、小林(旧姓:渡辺)花子の急な産休により桜中学3年B組の担任代理に任じられ、久しぶりに桜中学校に復帰する。金八は、花子の育児ノイローゼによる産休の延長で、持ち上がった3年B組を年度いっぱいまで担任することとなった。坂本家では、乙女は大学4年生となり、養護実習・介護等の体験を行っていて、一方幸作は大学受験に失敗して浪人生であった。10月になると、軽度の発達障害を抱えた転校生・飯島弥生が3年B組に加わる。一方、坂本金八が受け持つ3年B組の生徒、丸山しゅうは、家で薬物に手を出して暴力団に追われている父・栄輔がいて、また母・光代から家庭内暴力を受けているという問題を抱えていた。3年B組金八先生 フレッシュアイペディアより)

165件中 11 - 20件表示

「発達障害」のニューストピックワード