165件中 31 - 40件表示
  • Hib

    Hibから見た発達障害発達障害

    髄膜炎とは脳や脊髄を包んでいる髄膜に細菌やウイルスが感染して起こる病気で、発症すると治療を受けても約5%(日本で年間約30人)の乳幼児が死亡し、約25%(日本で年間約150人)に知能障害などの発育障害や聴力障害などの後遺症が残る。近年、治療に必要な抗生物質が効かない耐性菌も増加しており、発症後の治療は困難である。Hib フレッシュアイペディアより)

  • 安達潤

    安達潤から見た発達障害発達障害

    北海道教育大学旭川校、教授。担当講義は、特別支援教育アセスメント、発達障害の心理・生理・病理、自閉症スペクトラム特論?、特別支援教育アセスメント演習?である 。発達障害、高機能自閉症、広汎性発達障害の子どもの学習支援や地域支援に取り組んでいる。安達潤 フレッシュアイペディアより)

  • 勉強の技術

    勉強の技術から見た発達障害発達障害

    2006年12月、この技術を使い発達障害と言われる子供たちをサポートする、沖縄のボランティアチーム「かかゆま」がNHKテレビの取材を受け、効果が上がっているとして、九州、沖縄地方でテレビ放映された。勉強の技術 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取大学医学部附属病院脳神経小児科

    鳥取大学医学部附属病院脳神経小児科から見た発達障害発達障害

    てんかん、精神発達遅滞、変性代謝疾患、奇形症候群、発達障害、遺伝診療など小児神経疾患に関し幅広く対応している。鳥取大学医学部附属病院脳神経小児科 フレッシュアイペディアより)

  • 忠澤智巳

    忠澤智巳から見た発達障害者発達障害

    平成12年に本格的に福祉分野に転身し、あかねの会自立訓練室に職員として入職し、特別支援教育の第一人者(日本で最も障害者就労を輩出した一人)あかねの会主宰の吉田由紀子教諭(当時練馬区立大泉中学校)に出会い、知的障害者・発達障害者の就労支援指導を受ける。忠澤智巳 フレッシュアイペディアより)

  • NPO立小学校

    NPO立小学校から見た発達障害発達障害

    健常児を対象にしたものでは、認可されない。あくまで正規の学校教育を受けられない子どものためのバイパスコースとして用意された制度なので、引きこもり・不登校・発達障害など、公教育や学校法人の補完役を強いられる。NPO立小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 別科

    別科から見た発達障害発達障害

    やしま学園高等専修学校(大阪府の私立の高等専修学校(全日制))は、3年間の高等課程と2年間の別科(専攻科)が設置されている学校で、毎日通いながら合わせて5年間ゆっくりと学ぶこともできる発達障害の学生たちが多く通っている学校。別科 フレッシュアイペディアより)

  • 学業不振

    学業不振から見た発達障害発達障害

    子どもの学業不振の原因については、子どもが学習することに好感を抱いていないこと、家庭に学習環境がないことなどが考えられてきたが、1990年代からは、学習障害や発達障害との関係性の指摘もされてきている。学業不振を本質的に解決するには、学業不振の状況にある子どもに個別に合わせた学習支援を行うことであるが、時間的な都合もあり、学校による支援には限界もあるといわれている。学業不振 フレッシュアイペディアより)

  • 大石大三郎

    大石大三郎から見た発達障害発達障害

    広島藩内においては旗奉行次席・番頭・奏者頭などの重職を歴任したが、言葉が不自由だったともいわれ、今で言う発達障害があったともいわれている。また、神沢杜口の随筆『翁草』では品行がよくなかったと記述が残る。三田村鳶魚の『横から見た赤穂義士』などでは、大三郎が梅毒を患い鼻欠けになったとか、1500石の知行を減俸されたなどと書いているが俗説に過ぎず、確かな根拠はない。大石大三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正美

    佐々木正美から見た発達障害発達障害

    発達障害の一つの様態である自閉症を持つ人々のための支援プログラム、TEACCH(ティーチ)を米国から日本に紹介した。佐々木正美 フレッシュアイペディアより)

165件中 31 - 40件表示

「発達障害」のニューストピックワード