前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 発達障害

    発達障害から見たイーライリリー・アンド・カンパニー

    2009年、18歳未満のみ対象で日本イーライリリーのアトモキセチン製剤(商品名ストラテラ?)がADHD治療薬として承認される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た知的障害

    1980年代以降、知的障害のない発達障害が社会に認知されるようになった。知的障害が含まれる発達障害は法律上は知的障害扱いであるため、単に発達障害という場合は特に知的障害のないものを指すことがある。このうち、学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)の3つについては、日本において「軽度発達障害」と称されてきた。この「軽度」とは「精神遅滞に該当しない」という意味だが、発達障害が軽度であると誤解を招いたため、現在では便宜的に「(軽度)発達障害」として分類することがある。なお、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)や高機能自閉症という名称も存在するが、これらも知能が精神遅滞に該当しないという意味の「高機能」である。また、高機能自閉症の診断基準は明確ではなく、臨床においてはアスペルガー症候群と厳密に区別する必要は無いとされている発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た厚生労働省

    厚生労働省はICD-10,DSM-IVのいずれかに含まれるもの全てを発達障害と定義している。そして、これは先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。また、ある程度成長し、正常に発達したあとに、疾患・外傷により生じた後天的な脳の障害は発達障害とは呼ばれず、高次機能障害などと区別される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た学習障害

    1980年代以降、知的障害のない発達障害が社会に認知されるようになった。知的障害が含まれる発達障害は法律上は知的障害扱いであるため、単に発達障害という場合は特に知的障害のないものを指すことがある。このうち、学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)の3つについては、日本において「軽度発達障害」と称されてきた。この「軽度」とは「精神遅滞に該当しない」という意味だが、発達障害が軽度であると誤解を招いたため、現在では便宜的に「(軽度)発達障害」として分類することがある。なお、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)や高機能自閉症という名称も存在するが、これらも知能が精神遅滞に該当しないという意味の「高機能」である。また、高機能自閉症の診断基準は明確ではなく、臨床においてはアスペルガー症候群と厳密に区別する必要は無いとされている発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たノバルティスファーマ

    ノバルティスファーマのメチルフェニデート製剤(商品名リタリン?)の不適切処方が表面化した影響で翌年より流通が厳格化、ADHDへの「適応外使用」が事実上できなくなる。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たダウン症候群

    ダウン症候群 - 染色体異常による。出生前検査で確定できる。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た精神遅滞

    1980年代以降、知的障害のない発達障害が社会に認知されるようになった。知的障害が含まれる発達障害は法律上は知的障害扱いであるため、単に発達障害という場合は特に知的障害のないものを指すことがある。このうち、学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)の3つについては、日本において「軽度発達障害」と称されてきた。この「軽度」とは「精神遅滞に該当しない」という意味だが、発達障害が軽度であると誤解を招いたため、現在では便宜的に「(軽度)発達障害」として分類することがある。なお、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)や高機能自閉症という名称も存在するが、これらも知能が精神遅滞に該当しないという意味の「高機能」である。また、高機能自閉症の診断基準は明確ではなく、臨床においてはアスペルガー症候群と厳密に区別する必要は無いとされている発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た小野和哉

    『図解 よくわかる大人の発達障害』 中山和彦・小野和哉 ナツメ社 2010年11月2日初版発行 ISBN 978-4-8163-4972-0発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た杉山登志郎

    2000年頃からの日本において、「軽度発達障害」という概念が、「精神遅滞」「身体障害」を伴わない発達障害として杉山登志郎により提唱された 。これは高機能広汎性発達障害(高機能PDD、アスペルガー症候群や高機能自閉症などを指す)、LD、ADHD等、知的障害を伴わない(すなわち総合的なIQが正常範囲内)疾患概念を指して使われる(ただし、ADHDについては、別途知的障害を併発するケースがある)。ここでいう「高機能」という語も、「軽度」という言葉同様、知的障害のないという意味でつかわれている。「軽度」と呼称される根拠は、「知能が比較的高い」ためである。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た星野仁彦

    『発達障害に気づかない大人たち』 星野仁彦 祥伝社新書 2010年4月10日初版発行 ISBN 978-4-396-11190-8発達障害 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示