前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • 発達障害

    発達障害から見た学習障害

    発達障害(はったつしょうがい、Developmental Disorder)とは、先天的な様々な要因によって主に乳児期から幼児期にかけてその特性が現れ始める発達遅延であり、自閉症スペクトラム(ASD)や学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの総称。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たイーライリリー・アンド・カンパニー

    2009年、18歳未満のみ対象で日本イーライリリーのアトモキセチン製剤(商品名ストラテラ)がADHD治療薬として承認される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たノバルティスファーマ

    2007年、ノバルティスファーマのメチルフェニデート製剤(商品名リタリン)の不適切処方が表面化した影響で翌年より流通が厳格化、ADHDへの「適応外使用」が事実上できなくなる。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た厚生労働省

    知的障害者向けの障害者手帳の療育手帳取得の適法化を求める声も多いとされているが、療育手帳自体が根拠となる法律が無く、1973年に厚生省(現・厚生労働省)が出した通知「療育手帳制度について」や「療育手帳制度の実施について」を参考に都道府県や政令指定都市の独自の事業として交付されているため、地域によっては取得できるところもある。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た松尾昭一

    なお大阪高裁は2013年2月26日に同判決を破棄し、検察側の求刑を2年下回る懲役14年を言い渡した。松尾昭一裁判長は「1審は障害の影響を正当に評価しておらず、不当に重い」と指摘した。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たレオ・カナー

    1943年、アメリカの精神科医レオ・カナー(Leo Kanner)が「早期幼児自閉症」として自閉症(カナー症候群)を報告する発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た知能指数

    アスペルガー症候群や高機能自閉症などを指す高機能広汎性発達障害(高機能PDD)、LD、ADHD等、知的障害を伴わない(すなわち総合的なIQが正常範囲内)疾患概念を指して、「軽度発達障害」という用語が使われることがある(ただし、ADHDについては、別途知的障害を併発するケースがある)。ここでいう「高機能」という語も、「軽度」という言葉同様、知的障害のないという意味でつかわれている。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た障害者自立支援法

    以前から条文に明記はしていないものの対象である。ただし、2009年7月24日時点では市町村における運用が徹底されていないとの意見がある。よって2010年12月3日、障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律(通称、障害者自立支援法改正案)を成立させ障害者自立支援法を改正、発達障害を明記させた。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た世界保健機関

    現在精神医学で主に使われている国際的な診断基準は2種類あり、WHOによる国際疾病分類であるICD-10では、発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た文部科学省

    この用語について厚生労働省は、「世界保健機構(WHO)のICD-10分類に存在しない」、「アメリカ精神医学会のDSM-VIに存在しない」ことを指摘し、「誰がどのような意図で使い始めたのか分からないまま広がった用語である」として注意を促している。また、その語感から、「障害の程度が軽度である」と誤解されがちだが、上述の理由から、必ずしも障害自体が軽度とは限らない。文部科学省も2007年、「『軽度発達障害』の表記は、その意味する範囲が必ずしも明確ではないこと等の理由から、今後は原則として使用しないと発表している。ただし、専門家の間等では、便宜上「(軽度)発達障害」として、かつて呼ばれていたものをカテゴライズする意味で、かっこ付して紹介されるケースは現在でもある。発達障害 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「発達障害」のニューストピックワード