102件中 21 - 30件表示
  • 発達障害

    発達障害から見た知的障害者

    知的障害者向けの障害者手帳の療育手帳取得の適法化を求める声も多いとされているが、療育手帳自体が根拠となる法律が無く、1973年に厚生省(現・厚生労働省)が出した通知「療育手帳制度について」や「療育手帳制度の実施について」を参考に都道府県や政令指定都市の独自の事業として交付されているため、地域によっては取得できるところもある。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た遺伝子

    遺伝子や染色体の異常 - ダウン症候群、レット症候群など発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た世界保健機構

    厚生労働省はこの用語について、「世界保健機構 (WHO) のICD-10分類に存在しない」、「アメリカ精神医学会のDSM-VIに存在しない」ことを指摘し、「誰がどのような意図で使い始めたのか分からないまま広がった用語である」として注意を促している。また、その語感から、「障害の程度が軽度である」と誤解されがちだが、上述の理由から、必ずしも障害自体が軽度とは限らない。文部科学省も2007年、「『軽度発達障害』の表記は、その意味する範囲が必ずしも明確ではないこと等の理由から、今後は原則として使用しないと発表している。ただし、専門家の間等では、便宜上「(軽度)発達障害」として、かつて呼ばれていたものをカテゴライズする意味で、かっこ付して紹介されるケースは現在でもある。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た難聴

    アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、3-17歳児童の約17%について発達障害があり、ADHD、自閉症スペクトラム、脳性麻痺、難聴、知的障害、学習障害、視力障害、およびその他の発育不全などを1つ以上抱えているとしている。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たいじめ

    「軽度」と言われるが、罹患者の抱える問題は決して軽くはなく、早期の理解と適切な支援が望ましいとされる。理解、発見が遅れた場合、いじめ、不登校、非行など二次的な症状を発生させることがある。また、知能自体は障害のない人と同等程度であることも多いため、障害が理解、発見されないまま「障害はない」「(障害が元で出来ないことを)出来るのにやらない」などという見解を周囲の人間から持たれることも少なくないのが現状である。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た2009年

    2009年、18歳未満のみ対象で日本イーライリリーのアトモキセチン製剤(商品名ストラテラ?)がADHD治療薬として承認される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たナツメ社

    『図解 よくわかる大人の発達障害』 中山和彦・小野和哉 ナツメ社 2010年11月2日初版発行 ISBN 978-4-8163-4972-0発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た広汎性発達障害

    1980年代以降、知的障害のない発達障害が社会に認知されるようになった。知的障害が含まれる発達障害は法律上は知的障害扱いであるため、単に発達障害という場合は特に知的障害のないものを指すことがある。このうち、学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)の3つについては、日本において「軽度発達障害」と称されてきた。この「軽度」とは「精神遅滞に該当しない」という意味だが、発達障害が軽度であると誤解を招いたため、現在では便宜的に「(軽度)発達障害」として分類することがある。なお、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)や高機能自閉症という名称も存在するが、これらも知能が精神遅滞に該当しないという意味の「高機能」である。また、高機能自閉症の診断基準は明確ではなく、臨床においてはアスペルガー症候群と厳密に区別する必要は無いとされている発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た微細脳障害

    1959年、パサマニック (Pasamanick) らによってのちにADHDとよばれるものに対して微細脳障害 (MBD) との用語を導入。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見たADHD

    発達障害の原因は多岐にわたり、不明な点が多く残されている。複数の要素が関係し、遺伝的、胎児期の保健状態、出生時の環境、感染症、環境要因などが挙げられている。双子研究により、遺伝要因とそれ以外の要因の影響度を算出することが可能で、自閉症スペクトラムとADHDに関しては遺伝要因の影響が大きいと分かっている。発達障害 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示