79件中 51 - 60件表示
  • 発達障害

    発達障害から見たアメリカ

    1943年、アメリカの精神科医レオ・カナー(Leo Kanner)が「早期幼児自閉症」として自閉症(カナー症候群)を報告する発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た心療内科

    明確な判断は、神経科・精神科・心療内科(小児精神科などを含む)を標榜する医師の間でも困難とされ、各都道府県や政令指定都市が設置する、発達相談支援施設(秋田県の場合は秋田県立医療療育センターに設置された「ふきのとう秋田」、仙台市の場合は、仙台市発達相談支援センター(北部アーチル/南部アーチル)等が、該当する)で、生育歴などがわかる客観的な資料や、認知機能試験(IQ検査、心理検査等を含む)などを行って、複数人の相談員や心理判定員などが見立てとなる判断材料を出す形で、医師の下での治療が必要か、SSTが必要かなどの材料を提供する、というケースが多い。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た疾患

    発達障害は先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。また、ある程度成長し、正常に発達したあとに、疾患・外傷により生じた後天的な脳の障害は発達障害とは呼ばれず、高次機能障害などと区別される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た市町村

    以前から条文に明記はしていないものの対象である。ただし、2009年7月24日時点では市町村における運用が徹底されていないとの意見がある。よって2010年12月3日、障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律(通称、障害者自立支援法改正案)を成立させ障害者自立支援法を改正、発達障害を明記させた。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た求刑

    姉を殺害したとして殺人罪で起訴された、発達障害の一つであるアスペルガー症候群を患った男性被告について、2012年7月30日に大阪地裁の判決は、被告にはアスペルガー症候群が見られ、その影響下で起こされた事件であることは認めつつも、母親ら親族が被告との同居を断っており、社会に受け皿がないとして、「再犯の恐れがあり、許される限り内省を長期にわたり深めさせることが社会秩序のためになる」として、殺人罪の有期刑の上限であり求刑よりも重い懲役20年とした。この判決に対し、「共生社会を創る愛の基金」は、「アスペルガー症候群についての認識に重大な誤りがあり、発達障害者の矯正に結びつかない」、「『危険な障害者は閉じ込めておけ』との思想に基づいた判決で、隔離の論理に基づいている」などと批判している。この法廷は裁判員裁判であり、発達障害(者)への差別・無理解・偏見といった「市民感覚」により裁判の結果が左右され得る点についての疑義が呈された。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た文部省

    2000年、豊川市主婦殺人事件。自閉症がこの事件の直接の要因ではないが、文部省(当時)に広い範囲における高機能自閉症児に対する早期の教育支援が必要であることを認識させた。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た高次機能障害

    発達障害は先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。また、ある程度成長し、正常に発達したあとに、疾患・外傷により生じた後天的な脳の障害は発達障害とは呼ばれず、高次機能障害などと区別される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た日本自閉症協会

    発達障害児または者の親らで作る相互扶助等を目的として組織された団体があり、一般に「親の会」と名乗っているほか、自閉症関連団体としては社団法人日本自閉症協会がある。発達障害関係の団体が加盟する組織としては日本発達障害ネットワークがある。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た精神障害の診断と統計の手引き

    この用語について厚生労働省は、「世界保健機構(WHO)のICD-10分類に存在しない」、「アメリカ精神医学会のDSM-VIに存在しない」ことを指摘し、「誰がどのような意図で使い始めたのか分からないまま広がった用語である」として注意を促している。また、その語感から、「障害の程度が軽度である」と誤解されがちだが、上述の理由から、必ずしも障害自体が軽度とは限らない。文部科学省も2007年、「『軽度発達障害』の表記は、その意味する範囲が必ずしも明確ではないこと等の理由から、今後は原則として使用しないと発表している。ただし、専門家の間等では、便宜上「(軽度)発達障害」として、かつて呼ばれていたものをカテゴライズする意味で、かっこ付して紹介されるケースは現在でもある。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た自閉性障害

    自閉症(ICD-10での名称)/自閉性障害(DSM-IVでの名称)発達障害 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「発達障害」のニューストピックワード