登別温泉 ニュース&Wiki etc.

登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道登別市にある温泉で、北海道屈指の温泉地である。江戸時代からその存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは、保養地・観光地となった。地名語源は、アイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)。温泉の成分が川に流れ込んだ様を表現した地名である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「登別温泉」のつながり調べ

  • 赤い刺青の男

    赤い刺青の男から見た登別温泉

    登別温泉の露天風呂での刺客たちと死闘(場所は第一滝本館。)(赤い刺青の男 フレッシュアイペディアより)

  • のぼりべつクマ牧場

    のぼりべつクマ牧場から見た登別温泉

    登別温泉街からロープウェイで約7分、標高550mの四方嶺通称"クマ山"山頂に、ヒグマの第1牧場・第2牧場の2つの放飼場(展示場)をはじめ、「人のオリ」、「ユーカラの里」(アイヌコタン)(「アイヌ生活資料館」など)、世界唯一の「ヒグマ博物館」、クッタラ湖展望台、リス村等が設置されており、その中で北海道のエゾヒグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、ヒマラヤグマ、エゾリス、エゾタヌキ等の繁殖群を放養する。また、この施設は周囲が支笏洞爺国立公園であるため、野生鳥獣も多くいる。(のぼりべつクマ牧場 フレッシュアイペディアより)

「登別温泉」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「登別温泉」のニューストピックワード