前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 道南バス

    道南バスから見た登別温泉登別温泉

    しかし、噴火は観光客の減少を招き、洞爺湖温泉だけでなく、登別温泉への観光客も減少した。洞爺湖を観光営業の拠点としていたために、この噴火の影響はとてつもないものとなった。そこに追い打ちをかけるかのように、洞爺に建設したレジャーランドの売却の見通しが立たなくなった。道南バス フレッシュアイペディアより)

  • 登別市立登別中学校

    登別市立登別中学校から見た登別温泉登別温泉

    登別市立登別中学校(のぼりべつしりつのぼりべつちゅうがっこう)は、北海道登別市登別本町1丁目1-1に所在する公立の中学校。主に登別地区や富浦地区、中登別地区、登別温泉、カルルス地区の合計101名の生徒が通う。2004年4月1日からは登別温泉中学校と統合され登別温泉の生徒が通うようになる。それ以降は登別温泉の行事(登別地獄まつり)に参加するようになる。登別市立登別中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林五朔

    栗林五朔から見た登別温泉登別温泉

    栗林 五朔(くりばやし ごさく)は戦前日本の実業家、政治家。新潟県三条市出身。北海道室蘭市で物流事業を起こし、栗林商会、栗林商船等を創立、登別温泉軌道を経営する一方、北海道会議員、衆議院議員を歴任し、室蘭港及び登別温泉の開発に尽力した。晩年の号は蕙堂。栗林五朔 フレッシュアイペディアより)

  • 登別市

    登別市から見た登別温泉登別温泉

    1869年(明治2年)、太政官布告により仙台藩白石城主の片倉邦憲に幌別郡支配を命じ、翌年に片倉旧臣・職人が移住してきたのが登別市のはじまりである。北海道有数の温泉地である登別温泉は江戸時代から知られており、最上徳内著の『蝦夷草紙』にも記されている。市東部の登別温泉・カルルス温泉がある地域は支笏洞爺国立公園となっており、「観光都市」としての色合いが強い。丘陵地では酪農も行っている。一方、市中西部は室蘭市からの市街地が続いており、「工業都市」の一翼を担っている。登別市 フレッシュアイペディアより)

  • 登別駅

    登別駅から見た登別温泉登別温泉

    登別温泉への最寄駅であり、市内中心部にある幌別駅よりも多くの優等列車が停車する。登別駅 フレッシュアイペディアより)

  • 親なるもの 断崖

    親なるもの 断崖から見た登別温泉登別温泉

    「富士楼」を追われた女将は、流れついた漁村の港で網を引いていた。梅は18歳で日本製鉄社員・大河内茂世に身請され、女児「道生(みちお)」をもうけたが、元女郎という過去から周囲からの偏見は凄まじく、娘の身を案じた梅は道生を置いて失踪。流れ着いた登別温泉で温泉卵を売り歩き暮らすようになった。親なるもの 断崖 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉町

    登別温泉町から見た登別温泉登別温泉

    登別温泉町 フレッシュアイペディアより)

  • クスリサンベツ川

    クスリサンベツ川から見た登別温泉登別温泉

    クスリサンベツ川は、北海道登別市を流れる登別川水系登別川支流の二級河川である。登別温泉の温泉街を流れ、温泉水が流れ込む。川の名は、アイヌ語で「薬(温泉水)が流れ下る川」を意味する「クスリ・サンケ・ペツ」から。クスリサンベツ川 フレッシュアイペディアより)

  • 登別川

    登別川から見た登別温泉登別温泉

    登別川(のぼりべつかわ)は、北海道登別市を流れ太平洋に注ぐ二級河川。登別川水系の本流である。上流のカルルス温泉や、支流クスリサンベツ川沿いの登別温泉があり、北海道屈指の温泉地となっている。かつては千歳川と呼ばれたことがある。登別川 フレッシュアイペディアより)

  • カルルス温泉サンライバスキー場

    カルルス温泉サンライバスキー場から見た登別温泉登別温泉

    日本屈指の温泉地登別温泉の北西約4kmに位置するカルルス温泉に隣接している。来馬岳に全コースがある。カルルス温泉サンライバスキー場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「登別温泉」のニューストピックワード