45件中 31 - 40件表示
  • 登別伊達時代村

    登別伊達時代村から見た登別温泉登別温泉

    登別駅から登別温泉行きバスで約10分。登別伊達時代村 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷地バスターミナル

    大谷地バスターミナルから見た登別温泉登別温泉

    高速おんせん号 登別温泉大谷地バスターミナル フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉軌道

    登別温泉軌道から見た登別温泉登別温泉

    登別温泉軌道(のぼりべつおんせんきどう)は、かつて北海道登別市の登別駅前より、登別温泉街までを結んでいた路面電車およびそれを運営していた軌道事業者である。登別温泉軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 天華園

    天華園から見た登別温泉登別温泉

    登別温泉 - 登別市の観光地天華園 フレッシュアイペディアより)

  • 輪厚パーキングエリア

    輪厚パーキングエリアから見た登別温泉登別温泉

    高速おんせん号 登別温泉輪厚パーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • のぼりべつクマ牧場

    のぼりべつクマ牧場から見た登別温泉登別温泉

    登別温泉街からロープウェイで約7分、標高550mの四方嶺通称"クマ山"山頂に、ヒグマの第1牧場・第2牧場の2つの放飼場(展示場)をはじめ、「人のオリ」、「ユーカラの里」(アイヌコタン)(「アイヌ生活資料館」など)、世界唯一の「ヒグマ博物館」、クッタラ湖展望台、リス村等が設置されており、その中で北海道のエゾヒグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、ヒマラヤグマ、エゾリス、エゾタヌキ等の繁殖群を放養する。また、この施設は周囲が支笏洞爺国立公園であるため、野生鳥獣も多くいる。のぼりべつクマ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • のぼりべつクマ牧場

    のぼりべつクマ牧場から見た登別温泉町登別温泉

    のぼりべつクマ牧場(のぼりべつくまぼくじょう)は、北海道登別市登別温泉町にあるクマの動物園(テーマパーク,観光牧場)である。1958年7月17日に開園。登別温泉ケーブルの運営。英語では「NOBORIBETSU BEAR PARK」と表記する。ヒグマ博物館とアイヌ生活資料館を併設する。のぼりべつクマ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 胆振国

    胆振国から見た登別温泉登別温泉

    その他、胆振国域では古くから火山活動が盛んである。虻田郡域の有珠山は寛文3年、明和6年、文政5年、嘉永6年に噴火しており、特に文政5年の噴火では火砕流によって虻田の集落が全滅、多数が犠牲になるなど大きな被害を出している。勇払郡域と千歳郡域に跨る樽前山は寛文7年、元文4年、文化元年に噴火している。また、蟠渓温泉や最上徳内の『蝦夷草紙』にも記された登別温泉などが古くから知られている。胆振国 フレッシュアイペディアより)

  • 水曜どうでしょうの企画 (日本国内)

    水曜どうでしょうの企画 (日本国内)から見た登別温泉登別温泉

    夕張市→幌加内町→雨竜町→名寄市→豊頃町:鈴井が名寄市から約400km離れた豊頃町を引き当てて車を運転することになる。しかし、途中でギブアップして後部座席で仮眠。途中で立ち寄った新得そばも食べず。→鹿部町:鹿部町に向かうまで寄り道をして、旅を満喫する。登別温泉で1泊(ここで大泉が「トラ退治」を行う)、洞爺湖でボート遊び、豊浦町でイチゴ食べ放題、大沼公園で大沼だんごを満喫。→猿払村(鹿部町で「猿払村」を引いた所で終了し、猿払村はカントリーサインの旅IIのスタート地点となる)水曜どうでしょうの企画 (日本国内) フレッシュアイペディアより)

  • じゃらん

    じゃらんから見た登別温泉登別温泉

    石狩振興局(旧・石狩支庁)などの振興局(旧支庁)ごとのグルメ取材や、湯の川温泉や登別温泉などの有名温泉地を中心とした宿泊の記事、札幌や函館などの観光記事が中心である。支庁ごとの取材は、例えば、南空知などのように、さらに細分化して取材がなされることが多い。「宿泊満足度80点以上の宿」特集や、北海道の食材を生かしたグルメ取材が組まれることもある。じゃらん フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「登別温泉」のニューストピックワード