69件中 41 - 50件表示
  • ホテルまほろば

    ホテルまほろばから見た登別温泉登別温泉

    ホテルまほろば(Hotel Mahoroba)は、北海道登別市の登別温泉にある旅館。ホテルまほろば フレッシュアイペディアより)

  • のぼりべつクマ牧場

    のぼりべつクマ牧場から見た登別温泉登別温泉

    のぼりべつクマ牧場は加森観光グループに属し、登別温泉ケーブルの運営である。登別温泉街からロープウェイで約7分、標高550mの四方嶺通称"クマ山"山頂に、ヒグマの第1牧場・第2牧場の2つの放飼場(展示場)をはじめ、「人のオリ」、「ユーカラの里」(アイヌコタン)(「アイヌ生活資料館」など)、世界唯一の「ヒグマ博物館」、クッタラ湖展望台、リス村等が設置されており、その中で北海道のエゾヒグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、エゾリス、エゾタヌキ等の繁殖群を放養する。また、この施設は周囲が支笏洞爺国立公園であるため、野生鳥獣も多くいる。のぼりべつクマ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • のぼりべつクマ牧場

    のぼりべつクマ牧場から見た登別温泉町登別温泉

    のぼりべつクマ牧場(のぼりべつくまぼくじょう)は、北海道登別市登別温泉町にあるクマの日本の動物園(テーマパーク,観光牧場)。ヒグマ博物館とアイヌ生活資料館を併設する。のぼりべつクマ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 幌別郡

    幌別郡から見た登別温泉登別温泉

    江戸時代の幌別郡域は東蝦夷地に属し、松前藩によってホロベツ場所が開かれていた。郡域内の登別温泉は古くから知られ、最上徳内の『蝦夷草紙』にも記されている。陸上交通は、渡島国の箱館を基点とし道東や千島国方面に至る陸路(札幌本道や国道36号の前身)が東西に通じていた。幌別郡 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川頼韶

    徳川頼韶から見た登別温泉登別温泉

    1917年(大正6年)12月3日、徳川頼貞と島津忠義の十一女・為子の長男として東京府東京市芝区白金三光町(現在の東京都港区白金)で生まれる。父の頼貞にとって唯一の男子であったが、生来病弱であった。1936年(昭和11年)7月18日、母方の伯父である島津忠重夫妻の北海道旅行に随行して上野駅を出発し、翌7月19日に青函連絡船翔鳳丸で北海道に渡った。北海道旅行は空知郡上富良野村(現在の上富良野町)にある島津家富良野農場(島津農場)の視察を目的としていたが、他にも北海道庁真駒内種畜場、王子製紙苫小牧工場、日本製鋼所室蘭製作所などの見学をする一方、五稜郭、登別温泉、洞爺湖など北海道各地の観光も行っている。8月2日に帰京するまでの約2週間、愛用するローライフレックス4×4オリジナルで150枚ほどの写真を撮影しており、この中から30枚を選び出して出版したのが『北の旅』である。1940年(昭和15年)3月に学習院高等科を卒業し、神戸商業大学(現・神戸大学)に入学。1954年(昭和29年)4月17日に父が死去すると、家督を継いだ。1958年(昭和33年)12月6日、東京都で死去。。父と同じくキリスト教式の密葬が行われ、寛永寺真如院に納骨された後、長保寺の和歌山藩主徳川家墓所に埋葬された。戒名は常照院殿。頼韶は結婚していたが、子はなかったため、義弟の剛が為子の養子となって家督を継いだ。徳川頼韶 フレッシュアイペディアより)

  • 平塚由佳

    平塚由佳から見た登別温泉登別温泉

    実家は登別温泉で酒屋を営む。平塚由佳 フレッシュアイペディアより)

  • 沿岸バス

    沿岸バスから見た登別温泉登別温泉

    4月1日 - 遠別天塩線廃止。登別温泉送迎バス(わくわく号)運行終了。沿岸バス フレッシュアイペディアより)

  • 高丘バスストップ

    高丘バスストップから見た登別温泉登別温泉

    高速おんせん号 登別温泉高丘バスストップ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道の観光地

    北海道の観光地から見た登別温泉登別温泉

    ファイル:Noboribetsu hot spring jigokudani.JPG|登別温泉の地獄谷北海道の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • ヒグマ

    ヒグマから見た登別温泉登別温泉

    現代ではヒグマはキタキツネとともに、北海道観光の象徴的なマスコットとされ、古くからのアイヌによる木彫り細工からキャラクター化度の強い商品まで幅広い。登別市の登別温泉などにある「クマ牧場」のように、観光用のヒグマ飼育施設まで存在する。そこではヒグマに芸を仕込んでいることもある。ヒグマ フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「登別温泉」のニューストピックワード