前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 登別温泉

    登別温泉から見た北海道旅客鉄道

    JR北海道登別駅の北北西に直線で約6km、クスリサンベツ川の谷に温泉街がある。駅前から北海道道2号洞爺湖登別線で通じる。湯が湧き出る地獄谷から、北の大湯沼に遊歩道が整備されている。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た最上徳内

    江戸時代には、最上徳内が『蝦夷草紙』でその存在を記し、弘化2年(1845年)に松浦武四郎が訪れ、温泉の魅力を綴った。安政4年(1857年)には近江商人の岡田半兵衛が道路を開削した。安政5年(1858年)には滝本金蔵が温泉宿(今の第一滝本館)を建て、現在の道筋となる新たに道を整備した。その後、日露戦争の傷病兵の保養地に指定され、全国に知られるようになった。1911年(明治44年)頃には旅館数軒を中心に50戸ほどがまとまり、馬車が通じていた。大正初めから昭和の初めまでは、登別温泉軌道という馬車鉄道〜路面電車も敷設されていた。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た松浦武四郎

    江戸時代には、最上徳内が『蝦夷草紙』でその存在を記し、弘化2年(1845年)に松浦武四郎が訪れ、温泉の魅力を綴った。安政4年(1857年)には近江商人の岡田半兵衛が道路を開削した。安政5年(1858年)には滝本金蔵が温泉宿(今の第一滝本館)を建て、現在の道筋となる新たに道を整備した。その後、日露戦争の傷病兵の保養地に指定され、全国に知られるようになった。1911年(明治44年)頃には旅館数軒を中心に50戸ほどがまとまり、馬車が通じていた。大正初めから昭和の初めまでは、登別温泉軌道という馬車鉄道〜路面電車も敷設されていた。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た札幌市

    路線バス:道南バスが札幌市・室蘭市など周辺各地区からのバスを運行している。詳細は道南バス登別温泉ターミナルを参照。また、各温泉施設による送迎バスもある。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た温泉宿

    登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道登別市にある温泉で、北海道屈指の温泉地である。江戸時代からその存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは、保養地・観光地となった。地名語源は、アイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)。温泉の成分が川に流れ込んだ様を表現した地名である。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た環境省

    2001年(平成13年)10月に「登別地獄谷の湯けむり」として環境省によりかおり風景100選に選定された。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た北海道遺産

    2004年、登別温泉地獄谷が北海道遺産に選定され、2008年には開湯150年を迎えた。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た足湯

    遊歩道に設置された足湯で、大正地獄よりもさらに奥に位置する。沼から流れ出した温泉を利用して設けられており、その立地から森林浴も楽しむことができる。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た硫化水素泉

    日和山の爆裂火口跡の一部であり、約80℃の灰色の硫化水素泉が湧き出している。成分自体は大湯沼と同じであるが、硫黄は底に蓄積せず、流出している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た温泉

    登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道登別市にある温泉で、北海道屈指の温泉地である。江戸時代からその存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは、保養地・観光地となった。地名語源は、アイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)。温泉の成分が川に流れ込んだ様を表現した地名である。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「登別温泉」のニューストピックワード