66件中 21 - 30件表示
  • 登別温泉

    登別温泉から見た活火山

    標高377 mの活火山であり、一帯が気象庁の常時観測火山「倶多楽(登別火山)」を形成している。現在も山頂から湯気を上げている。高山植物の群生を見ることができる。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見たにっぽんの温泉100選

    登別温泉(のぼりべつおんせん、')は、北海道登別市にある温泉。江戸時代から温泉の存在が知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは保養地・観光地となった。「にっぽんの温泉100選・総合ランキング」では毎年上位にランクインしている日本有数の温泉地となっている。地名の語源はアイヌ語の「ヌプル・ペツ'''」(水色の濃い川)に由来している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た道南バス登別温泉ターミナル

    道南バス「登別温泉」(道南バス登別温泉ターミナル)、「登別東インター前」バス停下車登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た登別地獄まつり

    1964年(昭和39年):『登別地獄まつり』初開催。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た噴気孔

    日和山の噴火によって生じた爆裂火口跡で、登別温泉の中心的な観光名所になっている。地表には小さな火口や噴気孔、湧出孔があり、ガスと高温の温泉が湧き出している。観光用の遊歩道も設けられており、奇怪な光景を1周10分から15分程で楽しむことができ。また、大湯沼までの遊歩道も整備している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た登別温泉軌道

    1915年(大正4年):登別温泉軌道の馬車鉄道開通。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た間欠泉

    大正時代に起こった小規模な爆発で生じた湯沼であり、爆発した時代の年号が命名の由来となっている。間欠泉であり、湯量が減少するときに地鳴りとともに湯の色が変化するという特徴をもつ。2016年(平成28年)11月5日には高さ10 mほどに達する湯泥噴出が発生した。その後も1日1回程度の噴出活動が続いて展望台などが被害を受けたため、安全確保のために展望台と大湯沼川天然足湯への遊歩道を閉鎖した。同年12月10日に活動が小康状態になったことから大湯沼川天然足湯への通行規制を解除したが、大正地獄は引き続き立入禁止になっている。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た火口

    日和山の噴火によって生じた爆裂火口跡で、登別温泉の中心的な観光名所になっている。地表には小さな火口や噴気孔、湧出孔があり、ガスと高温の温泉が湧き出している。観光用の遊歩道も設けられており、奇怪な光景を1周10分から15分程で楽しむことができ。また、大湯沼までの遊歩道も整備している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た地域医療機能推進機構登別病院

    1946年(昭和21年):年金保険厚生団登別整形外科療養所(現在の地域医療機能推進機構登別病院(JCHO登別病院))開設。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た爆裂火口

    日和山の噴火によって生じた爆裂火口跡で、登別温泉の中心的な観光名所になっている。地表には小さな火口や噴気孔、湧出孔があり、ガスと高温の温泉が湧き出している。観光用の遊歩道も設けられており、奇怪な光景を1周10分から15分程で楽しむことができ。また、大湯沼までの遊歩道も整備している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「登別温泉」のニューストピックワード