66件中 51 - 60件表示
  • 登別温泉

    登別温泉から見た登別マリンパークニクス

    札幌・新千歳空港方面から送迎バスを運行している宿泊施設がある。周辺にはカルルス温泉、カルルス温泉サンライバスキー場、新登別温泉、のぼりべつ文化交流館「カント・レラ」(冬季休館)、倶多楽湖(道路は冬季通行止め)、登別伊達時代村、登別マリンパークニクスがある。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た宿泊施設

    札幌・新千歳空港方面から送迎バスを運行している宿泊施設がある。周辺にはカルルス温泉、カルルス温泉サンライバスキー場、新登別温泉、のぼりべつ文化交流館「カント・レラ」(冬季休館)、倶多楽湖(道路は冬季通行止め)、登別伊達時代村、登別マリンパークニクスがある。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見たクスリサンベツ川

    登別駅から約6 kmの距離に位置しており、北海道道2号洞爺湖登別線・北海道道350号倶多楽湖公園線で通じている。クスリサンベツ川の谷にある温泉街(極楽通り)は飲食店・土産物店のほか、警察(交番)・消防・銀行(信用金庫)・郵便局・病院などがあり、バスターミナル付近には公衆浴場「夢元さぎり湯」がある。また、地獄谷にも近接している。四方嶺(クマ山)へは温泉街からのロープウェイで通じており、山上にはのぼりべつクマ牧場がある。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た登別市

    登別温泉(のぼりべつおんせん、')は、北海道登別市にある温泉。江戸時代から温泉の存在が知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは保養地・観光地となった。「にっぽんの温泉100選・総合ランキング」では毎年上位にランクインしている日本有数の温泉地となっている。地名の語源はアイヌ語の「ヌプル・ペツ'''」(水色の濃い川)に由来している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た北海道道350号倶多楽湖公園線

    登別駅から約6 kmの距離に位置しており、北海道道2号洞爺湖登別線・北海道道350号倶多楽湖公園線で通じている。クスリサンベツ川の谷にある温泉街(極楽通り)は飲食店・土産物店のほか、警察(交番)・消防・銀行(信用金庫)・郵便局・病院などがあり、バスターミナル付近には公衆浴場「夢元さぎり湯」がある。また、地獄谷にも近接している。四方嶺(クマ山)へは温泉街からのロープウェイで通じており、山上にはのぼりべつクマ牧場がある。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た馬車鉄道

    1915年(大正4年):登別温泉軌道の馬車鉄道開通。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た観光地

    登別温泉(のぼりべつおんせん、')は、北海道登別市にある温泉。江戸時代から温泉の存在が知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは保養地・観光地となった。「にっぽんの温泉100選・総合ランキング」では毎年上位にランクインしている日本有数の温泉地となっている。地名の語源はアイヌ語の「ヌプル・ペツ'''」(水色の濃い川)に由来している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見たセルシウス度

    周囲1 km、深さ22 mの湯沼であり、日和山の噴火によって生じた。湯の表面温度は約40〜50であるが、深いところでは約130℃ある。以前は湯沼から硫黄を採取していたが、現在は行われていない。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見た内湯

    1890年(明治23年):滝本金蔵が内湯設置(翌年には越冬可能な施設整備)。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 登別温泉

    登別温泉から見たアイヌ

    大昔はアイヌの人々が温泉を薬湯として重宝していたといわれる。江戸時代には最上徳内が『蝦夷草紙』で温泉の存在を以下のように記している。登別温泉 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示

「登別温泉」のニューストピックワード