前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 2008年の経済

    2008年の経済から見た白川方明白川方明

    3月12日 - 参議院本会議で19日に任期切れの福井俊彦日本銀行総裁の後任に武藤敏郎副総裁(元財務省事務次官)を、副総裁に伊藤隆敏(内閣府経済財政諮問会議議員)を充てる人事案が採決された結果、反対多数で否決、不同意とした。尚、白川方明(京都大学大学院教授)を副総裁に充てる人事案については、賛成多数で可決、同意された。2008年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た白川方明白川方明

    3月12日 - 参議院、第30代日本銀行総裁及び副総裁人事について、内閣から提案された武藤敏郎総裁、伊藤隆敏副総裁人事案を民主党など野党の反対多数で否決・不同意とし、白川方明副総裁人事案については自由民主党、公明党、民主党、社会民主党、国民新党の賛成により可決・同意。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 重原久美春

    重原久美春から見た白川方明白川方明

    2008年に福田康夫政権下で進められた福井俊彦日銀総裁の後任人事の際は、米国モルガン・スタンレー証券ロバート・フェルドマン博士が総裁候補と目された19名の人物の資質について「マクロ経済学と独立性」「政策決定機関トップの経験」「国内外のネットワーク」の3指標で評点を行った「次期日銀総裁 -- 候補者を比較する」と題する調査報告を発表した(英文は3月25日、和文は翌26日に公表、英国フィナンシャル・タイムズ紙2008年4月3日号に紹介記事)。これによれば、重原は「マクロ経済学と独立性」を重視する基準で第一位、政策決定機関トップの経験」「国内外のネットワーク」の2指標を重視する基準でも竹中平蔵と共に最高位にランキングされ、特に海外中央銀行や国際機関などから重原の日銀総裁就任を期待する声が高まった。しかしながら、国会混乱のなかで先に与野党間の妥協で副総裁に就任していた白川方明が総裁に昇格するという予想外の結末となった。白川方明はフェルドマン報告のなかで日銀総裁候補と目された19人のリストに入っていなかった。重原久美春 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田東彦

    黒田東彦から見た白川方明白川方明

    任期途中で副総裁任期に合わせて前倒しで辞任した前任の白川方明の任期を引き継ぐ形で就任したため、2013年(平成25年)4月8日に一旦任期切れとなる。同年4月5日に、2013年4月9日から2018年4月8日までの任期で黒田を再任する人事案を衆参両院が同意したため、2018年4月8日までの任期が確定した。黒田東彦 フレッシュアイペディアより)

  • 横田格

    横田格から見た白川方明白川方明

    また、総裁であった白川方明とは同期入行で親交も深く、齊藤栄吉富山銀行頭取は、横田が経営企画課長を務める折、直属の部下として仕えた。横田格 フレッシュアイペディアより)

  • 田村秀男

    田村秀男から見た白川方明白川方明

    2007年夏の米サブプライム・ローン危機勃発を受け、ドル金融主導型のグローバル経済モデルの崩壊を指摘し、危機の拡大を警告した。さらに、リーマン・ショックの余波は日本経済に大打撃となると警告した。リーマン・ショックで市場原理主義は終わったと論じ、日本型の経済成長モデルをめざして脱デフレを最優先するよう政府・日銀に要望。与謝野馨経済・財政担当相と白川方明日銀総裁を非難した。田村秀男 フレッシュアイペディアより)

  • ゼロ金利政策

    ゼロ金利政策から見た白川方明白川方明

    米国経済がITバブル崩壊から立ち直ると日本の景気も回復に向かい、2002年(平成14年)初めからの長期にわたる景気回復局面を迎えた。2005年(平成17年)になると消費者物価の下落は緩やかとなり、2006年(平成18年)に入ると前年比で上昇するようになった。日本銀行の白川方明理事(当時)は「ゼロ金利が続くと、金利生活者が困る。損失額は何十兆円にも及ぶ」と発言している。このため日銀は3月9日の金融政策決定会合で量的金融緩和政策を解除し、無担保コールレートを概ねゼロ%で推移するよう促すという、純粋なゼロ金利政策に移行した。その後も景気回復が続き、物価下落の圧力も低下したことから、7月14日の政策委員会・金融政策決定会合でゼロ金利政策の解除が全会一致で決定され、短期金利が実質的にゼロという状況は2001年(平成13年)3月以来、5年4か月ぶりに解除された。ゼロ金利政策 フレッシュアイペディアより)

  • インフレターゲット

    インフレターゲットから見た白川方明白川方明

    2009年11月3日、日本銀行の白川方明総裁は講演で「インフレ誘導政策を採用すれば、様々な問題が起こる」「中央銀行はそのような政策は決して行わない」と述べている。インフレターゲット フレッシュアイペディアより)

  • 第169回国会

    第169回国会から見た白川方明白川方明

    11日 - 衆参議院運営委員会で日本銀行総裁候補武藤敏郎副総裁・元財務事務次官、副総裁候補白川方明京都大学教授、伊藤隆敏東京大学教授の所信を聴取する。第169回国会 フレッシュアイペディアより)

  • スタグフレーション

    スタグフレーションから見た白川方明白川方明

    2008年、サブプライムローン問題に端を発した米国不景気から資金が原油や穀物市場に流れて価格が高騰、その結果各種コスト高から物価が上昇した。日本銀行の白川方明総裁は、同年5月27日に開かれた参議院の財政金融委員会で日本がスタグフレーションに陥るおそれがあるとしたが、7月17日の会見ではスタグフレーションの発生を否定する認識を示した。その後、世界景気の急速な後退などを背景に原油・穀物価格は2008年後半から急速に下落、翌年にかけては内外の需要の落ち込みと輸出の急減で個人消費や消費者物価の下落が顕著となり、結局はデフレーションまでにとどまった。スタグフレーション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「白川方明」のニューストピックワード

  • 主治医が見つかる診療所【人には聞けないおしっこトラブルスッキリ改善2時間SP】

  • すっごい下らなかった

  • まるで家族が結婚したかのよう