40件中 11 - 20件表示
  • 政策金利

    政策金利から見た白川方明白川方明

    白川方明1 『現代の金融政策』、日本経済新聞社 ISBN 978-4-532-13344-3政策金利 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見た白川方明白川方明

    3月12日 - 日本銀行総裁人事案に関する参議院本会議採決は、民主、共産、社民、国民新の反対により不同意。白川方明の副総裁人事案は賛成多数で同意される。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た白川方明白川方明

    渡辺の人事案と同時に、日本銀行総裁代行・副総裁の白川方明を総裁候補とする人事案も提示されており、白川では「元財務事務次官の武藤(敏郎)前副総裁が政官界に太いパイプを持っていたのに比べて心もとない」との懸念があったが、ニッセイ基礎研究所のシニアエコノミストらは、国際金融に携わった渡辺と白川との組み合わせなら「うまくバランスがとれる」と評し、「渡辺氏のネットワークと交渉能力がフルに生きるのでは」と指摘している。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の経済

    2013年の経済から見た白川方明白川方明

    5日 - 白川方明日本銀行総裁がこの日、4月8日の任期満了を待たずに3月19日を以て前倒しで辞任する意向を安倍晋三首相に伝えた。2013年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 本田悦朗

    本田悦朗から見た白川方明白川方明

    2012年11月の第46回衆議院議員総選挙直前、安倍は大胆な金融緩和策を提唱し日本銀行総裁の白川方明などから批判されたが、この際に安倍は「本田という元財務官僚がいて、彼がデフレ脱却について結構いろいろアドバイスをくれるんだよ」 と語っている。本田からのアドバイスの具体的な内容については、安倍は「マネタリーベースを上げて円高を克服すればデフレ脱却と税収増につながるというんだよね」 と説明している。なお、マスコミからの取材に対し、本田も「安倍さんとはデフレ脱却について話をしているのは事実です」 と回答している。本田悦朗 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た白川方明白川方明

    2008年3月、福田康夫内閣は財務省出身で日本銀行副総裁の武藤敏郎の総裁昇格案を国会に提示したが、3月12日に野党が過半数を占める参議院で不同意となった。これを受けて福田内閣は3月18日に同じく財務省出身で国際協力銀行総裁の田波耕治を日本銀行総裁に充てる人事案を新たに提出したが、3月19日の参議院本会議でまたも野党が田波総裁案を否決・不同意としたため、日本銀行総裁が不在という事態になった。こうした異常事態のなかで、3月19日には内閣から日本銀行副総裁に任命された白川方明が総裁職務代行者として指名され、翌3月20日、白川方明は副総裁就任後直ちに総裁職の代行を務めた。しかしながら、日銀総裁の空席による総裁代行の立場が長期間続くと、内外の経済問題への日銀の対処が難しくなる恐れが指摘された。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬豊

    加瀬豊から見た白川方明白川方明

    元日商岩井社長・第28代日本銀行総裁の速水優の死去の際は当時の日銀総裁(第30代)白川方明とともに「お別れの会」の実行委員代表を務めた。加瀬豊 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ大学

    シカゴ大学から見た白川方明白川方明

    白川方明(MA Econ, 1977) - (第30代 日本銀行総裁)シカゴ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 池尾和人

    池尾和人から見た白川方明白川方明

    中央銀行(日本銀行)について「政治が目標を決め、日銀(中央銀行)には目標達成の手段だけ独立性を持たせ、あとは日銀の責任だ、というのでは政治の責任を日銀に転嫁するご都合主義ではないか。中央銀行に高望みをしてはいけない。政治家の尻ぬぐいを全部やって経済を良くする奇跡を起こせる存在だとは全く思わない」と述べている。また「日銀が折に触れて主張してきていることと、私自身の考えのあいだには大きな違いがあるとは思わない」と述べている。また「中長期的には金利を正常化させることが重要」という白川方明元日銀総裁の金融政策哲学と考えが一致している。池尾和人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た白川方明白川方明

    白川方明日銀元総裁は、日銀券ルールについて「撤廃すると、財政ファイナンスの面にも長期金利の面にも悪影響が出てくる。金融政策の目的が物価安定の下での持続的な経済成長の実現ということから離れて、財政ファイナンスに焦点が絞られてくると、将来の金融システムに対する不確実性が増大し、長期金利が上がってしまう。特に日本のように財政バランスが悪い国においては非常に大事なことだ」と述べている。また「銀行券の量の限界を超えて中央銀行が国債を購入すると、インフレが起こるか、長期金利が先行的に上昇する」と述べ、日銀券ルールは理論的根拠が乏しいとの見方をけん制している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「白川方明」のニューストピックワード