32件中 11 - 20件表示
  • 経済財政諮問会議

    経済財政諮問会議から見た白川方明白川方明

    日銀総裁人事案の国会不同意に伴う総裁不在(空席)と、白川の副総裁就任→総裁就任の一連の経緯に伴うもの。詳細は白川の項を参照。経済財政諮問会議 フレッシュアイペディアより)

  • 重原久美春

    重原久美春から見た白川方明白川方明

     2008年に福田政権下で進められた福井俊彦日銀総裁の後任人事の際は、総裁候補と目された19名の人物の資質について様々な基準で評点を行った「次期日銀総裁 -- 候補者を比較する」と題する米国モルガン・スタンレー証券ロバート・フェルドマン博士の調査報告(英文は3月25日、和文は翌26日に公表、英国フィナンシャル・タイムズ紙2008年4月3日号に紹介記事)において、重原は竹中平蔵と共に最高位にランキングされ、特に海外中央銀行や国際機関などから重原の日銀総裁就任を期待する声が高まったが、国会混乱のなかで先に与野党間の妥協で副総裁に就任していた白川方明が総裁に昇格するという予想外の結末となった。重原久美春 フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見た白川方明白川方明

    9月29日 - 深夜に白川方明日本銀行総裁が「ドルの短期流動性は枯渇した」と発言。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見た白川方明白川方明

    2008年3月、日本政府は武藤を総裁候補、伊藤隆敏と白川方明を副総裁候補として国会に正式に提示し、武藤らは衆参両院の議院運営委員会にて所信表明を行った。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 国際決済銀行

    国際決済銀行から見た白川方明白川方明

    BISの組織としての運営方針の決定などは理事会が行っている。理事会は、2011年現在19名の理事によって構成されており、少なくとも年6回開催される。2011年現在の理事会の議長はフランス中央銀行総裁クリスチャン・ノワイエ、副議長は日本銀行総裁白川方明である。国際決済銀行 フレッシュアイペディアより)

  • G7

    G7から見た白川方明白川方明

    2010年2月5日から6日まで2日間の日程でカナダのイカルイトで開幕した会議では、世界経済の現状について意見交換する夕食会の後、膝詰めで話し合う「炉端対話」が行われ、フランスのラガルド財務相からG7の今後のあり方が提案されたが結論は出ず、継続議論となった。日本からは菅直人財務相と白川方明日銀総裁が出席した。G7 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た白川方明白川方明

    福田政権下では2008年9月15日にアメリカ合衆国のリーマン・ブラザーズが破綻したが、その際も日本政府は素早い対応を見せた。リーマン・ブラザーズ証券(日本法人)の顧客資産の国外流出が懸念されたことから、顧客資産の保全を名目に9月15日午後3時に国内資産保有命令を発動、同日午後9時に業務停止命令を発動した。同日夜、福田は「明朝に金融関係の閣僚を集めてくれ」と指示し、重ねて日本銀行総裁白川方明にも出席を要請し、さらに財務大臣伊吹文明と対応策を協議した。翌日の朝には白川らも交えた金融関係閣僚等懇談会を緊急招集し、対応策を協議した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 中川昭一

    中川昭一から見た白川方明白川方明

    2009年(平成21年)2月、G7の財務大臣・中央銀行総裁会議が、イタリア・ローマで開催された。同会議終了後、日本銀行総裁・白川方明と財務官・篠原尚之との共同記者会見に臨んだ中川だったが、その発言は呂律が回っておらず、あくびをし、表情は目が虚ろという状態であった。さらに中川は、言い間違えをする、質問した記者が見つけられずに「どこだ!」と叫ぶ、「共同宣言みたいなものが出ました」などと不明瞭な発言をするなどの異状を呈したことから、健康不安や酩酊などが疑われることになった。マスメディアはこれを、「深酒居眠り会見」などと報じた。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • スタグフレーション

    スタグフレーションから見た白川方明白川方明

    2008年、サブプライムローン問題に端を発した米国不景気から資金が原油や穀物市場に流れて価格が高騰、その結果各種コスト高から物価が上昇した。日本銀行の白川方明総裁は、同年5月27日に開かれた参議院の財政金融委員会で日本がスタグフレーションに陥るおそれがあるとしたが、7月17日の会見ではスタグフレーションの発生を否定する認識を示した。その後、世界景気の急速な後退などを背景に原油・穀物価格は2008年後半から急速に下落、翌年にかけては内外の需要の落ち込みと輸出の急減で個人消費や消費者物価の下落が顕著となりデフレーションに陥った。スタグフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た白川方明白川方明

    続く2008年1月18日に召集された第169回国会は、ガソリン税等の暫定税率の10年間の延長を訴える与党と暫定税率廃止を主張する野党が真っ向から対立し、ガソリン国会とも呼ばれた。2月29日、衆議院で2008年度予算案が野党3党の欠席のなかで強行採決された。小沢はこれに対し「信頼関係が完全に崩壊した」と与党を批判し、共産党を除く野党は予算委員会を欠席して国会は空転した。日本銀行総裁人事でも財務省、大蔵省の事務次官経験者である武藤敏郎、田波耕治の総裁就任が相次いで参議院で不同意となり、結果として白川方明が総裁に就任した。ガソリンなどの暫定税率はこれらの影響で、3月中に延長法案の参議院での採決が出来ず、4月1日で自動車重量税を除く暫定税率が一旦廃止されたのち、衆議院の再可決により一カ月後に復活する事態となった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「白川方明」のニューストピックワード