40件中 21 - 30件表示
  • 日本のデフレーション

    日本のデフレーションから見た白川方明白川方明

    2009年11月20日、日本政府の月例経済報告において、日本が「緩やかなデフレ状況にある」と3年5カ月ぶりにデフレを認めた。同年12月18日、日本銀行の白川方明も日本がデフレ状態であることを認めた。日本のデフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 菅野雅明

    菅野雅明から見た白川方明白川方明

    シカゴ学派の流れをくむ日銀総裁として知られた白川方明の同僚である。菅野雅明 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣 (第1次改造)

    第3次安倍内閣 (第1次改造)から見た白川方明白川方明

    1月29日に日銀はマイナス金利政策を導入した。これについては「(大量に国債を購入してきたこれまでの)政策の限界を印象づける」といった批判がある一方で、撤廃された付利は民間銀行や短資会社への支援のために2008年11月に導入されたものだとの指摘もある。この決定は5対4の小差で決定したが、反対したのは前日銀総裁の白川方明時代に任命された審議委員で、金融業界出身者が3人。第3次安倍内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 経済財政諮問会議

    経済財政諮問会議から見た白川方明白川方明

    日銀総裁人事案の国会不同意に伴う総裁不在(空席)と、白川の副総裁就任→総裁就任の一連の経緯に伴うもの。詳細は白川の項を参照。経済財政諮問会議 フレッシュアイペディアより)

  • 勝間和代

    勝間和代から見た白川方明白川方明

    インフレ目標による名目経済成長率の向上が必要であると菅直人に提言し、これを受けて菅は当時の日銀総裁・白川方明に圧力を強め、2012年2月14日に物価上昇率1%を目標とさせた。インフレ目標のために、政府と日銀のアコードが有効であると、リフレ派の主張を行っている。勝間和代 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た白川方明白川方明

    3月19日 - 日本銀行の白川方明総裁が4月9日の総裁任期満了を待たずして辞任。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た白川方明白川方明

    白川方明元日銀総裁は「デフレには様々な定義があり、一概には定まらない」と指摘している。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た白川方明白川方明

    2008年3月に任期切れを迎えた日本銀行総裁人事では、当初、「財金分離」の観点から「財務省次官経験者」が日銀総裁に就くことに反対を表明したものの、4月の日銀副総裁人事では一転して財務省出身の有無にかかわらず資質によって選択するよう主張した。同時に、副総裁として起用が予定されていた伊藤隆敏東大教授の就任も不同意とされ、日銀出身の白川方明(前日銀総裁)のみの同意となった。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • 香西泰

    香西泰から見た白川方明白川方明

    バブルと金融政策日本の経験と教訓 白川方明、翁邦雄共編 日本経済新聞社、2001香西泰 フレッシュアイペディアより)

  • 国際決済銀行

    国際決済銀行から見た白川方明白川方明

    BISの組織としての運営方針の決定などは理事会が行っている。理事会は、2011年現在議長と19名の理事によって構成されており、少なくとも年6回開催される。2011年時点で理事会の議長はフランス中央銀行総裁クリスチャン・ノワイエ、副議長は日本銀行総裁白川方明であった。2015年11月から、議長はドイツ連邦銀行のイェンス・ヴァイトマン、副議長はインド準備銀行のラグラム・ラジャンが務めている。ヤング案から生まれたBIS だけあって、初代と二代目の議長は合衆国から出ている。国際決済銀行 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「白川方明」のニューストピックワード