108件中 21 - 30件表示
  • 白川方明

    白川方明から見た小幡績

    経済学者の小幡績は「長期的に日本経済にベストの案に一番近い中で、政治からの要求を最低限満たす政策を目指していた」と指摘している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た速水優

    かつて日本銀行総裁は、大蔵省OBと日銀OBが交代で務める「たすき掛け人事」が続いていたが、28代の速水優、29代の福井俊彦と2代続けて日銀OBが就任していた。福井の任期満了に伴う次期総裁人事において、日銀の独立性が確保されるかが争点となる中、日本国政府が国会に提示した武藤敏郎(日銀副総裁)および田波耕治(国際協力銀行総裁)の総裁人事案は、ねじれ国会の野党が多数を占める参議院で否決され、3月19日で総裁を退任した福井が3月20日付で副総裁に就任する白川を「次期日銀総裁が就任するまでの間、総裁の職務を代行する者」に指名した。これにより、白川は副総裁就任と同時に日本銀行総裁職務代行者となった。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た若田部昌澄

    経済学者の若田部昌澄は「講演を聞くかぎり、デフレの原因には金融政策はまったく関係しないと考えている」と指摘している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た小宮隆太郎

    東大時代、旧民社党系シンクタンクである民主社会主義研究会議(民社研)に所属し、活動。経済学部では小宮隆太郎ゼミに属した。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た藤原正彦

    また、藤原正彦は以下のように述べた。「デフレ不況を十数年も放置してきた責任の大半は日銀にあるのだ。リーマン危機以来、アメリカは通貨供給量を三倍に増やすなど米英中韓その他主要国の中央銀行は猛然と紙幣を刷り景気を刺激した。日銀は微増させただけで静観を決めこんでいる。ここ三年間で円がドル、ユーロ、ウォンなどに対し三割から四割も高くなったのは主にこのせいだ。今すべきことは、日銀が数十兆円の札を刷り国債を買い、政府がその金で震災復興など公共投資を大々的に行い名目成長率を上げることだ。札が増えるから円安にもなる。工場の海外移転にも歯止めがかかる。ここ十四年間、経済的困窮による自殺者が毎年一万人も出ている。日銀は動かない。」白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た中原伸之

    元日銀審議委員の中原伸之は「『失われた20年』生んだ」「白川総裁はデフレに有効な政策を打てなかったにもかかわらず、海外では『(日銀は)孤独な先駆者』と自画自賛した」「自らの理論に拘り異なる意見に耳を傾ける謙虚さに欠けていた」「円高やデフレで人々の暮らしは苦しくなったのに傍観者的立場に終始していた」と指摘している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た高橋洋一 (経済学者)

    経済学者の高橋洋一は白川日銀は数か月後、早いと翌月には金融引き締めを行うのでほんの短期間でしか総量を増やさず、むしろインフレ率がプラスに転じるのを徹底拒否するデフレターゲットを設定してるとしか思えない政策を繰り返してきたと指摘している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見たハリー・G・ジョンソン

    「為替は金融政策によって変わる」というマネタリーアプローチは白川がシカゴから持ってきた理論である。経済学者のハリー・G・ジョンソン、ジェフリー・フランケルの論文の「国際収支の不均衡は貨幣市場の不均衡によってもたらされ、調整は金融政策が有効である」という説を引用し、マネタリーアプローチに基づく為替レートの実証分析についての論文を、留学して戻ってきた1970年代に発表している(白川方明「マネタリー・アプローチについて」『金融研究資料』第3号、1979年8月)。論文には「為替変動などの経済現象に対しては日本銀行の金融政策が有効である」と書き記している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見たジェフリー・フランケル

    「為替は金融政策によって変わる」というマネタリーアプローチは白川がシカゴから持ってきた理論である。経済学者のハリー・G・ジョンソン、ジェフリー・フランケルの論文の「国際収支の不均衡は貨幣市場の不均衡によってもたらされ、調整は金融政策が有効である」という説を引用し、マネタリーアプローチに基づく為替レートの実証分析についての論文を、留学して戻ってきた1970年代に発表している(白川方明「マネタリー・アプローチについて」『金融研究資料』第3号、1979年8月)。論文には「為替変動などの経済現象に対しては日本銀行の金融政策が有効である」と書き記している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た中野剛志

    白川の「(デフレ脱却には)民間企業・金融機関・政府・日銀がそれぞれの役割に即して取り組みを続けることが重要である」という発言について、中野剛志は理解を示しており、「『消費税増税をしてデフレを悪化させておきながら、デフレ対策の責任をすべて日銀に押しつけられてはたまらない』という気持ちなのであろう」「デフレ脱却は金融政策だけではなく、あらゆる手段を総動員してレジーム・チェンジしなければ成し遂げられない。日銀だけが『インフレターゲット』政策を導入して金融緩和を行っても焼け石に水で終わる」と指摘している。白川方明 フレッシュアイペディアより)

108件中 21 - 30件表示

「白川方明」のニューストピックワード