前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
607件中 1 - 10件表示
  • フェレンツ・フリッチャイ

    フェレンツ・フリッチャイから見た白血病白血病

    1958年秋ごろより、白血病の症状が現れ、長期の休養を余儀なくされるも、1959年夏ごろに指揮活動を再開、ベルリン放送交響楽団(RIAS交響楽団から1956年に名称変更)の首席指揮者に復帰する。フェレンツ・フリッチャイ フレッシュアイペディアより)

  • 世界の中心で、愛をさけぶ

    世界の中心で、愛をさけぶから見た白血病白血病

    オーストラリアに向かう旅の途中、朔太郎は死んだ恋人アキのことを思い出していた。ある地方都市、中学校でたまたま同じクラスになった朔太郎とアキは、高校生になり、互いに恋に落ちていく。だが出会って3年目、アキは白血病にかかり、日ごとに衰弱していった。朔太郎は、入院中のアキが行けなかった修学旅行のオーストラリアにアキを連れて行くために走る。そして二人は出発する。世界の中心で、愛をさけぶ フレッシュアイペディアより)

  • レオ・キンレン

    レオ・キンレンから見た白血病白血病

    レオ・キンレン (Leo Kinlen) は英国の悪性腫瘍の研究者である。彼の仮説である、英国の他の部分よりもセラフィールド原子力施設周辺地域において白血病罹患率が高い事の説明は、人々が原子力施設で仕事をするために他の地域からセラフィール周辺に移動し始めたために発生した集団の混合であり、白血病を引き起こす可能性があるウイルスの拡散をもたらしたという物である。レオ・キンレン フレッシュアイペディアより)

  • フラワー・オブ・ライフ

    フラワー・オブ・ライフから見た白血病白血病

    白血病を克服し、1年1か月遅れで高校に入学してきた花園春太郎の日常と学校での生活を描く。フラワー・オブ・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • 由希子 -輝くいのち-

    由希子 -輝くいのち-から見た白血病白血病

    骨髄移植推進財団が作成した骨髄移植啓発キャンペーンCM『10万人目の奇跡』のモデルとなった白血病患者、中堀由希子の白血病の発症・告知から、恋人との出会い、骨髄移植啓発運動への参加、日本初の海外からの輸送による骨髄移植を描いた物語である。由希子 -輝くいのち- フレッシュアイペディアより)

  • カレンダー・ガールズ

    カレンダー・ガールズから見た白血病白血病

    『カレンダー・ガールズ』(Calendar Girls)は、2003年に制作されたアメリカ・イギリス合作映画。ヨークシャーに住む女性たちが、白血病の研究に対する寄付のため、自分達がモデルになってヌード・カレンダーを制作したという実際の出来事が元になっている。カレンダー・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 低線量被曝問題

    低線量被曝問題から見た白血病白血病

    統計的に検証できない低線量の被曝についても、線量とがんや白血病などの発生確率は比例すると考えるのが直線しきい値無しモデル(LNTモデル)と呼ばれる仮説である。LNTモデルは1977年のICRP勧告第26号において、人間の健康を護る為に放射線を管理するには最も合理的なモデルとして採用された。この勧告では、個人の被曝線量は、確定的影響(急性放射線障害)については発生しない程度、確率的影響(がんや白血病など)についてはLNTモデルで計算したリスクが受容可能なレベルを越えてはならず、かつ合理的に達成可能な限り低く (as low as reasonably achievable, ALARA) 管理するべきであり、同時に、被曝はその導入が正味の利益を生むものでなければならないことを定めている。低線量被曝問題 フレッシュアイペディアより)

  • ライサ・ゴルバチョワ

    ライサ・ゴルバチョワから見た白血病白血病

    ライサ・マクシーモヴナ・ゴルバチョワ(ライサ・ゴルバチョフ、', ラテン文字表記の例:Raisa Maksimovna Gorbachyova, 1932年1月5日 - 1999年9月20日)は、ソビエト連邦(ソ連)の最後の指導者であったミハイル・ゴルバチョフの夫人。ライーサ・マクシーマヴナ・ガルバチョーヴァ'とも表記される。旧姓はチタリェンコ (/Titarenko)。ソ連のファーストレディとしては、公的な行事や外国訪問などで積極的に夫のミハイルに随行し、ミハイルとともにソ連のイメージ改善に貢献した。また社会運動家としても活動し、ロシア文化遺産の保存や新たな才能を発掘するための教育、小児白血病の治療プログラムのための資金調達に尽力した。ライサ・ゴルバチョワ フレッシュアイペディアより)

  • ブリオスタチン

    ブリオスタチンから見た白血病白血病

    In vitro試験において、ブリオスタチン1は他の抗がん剤との併用で相乗的に働くことが明らかにされている。ブリオスタチンは強力な抗白血病作用を示す他、肺がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫などに対して効果を示す。ブリオスタチン フレッシュアイペディアより)

  • ビンクリスチン

    ビンクリスチンから見た白血病白血病

    日本で認められている効能・効果は、白血病(急性白血病、慢性白血病の急性転化時を含む)、悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病)、小児腫瘍(神経芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、睾丸胎児性癌、血管肉腫等)、褐色細胞腫のほか、多発性骨髄腫、悪性星細胞腫、乏突起膠腫成分を有する神経膠腫に対する他剤との併用である。ビンクリスチン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
607件中 1 - 10件表示

「白血病」のニューストピックワード