607件中 91 - 100件表示
  • 第五惑星アスカ

    第五惑星アスカから見た白血病白血病

    1991年4月にはそのT村で原子炉事故が起こり、東京を中心に日本中に放射能がまき散らされ、多くの若者や子供が白血病によって死んでいった。原子炉の運転を続けたい政府はこれが放射能のせいであることを隠し、政策に逆らう国民を日本憲兵隊(ジャパン・ジャンダルム、J・J)によって抑圧し、さらに麻薬類を解禁した。金持ちは国外に逃れたが一般国民は国内に閉じ込められていた。物語の始まる1996年、国民は生ける屍のように暮らしており、さらに世界的な異常気象と不作、物価高に苦しめられていた。日本から海外へ行かれる唯一の空港、三沢基地周辺には、隙あらば基地に侵入し密航しようとする人々が集まり、日本で最も活気のある町「スノウ・シティ」(吹き溜まりの意)をつくっていた。第五惑星アスカ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ワイルダー

    アラン・ワイルダーから見た白血病白血病

    1991年にはレーベルメイトであるニッツァー・エブの4thアルバム『Ebbhead』のプロデュースをフラッドと共に担当し、ニッツァー・エブのボーカリストであるダグラス・マッカーシーと親交を深め、彼はリコイルの2ndアルバム『Bloodline』でボーカル参加した。2001年にはカーヴの4thアルバム『Gift』のレコーディングに参加した。2010年2月、アランはデペッシュ・モードと共に10代の癌・白血病患者のためのチャリティーコンサート「ティーンエイジ・キャンサー・トラスト」に出演、アンコールでマーティン・ゴアの歌のバックでピアノ演奏を披露。2011年にはデペッシュ・モードの楽曲『イン・チェインズ』のリミックスを2曲提供した。アラン・ワイルダー フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・ブラック

    ダグラス・ブラックから見た白血病白血病

    1970年にはイギリスの労働党により健康格差の調査委員会の議長に命じられた。この委員会により作成された報告書は1980年に公表され、ブラック・レポートとして有名になった。ブラック・レポートは保守党政権下においては広まらなかったが、次第に健康格差の知見に影響をもたらし、1992年にはペンギン・ブックスから『健康格差: ブラック・レポートと健康の分水嶺』が出版された。その後年には、カンブリア州セラフィールドにある再処理工場周囲における小児白血病の調査委員会の議長を務めた。ダグラス・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • ちかいの魔球

    ちかいの魔球から見た白血病白血病

    翌年は阪神の大田原、中日の寿楽寺陣内などのライバルを相手に活躍する。久保と大田原の賭けのため、背番号を失って戦列離脱。その間に謎の老人の指導を受けて第三の魔球「消える魔球」を編み出す。しかし阪神相手に完全試合を達成するも、一試合に三球までと決められた言いつけを破った為に肩を負傷。その後、母親が白血病で倒れたと知り、次の大洋戦は久保の必死の制止を振り切り、不調を押して登板。桑田武相手の初球に倒れて入院。診断は再起不能。心を鬼にした長嶋の説得で全日本の先発として日米野球に出場。大リーガー相手に完封勝利して最後の登板を飾り、その場で引退。母と再会を果たす。引退後は富士高校の監督に就任。ちかいの魔球 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ミッチェル (アメリカンフットボール)

    ボビー・ミッチェル (アメリカンフットボール)から見た白血病白血病

    1962年のNFLドラフトでワシントン・ポストやアメリカ合衆国連邦政府の圧力を受けてワシントン・レッドスキンズは1961年12月4日に行われたドラフト全体1位でハイズマン賞を獲得したアーニー・デービスを指名していた。しかし同月半ばにレッドスキンズのオーナー、ジョージ・プレストン・マーシャルはミッチェルとその年ブラウンズが1位指名したリロイ・ジャクソンを獲得する代わりにブラウンズにデービスをトレードすることを発表した。デービスは白血病に罹り1試合もプレーすることなく1963年に亡くなった。ミッチェルはチャーリー・テイラー、ラリー・ブラウン、ブリッグ・オーウェンズ、ピッツバーグ・スティーラーズから加入したジョン・ニスビーなど黒人スター選手の仲間入りをした。彼が加入した1962年にチームはここ5年間でベストの5勝7敗2分で終えた。彼の加入当時のヘッドコーチ、ビル・マクピークは彼をフランカーとして起用した。移籍後最初の試合となったダラス・カウボーイズ戦では92ヤードのキックオフリターンタッチダウンをあげた。この年彼はリーグトップの11タッチダウン、72キャッチで1384ヤードを稼ぎプロボウルに選出された。1963年には69回のキャッチで1436ヤードを稼ぎ7タッチダウンをあげた。続く4年間で彼は60,60,58,60回のパスレシーブをあげた。1967年に新ヘッドコーチとなったオットー・グレアムは彼をハーフバックに、チャーリー・テイラーをワイドレシーバーにコンバートした。ポジションが変わったもののこの年60回のキャッチで866ヤードを稼ぎ6タッチダウンをあげている。ボビー・ミッチェル (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • 後骨髄球

    後骨髄球から見た白血病白血病

    後骨髄球(こうこつずいきゅう、英: metamyelocyte)とは、造血幹細胞から白血球の顆粒球(好中球、好酸球、好塩基球)への分化の過程の1段階にある細胞で幼若細胞としては最後の段階の細胞である。通常は骨髄にのみ存在し、(白血病や癌の骨転移などの場合を除き)末梢血中には存在しない。後骨髄球 フレッシュアイペディアより)

  • レナード・シャロウ

    レナード・シャロウから見た白血病白血病

    1999年にシンシナティに居を移し、同地のウェルスプリング・ヘルス・センターで白血病の合併症により死去。レナード・シャロウ フレッシュアイペディアより)

  • イスタブラク

    イスタブラクから見た白血病白血病

    その血統背景から平地競走での活躍を期待されたが、1994年からの2年間で下級レースで2勝しか挙げられなかった。ジョン・ゴスデン調教師の助手であったジョン・ダーカンは独立し、イスタブラクの障害競走でのデビューに向け調教を行った。しかし、ダーカンは白血病に冒されてしまい、復帰までの間イスタブラクを友人のエイダン・オブライエンに預けることにした。イスタブラク フレッシュアイペディアより)

  • 髄外造血

    髄外造血から見た白血病白血病

    骨髄増殖性腫瘍(骨髄線維症、真性多血症)、白血病、悪性リンパ腫、癌の骨髄転移など。髄外造血 フレッシュアイペディアより)

  • テイ・ガーネット

    テイ・ガーネットから見た白血病白血病

    1977年(昭和52年)10月3日、カリフォルニア州ロサンゼルスのソーテル地区で白血病によって死去した。満83歳没。映画における功績により、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(6556 Hollywood Blvd.)に名を残す。テイ・ガーネット フレッシュアイペディアより)

607件中 91 - 100件表示

「白血病」のニューストピックワード