607件中 21 - 30件表示
  • 急性白血病

    急性白血病から見た白血病白血病

    貧血、発熱、出血傾向が最も有名な症状である。他にも骨痛や肝腫大、脾腫、リンパ節腫脹が起こることもある。骨髄穿刺や骨髄生検という特殊な検査で診断されるので、疑わしい病歴にならない限り診断されないことが多い。白血病といわれるものは骨髄での腫瘍細胞の増殖、骨髄のバリアー機構の破綻から幼若細胞の末梢血への流出というのが特徴であり悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの差になるが進行すると他臓器浸潤を起こすことが知られている。肝臓、脾臓、髄膜、精巣、皮膚、歯肉、骨膜への浸潤が多い。急性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンズケール原子炉火災事故

    ウィンズケール原子炉火災事故から見た白血病白血病

    シースケール村で生まれた子供は、白血病で死ぬ割合が平均の9倍に達しているとの調査が1987年になされたが、放射線による影響はないとされた。一方、住民は癌の多発を訴えている。ウィンズケール原子炉火災事故 フレッシュアイペディアより)

  • 紅皮症

    紅皮症から見た白血病白血病

    紅皮症の分類が一応確定した後、続いて病因論に関する様々な見解が発表された。急性型(再発性落屑性猩紅熱様紅斑)についてはすでにBesnierが特定の素因を持つ患者に何らかの刺激が加わることにより発症すると推測していたが、水銀、砒素、金といった重金属や薬剤、さらには結節性動脈周囲炎に本症が続発したという報告が多数の研究者から報告され、感染症またはそれに起因するアレルギーおよび重金属や薬剤性の中毒による紅皮症ではないかという見解が強くなった。亜急性型(ウィルソン・ブロック紅皮症)ではBrocqが神経皮膚症、Kyrle(キルレ)が内分泌障害由来であると主張した。慢性型のヘブラ紅色粃糠疹についてはJadassohnが結核との関連性を強調し、結核性紅皮症であるとしたが土肥は老人性内分泌障害に起因する自家中毒が原因であると1930年に発表している。またMontgomery(モンゴメリー)はヘブラ紅色粃糠疹の症例には白血病や悪性リンパ腫、特に菌状息肉症に伴う症例が多く存在すると1933年の論文において指摘、Sézary(セザリー)による1938年のセザリー症候群の報告をはじめ、多くの研究者が血液悪性腫瘍と紅皮症の関連性を報告してJadassohnが主張したヘブラ紅色粃糠疹=結核という図式に対して反論した。こうしてBrocqによる紅皮症の分類発表以降第二次世界大戦までの間、紅皮症については各原発性紅皮症の病因に対する様々な議論が繰り広げられた。紅皮症 フレッシュアイペディアより)

  • チェルノブイリ原発事故の影響

    チェルノブイリ原発事故の影響から見た白血病白血病

    チェルノブイリ原発事故では、膨大な数の人が放射性降下物による影響を受けており、甲状腺癌と白血病に対する組織的な研究は進められてきたが、他の癌についても研究対象を広げて、放射性降下物がもたらす長期にわたる放射線被曝による健康への影響を調べるために、組織的かつ大規模な研究が望まれている。しかしながら、放射線防護の基礎データとなっている原爆の研究でも、放射性降下物による内部被曝の影響に対する研究は半世紀以上が過ぎながらあまり進められていなかった。その要因の一つとして、原爆に伴う放射線の大部分がガンマ線と中性子によるもので、それらの初期放射線に比べて、放射性降下物等による残留放射線の影響は無視できるほど小さいと考えられ、これまであまり考慮されることはなかった。チェルノブイリ原発事故の影響 フレッシュアイペディアより)

  • イッザト・イブラーヒーム

    イッザト・イブラーヒームから見た白血病白血病

    1999年2月16日、白血病の治療のためオーストリアのウィーンに滞在中に同国の国会議員であるペーター・フィルツが、クルド人大量虐殺の容疑でイブラーヒームを逮捕するよう、オーストリア政府に求めたため、慌てて出国したことがある。イッザト・イブラーヒーム フレッシュアイペディアより)

  • 小児がん

    小児がんから見た白血病白血病

    主な小児がんは、白血病、脳腫瘍、神経芽腫、リンパ腫、腎腫瘍(腎芽腫、ウィルムス腫瘍)などである。胃がんや肺がんなどは小児にはほぼみられない。「小児がん」とは総称であるため、症状や原因などの詳細は、個別のがんの記事を参照されたい。小児がん フレッシュアイペディアより)

  • ボディ・カウント

    ボディ・カウントから見た白血病白血病

    1993年、ボディ・カウントはジミ・ヘンドリックスのトリビュートアルバム「Stone Free: A Tribute to Jimi Hendrix」に「Hey Joe」のカヴァーで参加した。1994年、2ndアルバム「ボーン・デッド」をヴァージン・レコードよりリリース。1996年、ベーシストのムースマンが脱退し、代わってグリズが加入する。またドラムスのビートマスター・Vが白血病で死去する。1997年、ビートマスター・Vの遺作となる3rdアルバム「ヴァイオレント・ディマイズ」がリリース。2001年、グリズが脱退。同年、イギー・ポップのツアーに帯同していたムースマンがロサンゼルスで銃撃を受けて死亡。2004年にはリズムギターのD-ロックが悪性リンパ腫で死去し、オリジナルメンバーはアイス-Tとアーニー・Cの2人だけとなった。ボディ・カウント フレッシュアイペディアより)

  • 幹細胞治療

    幹細胞治療から見た白血病白血病

    30年以上にわたり、骨髄移植は、白血病やリンパ腫を治療するために使用されてきた。 これは、唯一、広く行われている幹細胞治療である。化学療法中に、ほとんどの増殖細胞は殺されるが、化学療法は白血病細胞やがん細胞と、骨髄内の造血幹細胞を区別せず殺してしまう。骨髄移植つまり、幹細胞移植がなされるのは造血幹細胞が死滅してしまうという一般的な化学療法の副作用の改善のためである。化学療法で失われた造血幹細胞を置換するために、ドナーの健康な骨髄が移植される。移植された骨髄からできた免疫細胞は、宿主の細胞を殺す免疫応答をおこすが、これはしばしば過剰になり、骨髄移植の最も深刻な副作用である移植片対宿主病を起こす。幹細胞治療 フレッシュアイペディアより)

  • バルトーク・ベーラ

    バルトーク・ベーラから見た白血病白血病

    フリッツ・ライナーなどアメリカ在住のバルトークの友人たちは、戦争で印税収入が滞るなど収入源の無くなってしまった彼を支援するため「作曲者・著作者・出版者の為のアメリカ協会 (the American Society for Composers, Authors, and Publishers) 」に医療費を負担させるよう働きかけ、更に当時ボストン交響楽団を率いていた指揮者セルゲイ・クーセヴィツキーに、彼の財団と夫人の思い出のための作品をバルトークに依頼させる。すると驚異的なスピードで《管弦楽のための協奏曲》を完成。この依頼があって作曲への意欲が引き起こされたようで、ヴァイオリン・ソナタを演奏会で取り上げる際にアドヴァイスを求めに来て親しくなったユーディ・メニューインの依頼で《無伴奏ヴァイオリンソナタ》にも着手し、1944年には両曲の初演にそれぞれ立ち会う。出版社との新しい契約で収入面の不安もやや改善され、健康状態も小康を取り戻して民俗音楽の研究も再開した。しかし、その病は白血病だった。バルトーク・ベーラ フレッシュアイペディアより)

  • ABO式血液型

    ABO式血液型から見た白血病白血病

    もともと部分凝集がみられた場合、「異型輸血」「亜型」「造血幹細胞移植後」「キメラ・モザイク」「白血病・ホジキン病などの疾患による抗原減弱」を疑う。ABO式血液型 フレッシュアイペディアより)

607件中 21 - 30件表示

「白血病」のニューストピックワード