607件中 31 - 40件表示
  • 東ちづる

    東ちづるから見た白血病白血病

    因島の高校生が白血病となり、その妹から骨髄バンクを支援してほしいと頼まれた。骨髄バンク啓発のポスターのモデルになる。他にもボランティアでシンポジウムで講演を行っている(本人もドナー登録もしている)その縁で、全国骨髄バンク推進連絡協議会会長の大谷貴子とも親交がある。骨髄バンクや白血病に関するドラマ・映画の多くに出演している。東ちづる フレッシュアイペディアより)

  • 高田誠一

    高田誠一から見た白血病白血病

    2004年7月29日 - 白血病のため、死去、44歳。高田誠一 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋美保子 (ゴルファー)

    高橋美保子 (ゴルファー)から見た白血病白血病

    2002年9月29日、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンにおいて2勝目をあげた際には、知己が多数応援に駆けつけた。高校時代以来の想い出がつまる準地元での優勝だけに、初優勝の際にも見せなかった涙の優勝インタビューとなった。 大会後には、優勝賞金の一部を、同大会が支援し白血病や重度の気管支障害などの児童の治療を行う宮城県立こども病院設立基金の一部として寄付、設立以後も高橋が中心となって宮城県ゆかりのプロゴルファーに声を掛け、折にふれて同院を慰問に訪れている。 2007年9月18日のミヤギテレビ杯ダンロップオープン前日には、同院を、仙台育英高校同学の小川あい、東北高校出身の有村智恵・和田委世子、東北福祉大学在学の佐伯三貴、東北高校出身で東北福祉大学在学の原江里菜らとともに慰問した。高橋美保子 (ゴルファー) フレッシュアイペディアより)

  • 大井健司

    大井健司から見た白血病白血病

    元競輪選手の大井清(期前)は実父であり師匠。長兄の大井栄治(競輪学校44期生)は白血病により、1987年に現役選手のまま28歳の若さでこの世を去った。末弟の大井啓世は競輪学校58期生。大井健司 フレッシュアイペディアより)

  • 道川満彦

    道川満彦から見た白血病白血病

    その後故郷の益田に戻ったものの、シンガポールで調教助手などといった形で引き続き競馬に関わる仕事に就こうとしていたとのことだが、結局その希望はかなわないまま2007年5月に白血病のため、益田市の病院で死去。道川満彦 フレッシュアイペディアより)

  • 芽球

    芽球から見た白血病白血病

    実際には「白血病細胞である可能性が高い細胞」を意味することが多い。芽球 フレッシュアイペディアより)

  • 網膜スキャン

    網膜スキャンから見た白血病白血病

    網膜スキャンは医療目的にも利用されている。網膜パターンに影響を与える伝染性疾患として、AIDS、梅毒、マラリア、水痘、ライム病などがあり、遺伝性疾患として、白血病、悪性リンパ腫、鎌状赤血球症などがある。妊娠も網膜パターンに影響を与える。また、心不全、動脈硬化症、コレステロールにまつわる疾患などの慢性疾患も、網膜パターンに初期症状としての影響が見られる。網膜スキャン フレッシュアイペディアより)

  • シュフラト・サフィン

    シュフラト・サフィンから見た白血病白血病

    2009年9月20日、39歳の若さで白血病により亡くなった。シュフラト・サフィン フレッシュアイペディアより)

  • CD1

    CD1から見た白血病白血病

    CD1分子は胸腺皮質の細胞で発現が見られるが、成熟したT細胞はCD1を発現していない。このことはこれらの細胞を起源とする腫瘍細胞でもいえるため、免疫組織化学的診断においてCD1分子の発現を、胸腺細胞やT細胞の前駆細胞に由来する腫瘍の同定に応用することができる。特にCD1aはランゲルハンス細胞の特異的マーカーであり、それ故にランゲルハンス細胞組織球症の診断に用いることができる。また、骨髄性白血病や一部のB細胞リンパ腫でもCD1分子が陽性になりうる。CD1 フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ・ボスル

    ハインツ・ボスルから見た白血病白血病

    1970年代にミュンヘン国立歌劇場バレエ団(バイエルン国立(州立)バレエの前身)のソリストとして活躍したダンサー。同バレエ団所属のプリマであったコンスタンツェ・ヴェルノンと共に多くの作品を踊って人気を博したが、白血病のため28歳の若さで急逝した。ハインツ・ボスル フレッシュアイペディアより)

607件中 31 - 40件表示

「白血病」のニューストピックワード