491件中 51 - 60件表示
  • 第五惑星アスカ

    第五惑星アスカから見た白血病白血病

    1991年4月にはそのT村で原子炉事故が起こり、東京を中心に日本中に放射能がまき散らされ、多くの若者や子供が白血病によって死んでいった。原子炉の運転を続けたい政府はこれが放射能のせいであることを隠し、政策に逆らう国民を日本憲兵隊(ジャパン・ジャンダルム、J・J)によって抑圧し、さらに麻薬類を解禁した。金持ちは国外に逃れたが一般国民は国内に閉じ込められていた。物語の始まる1996年、国民は生ける屍のように暮らしており、さらに世界的な異常気象と不作、物価高に苦しめられていた。日本から海外へ行かれる唯一の空港、三沢基地周辺には、隙あらば基地に侵入し密航しようとする人々が集まり、日本で最も活気のある町「スノウ・シティ」(吹き溜まりの意)をつくっていた。第五惑星アスカ フレッシュアイペディアより)

  • タカラバイオ

    タカラバイオから見た白血病白血病

    2008年10月7日 - 再発白血病に対するHSV-TK遺伝子治療の治験を開始。タカラバイオ フレッシュアイペディアより)

  • 前骨髄球

    前骨髄球から見た白血病白血病

    前骨髄球(ぜんこつずいきゅう、英: promyelocyte)とは、造血の過程でみられる細胞のひとつ。造血幹細胞が好中球などの顆粒球へと分化・成熟する過程において、骨髄芽球と骨髄球の間の段階である。健常時には骨髄中にのみ存在するが、白血病や悪性腫瘍の骨転移などによって類似した形態の細胞が末梢血中で観察されることもある。前骨髄球 フレッシュアイペディアより)

  • ベンザイン

    ベンザインから見た白血病白血病

    このメカニズムを利用して、白血病の治療薬としての利用が行なわれている。ベンザイン フレッシュアイペディアより)

  • デメトリオ・ストラトス

    デメトリオ・ストラトスから見た白血病白血病

    1979年に元PFMのマウロ・パガーニ、元アレアのパオロ・トファーニ等と新バンドを結成し、ライブ・アルバム『Rock and roll exhibition』を作成するが、白血病に倒れニューヨークの病院に入院。彼の治療を支援する為のコンサートが企画されたが、その前日の6月13日に死去。34歳。翌日の追悼コンサートでは数万人の聴衆が彼の死を悼んだ。デメトリオ・ストラトス フレッシュアイペディアより)

  • 牛白血病ウイルス

    牛白血病ウイルスから見た白血病白血病

    一般的に牛白血病ウイルスはウシに単核症(:en:mononucleosis)様の良性疾患を引き起こす。一部のウシのみ地方病性牛白血病と呼ばれるB細胞性白血病に進行する。自然環境下ではウイルスは乳汁を介して伝播する。リンパ球から伝播することもある。よって人工感染には感染細胞またはより安定で熱抵抗性のあるDNAが用いられる。ウイルス粒子は検出が困難で、人工的な感染伝播の目的では用いられない。自然界でのレゼルボアはスイギュウであると考えられている。牛白血病ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • エド・ビショップ

    エド・ビショップから見た白血病白血病

    ビショップは、『謎の円盤UFO』ではフォスター大佐を演じた俳優マイケル・ビリントンの死去からわずか5日目に亡くなった。死因は、白血病治療の副作用による免疫不全を原因とする胸部感染症とされている。墓はイギリス中部、ウォリックシャー州ネプトンのセントローレンス・ペリッシュ教会にある。1988年に自動車事故で亡くなった息子のダニエルの墓の2メートル横に、灰色の砂岩で平和の印を刻んだ同様のデザインの墓石が建てられている。エド・ビショップ フレッシュアイペディアより)

  • HL60細胞

    HL60細胞から見た白血病白血病

    HL-60 (Human promyelocytic leukemia cells) 細胞株は、白血病細胞株であり、実験室で、血液細胞の分化の研究に用いられている。HL-60は、浮遊細胞であり、ウシ胎児血清 (FBS) やL-グルタミン、HEPES、抗生物質が添加された細胞培養培地中で継続的に増殖する。は約36-48時間である。HL-60細胞株は、アメリカ国立癌研究所 (NCI) のの36歳の女性に由来する。HL-60細胞は、主に好中球性の前骨髄球(前駆体)である。HL60細胞 フレッシュアイペディアより)

  • リブ・フォー・ライフ美奈子基金

    リブ・フォー・ライフ美奈子基金から見た白血病白血病

    リブ・フォー・ライフ美奈子基金( - みなこききん)は日本の特定非営利活動法人である。白血病などの難病に苦しむ患者を支援する活動を行っている。通称は「LIVE FOR LIFE」または「リブ・フォー・ライフ」。急性骨髄性白血病のため入院中だった歌手の本田美奈子.の発案により設立され、本田の逝去後は彼女の遺志を受け継いだ生前の関係者たちによって運営されている。代表者は服部克久。リブ・フォー・ライフ美奈子基金 フレッシュアイペディアより)

  • ロス・カルカス

    ロス・カルカスから見た白血病白血病

    1992年、多くのヒット曲の作曲を手がけた中心メンバーの一人、ウリーセス・エルモサ(Ulises Hermosa)が白血病で亡くなっている。さらに、80年代に中心メンバーだったFernando Torrico (チャランゴ) とEdwin Castellanos (サンポーニャ・ボンボ・ギターなど) がグループを離れて、新たにTUPAY (トゥパイ) というグループを結成した。しかしその後もボリビアを代表するフォルクローレ・グループとして活躍を続けている。下記にあるとおり、現在チャランゴ奏者は日本人である。ロス・カルカス フレッシュアイペディアより)

491件中 51 - 60件表示

「白血病」のニューストピックワード