607件中 71 - 80件表示
  • ニコラウス・シュナイダー

    ニコラウス・シュナイダーから見た白血病白血病

    ニコラウス・シュナイダーは1970年に結婚し、3人の娘の父親である。末娘は白血病で2005年2月に死去した。彼女は闘病日記を残した。そこで彼女は癌と闘う感情と生命への親しみを表していた。末娘の死後に手記を集めて、シュナイダーは妻と共に闘病日記を出版した。ニコラウス・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • B細胞前リンパ球性白血病

    B細胞前リンパ球性白血病から見た白血病白血病

    B細胞前リンパ球性白血病(Bさいぼうぜんリンパきゅうせいはっけつびょう 英:B-cell Prolymphocytic leukemia)とはB細胞腫瘍の一つであり、末梢血と骨髄、脾臓でリンパ球が著明に増加し、増加しているリンパ球の55%以上がB細胞前リンパ球である白血病である。略称はB-PLL。非常にまれな血液疾患である。B細胞前リンパ球性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • ポケール

    ポケールから見た白血病白血病

    ジャン・パウロ・アルティニはこの時期、新しい1/8スケール製品としてメルセデス・ベンツ500 K/AKに取り組んでいたが、完成間近の1974年に白血病を患い、数ヶ月後に33歳の若さで死去した。アルティニは心血を注いで新製品の開発を行っていたため、この損失はポケールに非常に重く圧し掛かった。しばらく期間が開いた後、スピリンベルゴのフリウーリモザイク学校で学び、1970年以来アルティニの元で修行してきたジャン・フランコ・ファビリス (Gian Franco Fabris ) が開発を引き継いだ。メルセデス・ベンツ500 Kはアルティニの遺作となり、1975年に発売された。ポケール フレッシュアイペディアより)

  • 加藤卓男

    加藤卓男から見た白血病白血病

    1945年(昭和20年)徴兵された広島市で被爆。白血病を発症し約10年間、闘病生活を送る。加藤卓男 フレッシュアイペディアより)

  • アマンダ・ウィン=リー

    アマンダ・ウィン=リーから見た白血病白血病

    2004年11月にアマンダとジェイソン・リーの息子 ニコラス・リーが誕生した。すぐに彼女の息子には小児白血病の罹患が見つかり、彼は1歳の誕生日を待たずして大がかりな治療を余儀なくされた。息子の世話のため、アマンダとジェイソンは数年の間、どんな新しいプロジェクトにも関わることはなかった。しかしながらニコラスは、医師団が彼の癌再発の危険性のベンチマークとしていた2008年11月までの3年間に発症することはなく事実上癌は消失している。アマンダ・ウィン=リー フレッシュアイペディアより)

  • 第7染色体異常 (血液)

    第7染色体異常 (血液)から見た白血病白血病

    血液疾患における第7染色体異常 あるいは第7番染色体異常、モノソミー7/7q31欠失 (英名:monosomy7,-7/del(7q))とは血液疾患、特に骨髄異形成症候群や各種白血病でみられることが多い染色体異常である。第7染色体異常 (血液) フレッシュアイペディアより)

  • JUDAS

    JUDASから見た白血病白血病

    物語の語り部的な人物。わずか16歳にして白血病の特効薬を開発するほどの天才的な頭脳の持ち主で、「日本の誇る天才」と言われテレビで取り上げられるほど有名。幼い頃に両親に捨てられ、兄共々孤児院に収容され育てられた。JUDAS フレッシュアイペディアより)

  • 宅見雅幸

    宅見雅幸から見た白血病白血病

    しかし、2008年3月27日、白血病のため道半ばで永眠した。27歳没。宅見雅幸 フレッシュアイペディアより)

  • インターロイキン-5

    インターロイキン-5から見た白血病白血病

    IL-5のcDNAは1986年にマウスT細胞からクローニングが行われ、引き続いてヒトT細胞系白血病細胞からIL-5cDNAの単離が行われた。ヒトIL-5cDNAは134個のアミノ酸をコードしているが、そのうち19個はリーダー配列である。残りがコーディング配列であり、115個のアミノ酸からなる成熟IL-5をコードする。分子量は45-60kDaと幅広いが、これは糖鎖付加が原因である。IL-5はホモ二量体を形成することが知られており、IL-5分子間のジスルフィド結合によるものである。IL-5の構造中には4つのαヘリックス構造からなるヘリックスバンドル構造を含み、それぞれのα-ヘリックスはアミノ基側末端からA,B,C及びDと呼ばれる。各ヘリックス間にはループ構造がはさまれており、ヘリックスAとヘリックスB、ヘリックスCとヘリックスDはやや長めのループ1及びループ3によりつながれている。一方で、ヘリックスBとヘリックスCをつなぐループ2は短いターン構造である。カルボキシル基側にある領域(アミノ酸残基89-92)はヒトIL-5とマウスIL-5の間でよく保存されており、後述するIL-5受容体との結合に関与する。インターロイキン-5 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス学

    ウイルス学から見た白血病白血病

    ヒトに感染するウイルスは多くの疾病の原因となるが腫瘍の原因となる腫瘍ウイルスも発見されている。腫瘍ウイルスの存在が示唆されたのは1908年のことでニワトリ白血病に関するものであった。1936年にBittnerによってウイルス学 フレッシュアイペディアより)

607件中 71 - 80件表示

「白血病」のニューストピックワード