491件中 81 - 90件表示
  • 腫瘍崩壊症候群

    腫瘍崩壊症候群から見た白血病白血病

    特に血液中に大量に腫瘍細胞がある(白血病)場合や、臓器浸潤がある、最初から腎疾患がある、血清中尿酸やリン値が高い事などが見られる場合ならばこの症候群に注意すべきである。腫瘍崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 森田斌

    森田斌から見た白血病白血病

    2011年6月17日、白血病のため神奈川県横浜市の病院で死去。満76歳没。森田斌 フレッシュアイペディアより)

  • クアルテート・エン・シー

    クアルテート・エン・シーから見た白血病白血病

    それ以降は、「RESISTINDO」(1976年のライブ盤)、「QUERELAS DO BRASIL」、(1978年発売のアルバム)、「COBRA DE VIDRO」(1978年、MPB4とのショー)、「EM 1000 KILOHELTZ」(1979年のショー)、「FLICTS」(1980年、絵本作家ジラウド作品の音楽化作品。セルジオ・リカルドと共演)、「INTERPRETA GONZAGUINHA CAETANO IVAN MILTION」(1980年オムニバス盤)などがある。このころ、メンバーのドリーニャが白血病で亡くなってしまう不幸が起きる。しかしシベーリを呼び戻し活動を再開する。それ以降も精力的にリリースを重ね、2006年時点でも活動を継続している。クアルテート・エン・シー フレッシュアイペディアより)

  • アロイス・レクサ・フォン・エーレンタール

    アロイス・レクサ・フォン・エーレンタールから見た白血病白血病

    この宣言は、彼自身が1906年に引きおこした「豚戦争」という貿易摩擦で二重帝国との関係を悪化させたセルビアの激しい反発を呼び起こし、以後半年間にわたる「ボスニア危機」により両国は開戦の淵に立った。しかしそれだけでなくボスニア危機の過程で、南下政策の軸を極東からバルカンに移しつつあったロシアとの関係をも決定的に悪化させるという(オーストリア側にとっては)思いがけない結果を生んだ。また「豚戦争」もセルビアに有利なまま1910年に終息した。この2つはエーレンタール外交にとっては大きな失点となり、失意のエーレンタールは持病の白血病が悪化したため1912年在任のままウィーンで死去した。アロイス・レクサ・フォン・エーレンタール フレッシュアイペディアより)

  • 前川かずお (絵本作家、漫画家)

    前川かずお (絵本作家、漫画家)から見た白血病白血病

    師・馬場のぼるの住む東京都練馬区に昭和30年代から居住し、自宅の庭での家庭菜園を趣味としていた。1991年6月に急性白血病と診断され、東京都港区の虎ノ門病院に入院。体調悪化のため、第25作『ズッコケ三人組の未来報告』が遺作となった。入院中、坂井宏先(後のポプラ社社長)の提案で第26作『ズッコケ三人組対怪盗X』以降の同シリーズの挿絵を高橋信也に引き継ぎ、シリーズ完結前に急性白血病のため、1993年1月13日17時15分、死去。。同年7月17日には漫画家絵本の会の主催により「前川かずお氏追悼の会」が、生前前川が愛した銀座のバー「ナポレオン」で開かれた。前川かずお (絵本作家、漫画家) フレッシュアイペディアより)

  • 陽はまた昇る (1996年のテレビドラマ)

    陽はまた昇る (1996年のテレビドラマ)から見た白血病白血病

    本来は1994年8月26日に放送される予定だったが、渡辺謙が白血病により入院したため、応援のための特別企画として「鍵師2」を繰り上げて放送したことにより、本作は約1年半放送延期された。陽はまた昇る (1996年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 1956年の日本の女性史

    1956年の日本の女性史から見た白血病白血病

    欧州放射線リスク委員会(ECRR)議長アリス・スチュアート(Alice Stewart)、妊娠中被爆による幼児性白血病多発を報告。胎内で放射線に曝された子供は、生後10年以内に癌を発症する確率が2倍であることを突き止めた。1956年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • プール解析

    プール解析から見た白血病白血病

    磁界と小児白血病との関係を調査した9つの疫学研究結果をプール解析。4mG以上の曝露を受けている子供は、白血病のリスクが2倍(95%信頼区間:1.27?3.13)に増加した。プール解析 フレッシュアイペディアより)

  • ナイトロジェンマスタード

    ナイトロジェンマスタードから見た白血病白血病

    細胞毒性に着目して使用された最初の抗がん剤で、白血病や悪性リンパ腫の治療薬として使われていた。クロロエチル基がDNAをアルキル化することによって核酸の合成を妨げ抗腫瘍効果を現す。ナイトロジェンマスタード フレッシュアイペディアより)

  • 寺内タケシとブルージーンズ

    寺内タケシとブルージーンズから見た白血病白血病

    1976年、ソ連に住んでいて寺内の大ファンだという白血病に苦しんでいる8歳の少女に生演奏を聴かせるためにブルージーンズのソ連ツアーを決意、ブレジネフ書記長に直訴の手紙を送ったこともあった。最初はソ連大使館から許可が下りなかったがソ連国立コンサート委員会が彼の演奏に惚れ込みツアーが実現、3千万円の赤字と寺内企画の倒産を覚悟で8月、遂にソ連ツアーを決行した。この最中、9月6日にミグ25事件が起こったため、反日感情が高まり寺内の周囲も不穏な空気に包まれた。寺内はマスコミのインタビューにも固く口を閉ざしていたが、遂にエレバン・スタジアムでのコンサートで「私達は、一人の白血病の少女を見舞うため、ここにやって来た。私達は、日本人の代表として、友好を求めるためにやって来た。私達は、みんなを信じ平和を信じます」と語り、高々とVサインを掲げた。すると1万8千人の大観衆だけでなく、警備の軍隊、寺内を追い回していたマスコミまでもが総立ちになってVサインを掲げた。52日間に及んだこのツアーで観客42万人を動員、大成功に終わった。後に1981年(45日間、観客130万人)、1984年(43日間、観客57万人)にもソ連ツアーを行っている。この功績が認められ1981年12月22日には日本国際連合協会から感謝状と国際連合が発行したピースメダル(ちなみに国連平和賞ではない。当時のマスコミが、ピースメダルと国連平和賞を混同して報道したため、誤解される原因となった)、84年には文化功労賞と音楽功労賞をそれぞれ授与された。なお、この年にはブラジル、アルゼンチンでもツアーを行っている。寺内タケシとブルージーンズ フレッシュアイペディアより)

491件中 81 - 90件表示

「白血病」のニューストピックワード