白鵬翔 ニュース&Wiki etc.

白鵬 翔(はくほう しょう、1985年3月11日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士、第69代横綱(2007年7月場所 - )。本名はムンフバティーン・ダワージャルガル(モンゴル語キリル文字表記:''、ラテン文字転写:Mönkhbatyn Davaajargal;日本相撲協会による公… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「白鵬翔」のつながり調べ

  • 椿欣也

    椿欣也から見た白鵬翔

    第69代横綱白鵬結婚披露宴 ゲスト出演(祝賀・歌を披露)(3月)(椿欣也 フレッシュアイペディアより)

  • 石浦将勝

    石浦将勝から見た白鵬翔

    鳥取城北高校相撲部・石浦外喜義(いしうら・ときよし、石川県出身)監督の長男として生まれ、幼少期から相撲をしていた。母も同校で養護教員を行っている。『暴れん坊将軍』のシーンに力士たちが褌を締めて戦うシーンがあり、それを見てかっこいいと思った石浦は父に相撲をやってみるかと言われ、やりたいといって相撲を始めた。父によると、後に石浦は騙されたような気もすると語っているという。鳥取市立富桑小学校2年生の頃からは因幡相撲道場で本格的に稽古を始め、週2回の稽古の合間には野球や水泳にも打ち込んだ。幼少期は相撲より野球の方が好きであり、阪神タイガースに入団することを夢見ていた。当初相撲の方では小柄であったためなかなか勝てず、道場まで自身を送迎してくれた母には「絶対に稽古を見るなよ」と言っていた。一方でまだ相撲を本格的に始める前であった1年生の頃に6年生に噛みついて歯形を付けるなど負けん気の強さを見せていた。野球では左腕のエースとして活躍していたが、素質を見抜いた道場の倉本新太郎監督に「お前は毎日稽古場に来い」と口説かれ、小学校高学年からは相撲一本に絞った。4年生の頃には体重が30?もなく、中国ブロック上位に入り全日本小学生相撲大会に出場した際には、90?もある北海道代表の選手に初戦で敗れた。中学校は鳥取城北高校と一貫練習を行っている鳥取市立西中学校に進学し、現在は同じ部屋に所属している山口(入門時、幕下付出)とは、ここで出会うことになった。中学時代は学校が近隣ではあったが寮生活を行っており、父からは「これからお父さんとお前はライバルだ。お父さんを超えられるようになれ。そのために外に出るんだぞ」と伝えられた。中学2年生の頃は相撲部の準レギュラーであった高校生に敗れ、厳しい顧問の先生は「気合が入ってない」と怒鳴った。すると石浦は悔しがって稽古場の鉄砲柱に頭突きを加えた。負けん気を活かして石浦は強くなり、2年時の全国中学相撲選手権大会で団体準優勝を果たし、3年次には全国都道府県相撲大会で個人3位に入賞。だが中学時代には鳥取城北高校から日本大学という既定路線が敷かれつつあることを不愉快に思い、商業高校への進学を考えて簿記の勉強をしていたというが、「相撲を辞めたら自分に何が残るか」と自問自答し、これは思いとどまった。高校は父親が相撲部監督を務めている鳥取城北高校に山口と共に進学。石浦家の2階(自宅は3階)ではあるが、寮暮らしを行っていた。1学年下には貴ノ岩がいた。高校在学中は入学直後のインターハイ予選で1位を獲得(2位は山口)し、小・中学時代のような破天荒なエピソードではなく相撲の実力で父を驚かせた。団体戦でレギュラーメンバー入りして団体優勝に導き、個人戦では2・3年次で全日本ジュニア体重別相撲選手権大会の軽量級で2連覇を達成(2年生の時がこの大会の第1回大会)。3年生の時には世界ジュニア選手権の軽量級で優勝し、この時に横綱の白鵬と知り合った。(石浦将勝 フレッシュアイペディアより)

「白鵬翔」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ