前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
366件中 1 - 10件表示
  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見た白鵬翔白鵬翔

    (大相撲)福岡国際センターで行われている大相撲九州場所の千秋楽の28日は、横綱白鵬と前頭豊ノ島との1敗同士の優勝争いとなり、白鵬が豊ノ島を送り出しで下し、5場所連続17度目の優勝を遂げた。大関陣は、琴欧洲が8勝7敗、把瑠都が11勝4敗、魁皇が12勝3敗で勝ち越したが、関脇・小結の4力士は負け越した。殊勲賞は稀勢の海(3回目)、敢闘賞・技能賞ともに豊ノ島。スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の相撲

    2015年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    1月18日 - 【大相撲】横綱白鵬が安美錦に勝ち史上4人目の横綱通算600勝を達成(在位45場所目での達成は史上最速)2015年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の相撲

    2016年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    19日 - 【大相撲】横綱白鵬が10勝目を挙げて横綱在位中の2桁白星は50場所目となり、北の湖の記録を抜いて史上単独1位となった。2016年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の相撲

    2017年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    【大相撲】1月場所7日目で横綱白鵬の横綱としての出場回数が819回となり、北の湖の記録を抜いて歴代単独1位となる。2017年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た白鵬翔白鵬翔

    朝青龍の全盛期であり、7場所連続優勝、年間全場所優勝、年間最多勝84勝などの記録を更新した。1990年代に主流だったハワイ出身の大型力士が引退して皆無となったが、代わりに東アジア諸国出身力士の日馬富士と、把瑠都・琴欧洲などのヨーロッパ諸国の出身力士が次々と入幕を果たして幕内力士の3割が外国人力士になる。白青(白鵬・朝青龍)時代のモンゴル力士時代で、横綱(白鵬)は2009年(平成21年)に年間最多勝記録を更新して86勝をした。大相撲が国際化した時代である。また日本人力士の高学歴化として学生相撲出身者が増加して中卒のたたき上げの力士が減少する。時津風部屋力士暴行死事件・大相撲力士大麻問題・朝青龍の不祥事による横綱の品格問題など日本相撲協会の不祥事が頻発した。北の湖理事長の方針で2003年(平成15年)11月場所を最後に、公傷制度が廃止された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の相撲

    2014年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    1月12日 - 【大相撲】この日、初場所(両国国技館)の初日を迎え、白鵬が栃煌山を押し出しで破り、大鵬の記録を更新する史上最速の76場所での通算800勝(前相撲除く)とし、同時に外国人力士最多勝利タイ記録の幕内通算706勝2014年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    1月23日 - 【大相撲】大相撲一月場所十四日目。横綱朝青龍明徳が大関日馬富士公平を下手投げで下し25回目の幕内最高優勝。優勝回数で55代横綱北の湖敏満を抜き歴代3位になった。しかし千秋楽では横綱白鵬翔に敗れ最終成績は13勝2敗。2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の相撲

    2009年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    24日 - 【大相撲】大相撲夏場所は大関日馬富士が横綱白鵬を優勝決定戦で下し14勝1敗で初優勝、伊勢ヶ濱部屋所属力士の優勝は1969年7月場所の大関清國以来40年ぶり。2009年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の相撲

    2006年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    3月29日 - 大相撲の白鵬翔が大関に昇進。2006年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の相撲

    2007年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    5月30日 - 大相撲の大関白鵬翔が第69代横綱に昇進。2007年の相撲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
366件中 1 - 10件表示