224件中 91 - 100件表示
  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・3場所連続15回目)。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年5月場所

    大相撲平成22年5月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・2場所連続14回目)。大相撲平成22年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年11月場所

    大相撲平成20年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(13勝2敗・3場所連続9回目)。大相撲平成20年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年7月場所

    大相撲平成23年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    横綱・白鵬はいつものように初日から連勝し、大関・日馬富士も同じく初日から連勝した。大関昇進を目指す関脇・琴奨菊は初日は敗れたものの中日までに1敗を守った。中日次点で白鵬と日馬富士の2人が全勝で把瑠都と琴奨菊と豊真将と新入幕の高安と同じく新入幕の富士東が1敗で追いかける展開となった。大相撲平成23年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年11月場所

    大相撲平成23年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所連続21回目)。大相撲平成23年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 東西声

    東西声から見た白鵬翔白鵬翔

    「(呼出)とざい、とーざい。(立行司)番数も取り進みましたるところ、片や、白鵬、白鵬、こなた、日馬富士、日馬富士。この相撲一番にて本日の打ち止め」。東西声 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    横綱白鵬(宮城野部屋)が14勝1敗で18回目の優勝をした。2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • オロナミンCドリンク

    オロナミンCドリンクから見た白鵬翔白鵬翔

    白鵬翔(大相撲大関:つっぱり指南編)オロナミンCドリンク フレッシュアイペディアより)

  • 昇進伝達式

    昇進伝達式から見た白鵬翔白鵬翔

    ただし、平成18年(2006年)3月場所後の大関昇進伝達式と、及び平成19年(2007年)5月場所後の横綱昇進伝達式での白鵬翔の場合、当時の師匠だった宮城野親方(元十両金親和行)夫妻が同席していた。だが白鵬が大相撲入門時から育ての親であった、当時部屋付きの熊ヶ谷親方(元前頭竹葉山真邦)の伝達式出席は共に認められず、別席から眺める形式となった。しかし当時の北の湖敏満理事長は、白鵬の横綱昇進時に横綱審議委員の内館牧子から「白鵬の師匠は誰ですか?」の質問に「熊ヶ谷です。今迄そうしてきたし、今後も熊ヶ谷が指導すべき」と返答していた(なお平成22年(2010年)11月場所後、諸事情により熊ヶ谷と宮城野との名跡を交換したため、現在は宮城野親方(元竹葉山)が横綱白鵬の正式な師匠となっている)。昇進伝達式 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年1月場所

    大相撲平成24年1月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    新大関稀勢の里は4日目に土。序盤5日間終わって全勝は横綱白鵬、大関把瑠都、琴欧洲、日馬富士の4人で、それを1敗7人が追う展開。日馬富士は6日目、琴欧洲は7日目にそれぞれ土がつき、中日終了時点では全勝2人、1敗2人の展開になった。翌9日目に1敗琴欧洲は日馬富士に敗れて2敗に後退したが、10日目に白鵬が関脇鶴竜に敗れて1敗に後退したため、把瑠都が単独トップで1敗2人という展開となった。大相撲平成24年1月場所 フレッシュアイペディアより)

224件中 91 - 100件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード