366件中 11 - 20件表示
  • 琴欧洲勝紀

    琴欧洲勝紀から見た白鵬翔白鵬翔

    2007年9月場所では新入幕の豪栄道の活躍で、大関という立場では対戦があるはずの大関・千代大海、横綱・白鵬との取組が外されてしまった。さらに、横綱・朝青龍、大関・魁皇が休場、大関・琴光喜が同部屋所属のため、大関なのに大関以上との対戦がないという事態となった。さらに、そのような事態にもかかわらず下位力士に大きく取りこぼし、8勝7敗に終わった。琴欧洲勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た白鵬翔白鵬翔

    朝青龍の全盛期であり、7場所連続優勝、年間全場所優勝、年間最多勝84勝などの記録を更新した。1990年代に主流だったハワイ出身の大型力士が引退して皆無となったが、代わりに東アジア諸国出身力士の日馬富士と、把瑠都・琴欧洲などのヨーロッパ諸国の出身力士が次々と入幕を果たして幕内力士の3割が外国人力士になる。白青(白鵬・朝青龍)時代のモンゴル力士時代で、横綱(白鵬)は2009年(平成21年)に年間最多勝記録を更新して86勝をした。大相撲が国際化した時代である。また日本人力士の高学歴化として学生相撲出身者が増加して中卒のたたき上げの力士が減少する。時津風部屋力士暴行死事件・大相撲力士大麻問題・朝青龍の不祥事による横綱の品格問題など日本相撲協会の不祥事が頻発した。北の湖理事長の方針で2003年(平成15年)11月場所を最後に、公傷制度が廃止された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 懸賞 (相撲)

    懸賞 (相撲)から見た白鵬翔白鵬翔

    横綱・大関クラスの取組ともなると、かなりの数(多い場合は40本以上)の懸賞がかけられる。2005年(平成17年)9月場所千秋楽結びの一番である朝青龍vs栃東は当時史上最多となる49本の懸賞がついた。さすがにこれだけの数になると、制限時間の間懸賞の垂れ幕が土俵を回り続けることになり、仕切りの緊張感を殺ぐという意見が出たため、2006年(平成18年)1月場所からは1つの取組につき50本(東京場所は後述の森永賞を含めて51本)までという制限が設けられることになった。2006年(平成18年)9月場所千秋楽結びの一番、朝青龍vs白鵬に初の制限いっぱいの51本の懸賞がかけられた。ただし横綱クラスでも毎回のように大量の懸賞がかけられるとは限らず、2008年1月場所で朝青龍の取組にかけられた懸賞は、謹慎処分明けということもあって横綱としては異例の2本であった1。白鵬翔が最多記録となる33度目の優勝を決めた2015年1月場所千秋楽および稀勢の里寛が初優勝を果たした2017年1月場所千秋楽は、懸賞依頼が殺到し、緊急措置として60本(森永賞を含めて61本)の懸賞が設けられ、現在はこれが懸賞最多記録となっている。のちに相撲人気の上昇や懸賞の拡大もあって、2017年3月場所の時点で1つの取り組みにつき最大60本の懸賞が認められている。懸賞 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年3月場所

    大相撲平成24年3月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(13勝2敗・22回目)。大相撲平成24年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年11月場所

    大相撲平成24年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・23回目)大相撲平成24年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年11月場所

    大相撲平成28年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    休場明けの横綱白鵬は今場所3番勝てば千代の富士・魁皇に次いで史上3人目の通算1000勝を達成するとあって、その取組に注目された。大相撲平成28年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年7月場所

    大相撲平成20年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・3場所ぶり7回目)。大相撲平成20年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年3月場所

    大相撲平成28年3月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・4場所ぶり36回目)。大相撲平成28年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の相撲

    2012年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    7月22日 - 【大相撲】名古屋場所で1983年9月場所以来、29年ぶりに「横綱・白鵬翔対大関・日馬富士公平」による14戦全勝での相星決戦が行われ、対戦の結果日馬富士が寄り切りで勝ち日馬富士が3度目の優勝で初めて全勝をした。2012年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    1月22日 - 【大相撲】初場所14日目1敗の白鵬翔が把瑠都凱斗に勝ち2敗で追っていた隠岐の海歩が稀勢の里寛に敗れた為白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定。年6場所制後6連覇は1962年名古屋?1963年夏場所、1966年春場所?1967年初場所の大鵬幸喜、2004年九州?2005年九州場所(7連覇)の朝青龍明徳に次いで史上3人目。2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

366件中 11 - 20件表示