366件中 21 - 30件表示
  • 2005年の相撲

    2005年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    史上初の7連覇・年間6場所完全制覇、年間最多勝利記録を更新する84勝など、この年も横綱・朝青龍の強さが際だつ1年となった。その一方で琴欧州を筆頭に、白鵬、稀勢の里、普天王など若手力士の台頭も見られた。2005年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成29年5月場所

    大相撲平成29年5月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(15戦全勝・6場所ぶり38回目)大相撲平成29年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た白鵬翔白鵬翔

    先輩横綱である輪島は最高の好敵手であり、「輪湖 (りんこ) 時代」を築いた。輪島との通算成績は21勝23敗でほぼ互角で、優勝は両者合わせて38回 (柏鵬の37回を上回る) 。特に1975年9月 - 1978年1月までの15場所間の千秋楽結びの一番は全て「輪島 - 北の湖」という対戦で、千秋楽の結び対戦連続回数15回は史上1位である (2位は白鵬 - 日馬富士の10回、3位は朝青龍 - 白鵬の7回) 。この対戦は、右上手十分の北の湖に対して、輪島は左下手投げを得意としたこともあり、立合いからガップリ四つの横綱同士の力相撲となることが常だった。ちなみに、輪島 - 北の湖による千秋楽結び対戦回数は22回あり、曙 - 貴乃花の27回に次いで、史上2位。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た白鵬翔白鵬翔

    引退相撲・断髪式は2013年10月6日に両国国技館で行われ、断髪式ではやくみつる、中尾彬、白鵬翔ら角界・芸能界の著名人が大銀杏にはさみを入れた後、入門時の師匠である先代東関・高見山が最後に大銀杏を切り落とした。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大龍秀政

    千代大龍秀政から見た白鵬翔白鵬翔

    2013年2月10日の大相撲トーナメントの3回戦でまだ本場所での対戦のない白鵬に外掛けで破り殊勲の星を挙げたが、準々決勝で琴欧洲に敗れた。千代大龍秀政 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た白鵬翔白鵬翔

    三役以上 白鵬翔、琴奨菊和弘(当初は野球賭博に関与と報道されていた)、稀勢の里寛大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱

    横綱から見た白鵬翔白鵬翔

    白鵬翔は、2006年(平成18年)5月場所と7月場所を14勝(優勝)、13勝(次点)の成績を残しながらも、朝青龍に独走を許したのがマイナス要因となり理事長から横審への諮問がなかった。新大関から2場所での横綱昇進は年6場所制で初めてとなるため、特に高いレベルでの連覇が求められたためもある。関脇時代の1月場所からの4場所連続13勝以上は、考慮されなかった。翌9月場所は再び昇進のチャンスだったが8勝7敗の成績不振で綱取りは振り出しになった。2007年(平成19年)3月場所は13勝(優勝)したが、優勝決定戦の内容が立合いの変化であったため印象が悪く翌5月場所は十分な内容が求められた。その5月場所で自身初の全勝優勝という文句なしの成績を残し、横綱昇進を果たした。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た白鵬翔白鵬翔

    5月場所は、6日目(同年5月14日)に平幕の北勝力戦で一方的に敗れてしまい、連勝記録が「35」(史上6位)でストップ。最終的にこの場所は13勝2敗となったが、千秋楽(5月23日)にモンゴルの後輩、白鵬が立合いの変化で北勝力を破って「援護射撃」を果たすと、自身も結びの一番に勝って迎えた優勝決定戦で北勝力を破り3場所連続優勝を達成。部屋、一門の枠を超えて白鵬と喜びを分かち合った。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年7月場所

    大相撲平成24年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    優勝争いは前半7日間が終わって、全勝が横綱白鵬、大関把瑠都、日馬富士と平幕大道の4人で、それを1敗4人が追う展開だった。全勝のうち把瑠都と大道は中日から3連敗で優勝争いから脱落、1敗力士も次々脱落し、中盤戦10日間が終わると、全勝2人を1敗の魁聖が追う展開となっていた。大相撲平成24年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・6場所連続18回目)。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

366件中 21 - 30件表示