224件中 31 - 40件表示
  • 幕内最高優勝賞品

    幕内最高優勝賞品から見た白鵬翔白鵬翔

    ※ 基本的に内閣官房副長官クラスの政治家が手渡すことになっているが、首相本人や内閣官房長官が手渡す場合もある。2001年5月場所(優勝:貴乃花)では首相就任直後の小泉純一郎本人が、2009年1月場所(優勝:朝青龍)・2009年5月場所(優勝:日馬富士)では麻生太郎本人が、2009年9月場所(優勝:朝青龍)では首相就任直後の鳩山由紀夫本人が、2010年9月場所(優勝:白鵬)では菅直人本人が、2013年1月場所(優勝:日馬富士)では安倍晋三本人が手渡した。ちなみに2006年9月場所の安倍(当時。このとき次期首相就任が確定していた)や、2009年5月場所の平野博文のように内閣官房長官が手渡すする例もある(ただ、この時の平野は優勝力士白鵬翔の名を読み上げる際に「ハク ホウショウ」と誤読して問題になっている)。かつては地方場所(大阪・名古屋・博多)はその地元選出の政務次官クラスが渡していた。今でも、東京場所は内閣官房副長官が多いが、地方場所はその地方場所開催地の近くの選出の議員で以前の政務次官クラス(副大臣・政務官)の議員が渡す時もある。いずれにしても、総理大臣杯は相当の重量があるため、呼び出しが補助について持ち上げるのが普通である。幕内最高優勝賞品 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た白鵬翔白鵬翔

    22日 - 【相撲】初場所14日目1敗の白鵬翔が把瑠都凱斗に勝ち2敗で追っていた隠岐の海歩が稀勢の里寛に敗れた為白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定。年6場所制後6連覇は1962年名古屋?1963年夏場所、1966年春場所?1967年初場所の大鵬幸喜、2004年九州?2005年九州場所(7連覇)の朝青龍明徳に次いで史上3人目。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 朝赤龍太郎

    朝赤龍太郎から見た白鵬翔白鵬翔

    その後は下位で大勝ちすることもあるが上位にはなかなか通じずに大敗するといった状況が続き、更には右膝を痛めてしばらく低迷した。それでも次第に地力をつけて2006年3月・5月は10勝5敗と連続2桁勝利。特に5月場所は上位で初めて勝ち越したのみならず4大関(魁皇、栃東(現玉ノ井)、千代大海、琴欧州(現・琴欧洲))を破る健闘を見せて、敢闘賞を受賞。翌場所には稀勢の里と同時に新三役(小結)を果たした。新三役の場所では初日に綱取りを目指していた白鵬を破ったが、翌日の魁皇との取組で左足の靭帯を痛め、翌日から休場してしまった。朝赤龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年7月場所

    大相撲平成24年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    優勝争いは前半7日間が終わって、全勝が横綱白鵬、大関把瑠都、日馬富士と平幕大道の4人で、それを1敗4人が追う展開だった。全勝のうち把瑠都と大道は中日から3連敗で優勝争いから脱落、1敗力士も次々脱落し、中盤戦10日間が終わると、全勝2人を1敗の魁聖が追う展開となっていた。大相撲平成24年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 力士

    力士から見た白鵬翔白鵬翔

    力士になるための条件に日本国籍は含まれないため、外国籍を持つ者が力士になることもできる。以前はハワイ出身のアメリカ人力士が多かったが、2010年現在、白鵬をはじめとするモンゴル出身力士が多勢を占めており、琴欧州(ブルガリア)や把瑠都(エストニア)などのヨーロッパ出身の力士も少数ながら在籍する。力士 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た白鵬翔白鵬翔

    5月30日 - 大相撲で白鵬翔が史上4人目の外国人横綱となる。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 大関

    大関から見た白鵬翔白鵬翔

    近年では2012年(平成24年)1月場所新大関・稀勢の里の直前3場所の成績は、10勝-12勝-10勝で千代大海同様に合計32勝13敗であった。前年の2011年(平成23年)11月場所に琴奨菊が昇進するまで日本人大関が不在であり、又直前6場所を全て勝ち越し10勝以上が5場所という安定した成績や、さらに平成の大横綱・白鵬との幕内対戦が直近6場所で3勝3敗と互角の成績を挙げている事などが評価された。但し稀勢の里の場合、11月場所千秋楽の結果を待たずに相撲協会の理事会で決定したが、稀勢の里を昇進させると当時史上最多の5大関(現在史上最多数は2012年5月?9月場所の6大関)となり、しかも幕内優勝経験が一度も無いまま3場所33勝未満で昇進させることへ疑問の声も一部にあった。例として「千秋楽の琴奨菊戦を見て決めるべきだった(結果稀勢の里は琴奨菊に敗北)」「新大関の直前場所で10勝留まりは1972年(昭和47年)11月場所の貴ノ花以来例が無し」「相撲人気を向上させる為の無理矢理な大関誕生では」など挙げられている。大関 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル国

    モンゴル国から見た白鵬翔白鵬翔

    朝青龍、白鵬、日馬富士の直近の横綱3名に加え、現大関の鶴竜、高齢での幕内初優勝を達成した旭天鵬など多くの大相撲力士を輩出し、歴代外国人力士の最多輩出国となっている。相撲以外のスポーツではプロボクサーのラクバ・シンが日本で畑山隆則を降しモンゴル初の世界チャンピオンに輝いている。モンゴル国 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た白鵬翔白鵬翔

    1987年前半は僅かに崩れたことで千代の富士時代は終わりに近づいたとの声が高まり、「次の時代を担う力士は誰か」というアンケートまで実施された。しかしその声を打ち消すかのように、1988年5月場所7日目から11月場所14日目まで53連勝を記録するなど、他を寄せ付けない強さで1980年代後半から平成初期にかけての「千代の富士時代」を築き上げた。53連勝で止まった1988年11月場所千秋楽(対大乃国康戦)が奇しくも昭和最後の取組となる。53連勝は2013年1月場所現在、双葉山定次(69連勝)、白鵬翔(63連勝)に次いで歴代3位である。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た白鵬翔白鵬翔

    新入幕の2006年5月場所は序盤で2敗を喫するも、そこから素質の高さを見せて勝ち進み13日目終了まで2敗をキープする。最終盤の2日間は、この場所優勝を争った関脇雅山と大関白鵬に連敗を喫したが、11勝4敗で優勝次点の成績をおさめ、自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。前相撲から13場所目での三賞受賞は栃東、琴欧州(現・琴欧洲)と並び史上最速である。またこの場所の千秋楽で三役揃踏を行ったが、新入幕でこれをつとめた力士は1973年9月場所の大錦以来33年ぶり、史上2人目のことであった。また、前相撲から13場所目でのこれより三役出場も琴欧州を抜いて史上最短の記録。このとき、あまりの出世の早さ(および独特の髪質)が影響して大銀杏が結えなかったため、ちょん髷姿で揃い踏みを行った。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

224件中 31 - 40件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード