366件中 41 - 50件表示
  • 大相撲平成26年7月場所

    大相撲平成26年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(13勝2敗・2場所連続30回目)。大相撲平成26年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • これより三役

    これより三役から見た白鵬翔白鵬翔

    最多出場回数:白鵬翔(66回)これより三役 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成29年1月場所

    大相撲平成29年1月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    先場所優勝の鶴竜と、日馬富士の2横綱が休場したこの場所は、初日から白鵬と稀勢の里の二人が7連勝で場所を引っ張る。しかし8日目、稀勢の里は隠岐の海を土俵際の逆転で破って全勝をキープしたものの、白鵬は初顔の荒鷲にまさかの不覚を取り1敗に後退。続く9日目は稀勢の里がカド番で2勝6敗と絶不調の琴奨菊に敗れて全勝が消えたものの、白鵬もその弟弟子である高安にあっさりと押し出され2敗に後退。この時点で2敗だった貴ノ岩、逸ノ城、蒼国来に並んだ。その後二人が白星を積み重ねたのに対し、蒼国来は12日目に、貴ノ岩と逸ノ城は13日目に3敗目を喫した。そして14日目、稀勢の里が逸ノ城を破ったことで3敗勢の優勝可能性が消滅。そしてその後の取り組みで白鵬がまたしても初顔の貴ノ岩に敗れ3敗となったことで、稀勢の里の初優勝が決定した。稀勢の里は千秋楽の白鵬戦でも土俵際のすくい投げで勝利し、優勝に花を添えた。大相撲平成29年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 全6場所制覇

    全6場所制覇から見た白鵬翔白鵬翔

    この記録が注目されるようになったきっかけは曙の時代あたりからであり、本格的に論じられるようになったことは比較的新しい。2008年7月場所において白鵬がこの記録を達成したときには朝日新聞・毎日新聞(いずれも2008年7月26日付)をはじめとして複数のスポーツ新聞においても過去にさかのぼって記録達成者の一覧が掲載され、偉業として扱われることが定着したといってよい。全6場所制覇 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年5月場所

    大相撲平成28年5月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・2場所連続37回目)。大相撲平成28年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の相撲

    2008年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    横綱・白鵬翔(宮城野部屋 モンゴル・ウランバートル出身)(3場所連続6回目) - 14勝1敗2008年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 千代白鵬大樹

    千代白鵬大樹から見た白鵬翔白鵬翔

    横綱白鵬と四股名が比較されるが、命名されたのはこちらが先である(千代白鵬への改名は1999年11月場所、白鵬の初土俵は2001年3月場所)。元は、中国の伝説の不死鳥「鵬」と白星から取ったという1。千代白鵬大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成27年11月場所

    大相撲平成27年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    先場所12勝3敗ながら優勝を果たし、自身初の連覇を目指す横綱鶴竜は初日に分の悪い嘉風に、5日目もこれまた分の悪い妙義龍にそれぞれ敗れて序盤に2敗。その後も分の悪い相手に黒星を喫し続けて、最終的には一桁白星となる9勝6敗に終わった。ただ、千秋楽には優勝を争っていた白鵬を破るなど横綱の意地は見せた。先場所12勝3敗で優勝決定戦に進出した大関照ノ富士は先場所13日目に負傷した膝の怪我が治りきっておらず、9日目を終わって4勝5敗と負けが込んでいた。しかし、その後は優勝を争っていた白鵬を長い相撲の末破るなど白星を重ねて9勝6敗に終わった。稀勢の里は9日目まで8勝1敗と優勝争いに絡んでいたが、10日目からは4連敗を喫して大幅に失速し、10勝5敗に終わった。ただ、千秋楽には優勝争いの単独トップに立っていた横綱日馬富士を破っている。琴奨菊は中日までは7勝1敗と好調だったが、9日目からは一転して4連敗を喫するなどこちらも大幅に失速し、13日目に勝ち越しを決めたが、左前脛骨筋挫傷で14日目から休場して8勝6敗1休に終わった。角番の豪栄道はまさに一進一退という状況で、千秋楽に栃煌山を破って何とか勝ち越しを決めて角番を脱出した。大相撲平成27年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た白鵬翔白鵬翔

    新入幕で初めて敗れた柏戸と競い合い、終戦直後の復興から高度経済成長期の相撲黄金時代を支え、1961年(昭和36年)に揃って横綱に推挙、「柏鵬(はくほう)時代」と言われる黄金時代を築いた。後に第69代横綱となった白鵬翔の四股名は、この両横綱に由来する。新横綱の場所である1961年(昭和36年)11月場所、1962年(昭和37年)1月場所と連続優勝を果たすと、同年7月場所から1963年(昭和38年)5月場所まで最初の6連覇を達成した。ところが、「型のある相撲」と評されていた柏戸が休場を繰り返していたことで、「型のない相撲」の大鵬が一人勝ちしている状況から観客が減少気味となり、大鵬の全盛期は相撲の人気低迷期と一致した。NET(現在のテレビ朝日)は1964年5月限りで、日本テレビとTBSは1965年1月限りで大相撲中継から撤退しており、大相撲中継の勢いが落ちたのも大鵬の常勝による土俵のマンネリ化が原因であるとされている。この連覇直後から神風正一などから「(大鵬の相撲には)型がない」と盛んに批判されたが、二所ノ関は「型がないのが大鵬の型」と反論していた。大鵬自身は当時の時津風理事長が言った「『これは大鵬しかできるものがいなかった』という相撲の内容を示せばいい。後世に至ってもどの力士も真似のできないもの、それが大鵬の型である」という言葉で自分の相撲に確信を持てるようになったという。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年3月場所

    大相撲平成21年3月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(15戦全勝・2場所ぶり10回目)。大相撲平成21年3月場所 フレッシュアイペディアより)

366件中 41 - 50件表示