224件中 41 - 50件表示
  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た白鵬翔白鵬翔

    2004年11月場所、貴乃花に次ぐ年少2番目の記録(18歳3カ月)で番付を駆け上がり新入幕を果たす。同時にこれまで本名のままで取っていた四股名を「稀勢の里」と改名した。「稀な勢いで駆け上がる」という意味を込めて師匠が提案、本人も納得してつけられた。新入幕からの一年は苦戦が続き、十両時代にも見られた土俵際で粘られてたまたま足が出て勝った相撲や体格に任せて無理矢理倒す相撲(このような相撲で敗れた玉力道(現荒磯)や琴乃峰は膝に重傷を負っている)、相手の叩きにつけ込んだ相撲が多く、また土俵際の逆転を頻繁に許すなど詰めの甘さも目立ち、舞の海秀平には「前に出て土俵際で止まることも勉強しなければいけない」と苦言を呈された。この間は最高成績が9勝6敗で、ぎりぎりの勝ち越しと負け越しを繰り返していたが、2005年9月場所では12勝3敗の好成績を挙げ最後まで優勝争いに残り、また優勝争いの先頭だった琴欧州に土をつけるなどの大活躍で、初の三賞、敢闘賞を受賞した(19歳2カ月での初三賞受賞は貴乃花、白鵬に次ぐ史上3位の年少記録)。しかし、翌11月場所は自己最高位の東前頭5枚目で壁にぶち当たり5勝10敗と大きく負け越した。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 旭天鵬勝

    旭天鵬勝から見た白鵬翔白鵬翔

    2006年7月場所には、当時の現役力士では土佐ノ海と並び史上1位となる幕内連続出場660回を記録した。その後も幕内連続出場は続いたが、2007年5月場所前に人身事故を起こし出場停止処分を受けてこの場所を全休(関取となってから初の休場)し、現役力士では単独1位となっていた幕内連続出場記録は720回で途切れた。8年ぶりに十両へ陥落した翌7月場所では12勝3敗と大きく勝ち越して優勝決定戦まで進出し、優勝決定戦では巴戦で岩木山に敗れたものの、翌9月場所に1場所で幕内へ復帰した。その9月場所では千秋楽まで横綱・白鵬と優勝を争い、最終的には12勝3敗という好成績を挙げて5回目の敢闘賞を受賞した。旭天鵬勝 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た白鵬翔白鵬翔

    2005年1月場所から2006年3月場所までは、途中休場により翌場所大関角番・角番脱出の繰り返しが続き、大関の地位を辛うじて維持するという状況だった。特に9回目の角番となった2006年3月場所は、序盤から本来の相撲が取れず負けが先行すると引退を示唆して、師匠の友綱親方(元関脇魁輝)と相談し負け越したら引退する決意を固めた。しかし7敗してから踏ん張り、千秋楽に朝青龍と優勝争いをしていた白鵬を寄り切って勝ち越しを決めた。2006年5月場所以降、千秋楽まで皆勤の出場場所が増えてはいるが、成績は10勝すらままならず勝ち越しがやっとの状態が多く、特に2005年以降は何度も引退の危機を迎えていた。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • ブフ

    ブフから見た白鵬翔白鵬翔

    朝青龍明徳(高砂部屋)の兄スミヤバザルや白鵬翔(宮城野部屋)の父ムンフバトはハルハ・ブフであり、代々木公園で毎年開催されるブフの大会に参加している蒼国来栄吉(荒汐部屋)はウジュムチン・ブフの潮流である。ブフ フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た白鵬翔白鵬翔

    朝青龍・白鵬の両横綱には、それぞれ1回ずつ勝っている(朝青龍には1勝10敗、白鵬には1勝5敗)。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大龍秀政

    千代大龍秀政から見た白鵬翔白鵬翔

    2013年2月10日の大相撲トーナメントの3回戦でまだ本場所での対戦のない白鵬に外掛けで破り殊勲の星を挙げたが、準々決勝で琴欧洲に敗れた。千代大龍秀政 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た白鵬翔白鵬翔

    非常に強気な面が目立つ力士であり、物怖じしない言動が随所に見られる。既に三役に定着していた2007年(平成19年)9月場所では、新入幕にして優勝争いを展開する新鋭の豪栄道の挑戦を送り吊り落としの大技で退け「三役をなめられては困る」と三役常連としてのプライドを示した。同年11月場所にも「全部勝ちたい。負ける相手はいないと思っている」と強気一辺倒の姿勢で臨み、見事2場所連続の二桁勝利を挙げて大関取りの足固めをした。2008年1月場所前の横審の稽古総見でも復帰した朝青龍と白鵬の両横綱の申し合いにただ1人割って入り、朝青龍にぶつかっていく向こう意気の強さを見せるなどした。このような前向きな姿勢と場所ごとに力強さを増す取り口などから、強力な大関候補として期待されていた。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 琴光喜啓司

    琴光喜啓司から見た白鵬翔白鵬翔

    その7月場所は初日から順調に勝ち星を積み重ね、10日目には新横綱の白鵬の連勝記録を25でストップさせる勝ち星をあげ、初日からの連勝記録は自己最多の10となった。そして14日目にこの場所での13勝目と、関脇の地位で3場所通算35勝をあげ、悲願の大関昇進を決定的なものとした。しかし千秋楽、1敗の状態で勝てば優勝の可能性があるという稀勢の里戦に敗れ優勝ならず、花道で涙をぬぐった。琴光喜啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 和田友良

    和田友良から見た白鵬翔白鵬翔

    和田 友良(わだ ともよし、1952年 - )は、日本の実業家。徳島県出身。横綱白鵬の義父。和田友良 フレッシュアイペディアより)

  • 平成の双葉山

    平成の双葉山から見た白鵬翔白鵬翔

    平成の双葉山 フレッシュアイペディアより)

224件中 41 - 50件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード