366件中 51 - 60件表示
  • 大相撲平成28年1月場所

    大相撲平成28年1月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    前場所優勝の横綱日馬富士は2日目に金星を配給し、横綱鶴竜も3日目に金星を配給して、それぞれ1敗。日本出身力士では最も番付の高かった大関稀勢の里は初日に土が付いて黒星発進となった。他の大関陣も照ノ富士と豪栄道はともに3日目で初黒星となったが、休場明けの琴奨菊だけは大関陣でただ一人全勝を守り、同じく全勝の横綱白鵬と並走する展開となった。7日目に平幕の?安が敗れた後はこの2人だけが連勝を続けた。大相撲平成28年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年1月場所

    大相撲平成20年1月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・3場所連続6回目)大相撲平成20年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 和田友良

    和田友良から見た白鵬翔白鵬翔

    和田 友良(わだ ともよし、1952年 - )は、日本の実業家。徳島県出身。横綱白鵬の義父。和田友良 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年1月場所

    大相撲平成22年1月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    大関陣や、大関昇進を狙う関脇把瑠都らは序盤戦に土が着き、横綱朝青龍も5日目に豪栄道の引き落としに不覚を取り1敗。前場所全勝の横綱白鵬がこの場所も優勝争いの先頭を走り続けるかと思われたが、7日目に把瑠都の掬い投げに破れ、前年9月場所から続いていた連勝は30でストップ。白鵬が1敗に後退したことで、7日目時点で両横綱をはじめ琴欧洲、日馬富士ら9人が1敗で並ぶ混戦となったが、9日目には白鵬、朝青龍、把瑠都の3人にまで絞られた。大相撲平成22年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 琴光喜啓司

    琴光喜啓司から見た白鵬翔白鵬翔

    その7月場所は初日から順調に勝ち星を積み重ね、10日目には新横綱の白鵬の連勝記録を25でストップさせる勝ち星をあげ、初日からの連勝記録は自己最多の10となった。そして14日目にこの場所での13勝目と関脇の地位で3場所通算35勝をあげ悲願の大関昇進を決定的なものとした。朝青龍と共に13勝1敗で迎えた千秋楽は稀勢の里戦に敗れ、その後朝青龍が勝ったため優勝ならず花道で涙をぬぐった。それでも13勝2敗の好成績を挙げた。琴光喜啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成29年11月場所

    大相撲平成29年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所ぶり40回目)。大相撲平成29年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 朝赤龍太郎

    朝赤龍太郎から見た白鵬翔白鵬翔

    その後は下位で大勝ちすることもあるが上位にはなかなか通じずに大敗するといった状況が続き、更には右膝を痛めてしばらく低迷した。それでも次第に地力をつけて2006年3月・5月は10勝5敗と連続2桁勝利。特に5月場所は上位で初めて勝ち越したのみならず4大関(魁皇、栃東、千代大海、琴欧州)を破る健闘を見せて、敢闘賞を受賞。翌場所には稀勢の里と同時に新三役(小結)を果たした。新三役の場所では初日に綱取りを目指していた白鵬を破ったが、翌日の魁皇との取組で左足の靭帯を痛め、翌日から休場してしまった。朝赤龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大潮憲司

    大潮憲司から見た白鵬翔白鵬翔

    自身が所持していた通算勝ち星第1位の964勝を、1989年9月22日(同年9月場所13日目)に千代の富士に抜かれ、それからちょうど20年後の2009年9月22日(同年9月場所10日目)に魁皇にも抜かれ、2016年3月20日(同年3月場所8日目)に白鵬にも抜かれている。大潮憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のスポーツ

    2015年のスポーツから見た白鵬翔白鵬翔

    23日 - 【大相撲】 初場所13日目で横綱・白鵬が33回目の幕内優勝を決め、元横綱・大鵬が持っていた32回を超え、歴代最多優勝記録を更新。2015年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 力士

    力士から見た白鵬翔白鵬翔

    高見山(先代・東関親方)が外国出身外国人力士として初めて十両に昇進、関脇にまで到達したのを皮切りに、小錦が大関まで昇進して人気を集め、曙が外国人初の横綱昇進を果たした。これに武蔵丸が続き、その以後、外国出身力士の横綱昇進が続いていた。2008年初場所の時点ではともにモンゴル出身の朝青龍と白鵬が東西横綱をつとめた。また、2014年には、大相撲史上初めて、3人(白鵬・日馬富士・鶴竜)の外国(いずれもモンゴル)出身力士が横綱に在位することになった。一方、日本人横綱は2003年1月場所で貴乃花が引退したのち、2017年3月場所で稀勢の里が昇進するまで14年間いなかった。力士 フレッシュアイペディアより)

366件中 51 - 60件表示