366件中 61 - 70件表示
  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た白鵬翔白鵬翔

    5月30日 - 大相撲で白鵬翔が史上4人目の外国人横綱となる。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た白鵬翔白鵬翔

    非常に強気な面が目立つ力士であり、物怖じしない言動が随所に見られた。既に三役に定着していた2007年(平成19年)9月場所では、新入幕にして優勝争いを展開する新鋭の豪栄道の挑戦を送り吊り落としの大技で退け「三役をなめられては困る」と三役常連としてのプライドを示した。同年11月場所にも「全部勝ちたい。負ける相手はいないと思っている」と強気一辺倒の姿勢で臨み、見事2場所連続の二桁勝利を挙げて大関取りの足固めをした。2008年1月場所前の横審の稽古総見でも復帰した朝青龍と白鵬の両横綱の申し合いにただ1人割って入り、朝青龍にぶつかっていく向こう意気の強さを見せるなどした。このような前向きな姿勢と場所ごとに力強さを増す取り口などから、強力な大関候補として期待されていた。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 安美錦竜児

    安美錦竜児から見た白鵬翔白鵬翔

    2006年9月場所では11勝4敗の好成績を挙げて3回目の技能賞を受賞し、翌11月場所において新入幕から所要38場所で新小結へ昇進した。この11月場所では兄である安壮富士も同時に幕内に昇進して、兄弟揃っての幕内力士となった。2007年5月場所では朝青龍を破って4個目の金星を獲得し、9勝6敗と勝ち越しを果たして初の殊勲賞を受賞し、西小結の位置で迎えた翌7月場所でも初日に朝青龍を破り、この場所で優勝した朝青龍に唯一の黒星を付けて、8勝7敗と勝ち越しを決めて2場所連続となる2回目の殊勲賞を受賞した。翌9月場所において新入幕から所要43場所で関脇への昇進を果たし、その9月場所では大鵬・千代の富士・琴欧州に続き史上4人目となる新関脇の初日からの8連勝での勝ち越しを達成した。新関脇で初日から8連勝した力士は過去に全員が大関以上に昇進しているが、このことに言及された際には「オレは確実に期待を裏切るね」と記者たちをはぐらかした。その後9日目から5連敗したが、最終的に10勝5敗と二桁勝利を挙げた。翌11月場所でも8勝7敗と勝ち越しを決めたが、翌2008年1月場所では5勝10敗と大きく負け越し、平幕へ陥落した翌3月場所では横綱・白鵬を破り5個目の金星を獲得したものの6勝9敗と負け越した。同年5月場所ではその場所で優勝した琴欧洲に唯一の黒星を付け、10勝5敗の好成績を挙げて3回目の殊勲賞を受賞した。同年9月場所では朝青龍を破って6個目の金星を獲得して8勝7敗と勝ち越しを決め、西小結へ復帰した翌11月場所では1横綱2大関を破る活躍を見せて8勝7敗と勝ち越し、4回目の殊勲賞を受賞した。翌2009年1月場所では関脇へ復帰したものの、中日の朝青龍戦で古傷の右膝を負傷して途中休場した。同年5月場所では朝青龍を破って7個目の金星を獲得したものの5勝10敗と大敗した。続く7月場所では11勝4敗の好成績を挙げて4回目の技能賞を受賞し、2010年1月場所でも11勝4敗の好成績を挙げて5回目の技能賞を受賞した。安美錦竜児 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た白鵬翔白鵬翔

    東前頭筆頭に据え置かれた2007年1月場所では栃東と魁皇の2大関を破る活躍を見せて9勝6敗と勝ち越し、翌3月場所では一気に西関脇へ昇進した。その3月場所では7勝8敗と負け越し、西小結へ下がった同年5月場所でも千秋楽に出島に敗れて7勝8敗と負け越し、翌5月場所では平幕へ陥落した。小結へ復帰した2007年11月場所では初日に横綱・白鵬に初めて勝利して、9勝6敗と勝ち越しを果たして2回目の技能賞を受賞した。翌2008年1月場所では9日目から途中休場したものの、12日目から再出場して9勝を挙げた。西関脇へ復帰した翌3月場所では12日目に横綱・朝青龍に初めて勝利し、8勝7敗と勝ち越しを決めて初の殊勲賞を受賞した。翌5月場所でも8勝7敗と勝ち越したものの、翌7月場所では6勝9敗と負け越して5場所連続して務めた三役から陥落した。以降は大関昇進を期待されながらも、2008年9月場所から2009年5月場所にかけては5場所連続で平幕に留まるなど、三役には定着しきれない日々が続いた。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 合口

    合口から見た白鵬翔白鵬翔

    白鵬翔(横綱) 25-0 栃ノ心剛(関脇)合口 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た白鵬翔白鵬翔

    新入幕の2006年5月場所は序盤で2敗を喫するも、そこから素質の高さを見せて勝ち進み13日目終了まで2敗をキープする。最終盤の2日間は、この場所優勝を争った関脇雅山と大関白鵬に連敗を喫したが、11勝4敗で優勝次点の成績をおさめ、自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。前相撲から13場所目での三賞受賞は栃東、琴欧州と並び史上最速である。またこの場所の千秋楽で三役揃踏を行ったが、新入幕でこれをつとめた力士は1973年9月場所の大錦以来33年ぶり、史上2人目のことであった。また、前相撲から13場所目でのこれより三役出場も琴欧州を抜いて史上最短の記録。このとき、あまりの出世の早さ(および独特の髪質)が影響して大銀杏が結えなかったため、ちょん髷姿で揃い踏みを行った。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た白鵬翔白鵬翔

    【大相撲】 5月場所初日、横綱白鵬が関脇隠岐の海を下し、幕内勝利数を879とした。これによって、幕内勝利数歴代1位の魁皇に並ぶ。2日目には白鵬が西前頭筆頭宝富士を下し、幕内勝利数を880とした。これによって、魁皇を抜いて、幕内勝利数歴代1位となる。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 池田 秀一

    池田秀一から見た白鵬翔白鵬翔

    白鵬密着ドキュメント「オヤジの背中を追いかけて」(2015年2月28日 - TBS/BS-TBS3月1日) - ナレーション池田秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 椿欣也

    椿欣也から見た白鵬翔白鵬翔

    第69代横綱白鵬結婚披露宴 ゲスト出演(祝賀・歌を披露)(3月)椿欣也 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代の日本

    2010年代の日本から見た白鵬翔白鵬翔

    11月15日 - 大相撲で白鵬翔が歴代2位となる63連勝を達成。2010年代の日本 フレッシュアイペディアより)

366件中 61 - 70件表示