366件中 81 - 90件表示
  • 大相撲平成28年7月場所

    大相撲平成28年7月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    先場所、初日から12連勝をするなどして、優勝した白鵬に次ぐ13勝の星を挙げた稀勢の里が先場所に続いて2場所連続で綱とりに挑むとあって、その取組に期待された。大相撲平成28年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年9月場所

    大相撲平成28年9月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    場所前の9月8日、横綱白鵬が両足の怪我で9月場所を全休することを表明した。大相撲平成28年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 高安晃

    高安晃から見た白鵬翔白鵬翔

    新入幕となった2011年7月場所では8日目の時点で7勝1敗と非常に好調で、後半戦では黒星が込んだものの最終的には9勝6敗と勝ち越した。幕内4場所目となる2012年1月場所では西前頭3枚目まで番付を上げ、8日目には横綱・白鵬と対戦し、平成生まれの力士としては初めて結びの一番を務めた。同年5月場所では、自己最高位となる西前頭筆頭へと番付を上げたが、5勝10敗と大きく負け越した。翌7月場所でも、初日から8連敗と振るわず、後半には盛り返したものの6勝9敗と負け越した。翌9月場所では、初日からの8連勝で中日に勝ち越しを決め、勝てば敢闘賞受賞が決定していた千秋楽の舛ノ山戦に敗れて三賞受賞はならなかったものの、10勝5敗という好成績を挙げた。高安晃 フレッシュアイペディアより)

  • 勢翔太

    勢翔太から見た白鵬翔白鵬翔

    2016年1月場所はおよそ1年ぶりの三役である東小結として迎えたが、横綱・大関陣相手に1勝5敗と力の差を見せつけられ、結局5勝10敗でまたも一場所で平幕に落ちることが確定した。3月場所は東前頭4枚目で迎えたが、初日から7連勝と好調を維持。そこから3連敗で優勝争いからは脱落したもののそこから白星を重ね、千秋楽での勝利を条件に自身5度目の敢闘賞候補に挙がったが琴勇輝に敗れ、10勝5敗の成績で敢闘賞は獲得できなかった。しかし3月場所は関脇、小結力士が全員負け越したため、続く5月場所では新関脇となった。5月場所は2日目に照ノ富士、5日目に鶴竜に勝つなど序盤は好調だったが、7日目から8連敗と失速し、4勝11敗で三役陥落が決まった。7月場所も調子が上がらず5勝10敗だったが、9日目に優勝争いの一角にいた白鵬を破って金星を獲得した。9月場所は7日目まで5勝2敗と出だしが良かったが中日から4連敗、そのまま千秋楽に黒星で7勝8敗。11月場所は弟弟子の錦木に部屋頭の座を譲ることとなった。勢翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 豊ノ島大樹

    豊ノ島大樹から見た白鵬翔白鵬翔

    続く同年9月場所では、11日目に横綱・白鵬から自身初となる金星を挙げ(白鵬が初めて配給した金星でもあった)、さらに琴欧洲・琴光喜の2大関を破る活躍を見せて8勝7敗と勝ち越し、初の殊勲賞を受賞した。しかし、この9月場所の直後に時津風部屋力士暴行死事件が発覚し、それ以降、自身のブログの更新を自粛している。豊ノ島大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴竜力三郎

    鶴竜力三郎から見た白鵬翔白鵬翔

    5月技量審査場所では西小結の位置で、13勝2敗で優勝した白鵬(第69代横綱)に次ぐ成績の12勝3敗という自身最高の成績を挙げて6度目の技能賞を受賞した。翌7月場所では3大関を破る活躍を見せて西関脇(2枚目)の位置で10勝5敗と、三役で2場所連続の二桁勝利を挙げた。次の9月場所は東関脇(2枚目)の地位で、東関脇の琴奨菊と共に初の大関獲りを目指したが、不調で7日目で早くも4敗を喫してしまう。終盤4連勝して勝ち越したが9勝6敗に終わった。鶴竜力三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の相撲

    2018年の相撲から見た白鵬翔白鵬翔

    18日 - 【大相撲】横綱白鵬が、1月場所を5日目から両足親指の負傷のため途中休場することが決定した。白鵬の休場は2場所ぶり7回目。2018年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲中継

    大相撲中継から見た白鵬翔白鵬翔

    2014年九州場所千秋楽のエンディングで、32回目の優勝を果たした白鵬の32回分の優勝したVTRや初土俵の時の映像などをまとめたダイジェストを、中島みゆきの『麦の唄』をBGMに5分以上のVTRが放送された。大相撲中継 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内で不戦勝が発生した場合、時には懸賞がついている場合もあるが、不戦勝の場合は勝ち名乗りを受けても懸賞は貰えない。付いている懸賞についてはスポンサーの意向に沿って取りやめ、あるいは別の取組への振り替えを行うことになる。例として、2015年(平成27年)5月場所中日の白鵬と大砂嵐の取組には40本の懸賞が懸けられていたが、大砂嵐の休場に伴って白鵬の不戦勝となったため、17本が取りやめ、23本は他の4番に振り替えが行われた。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 平成の双葉山

    平成の双葉山から見た白鵬翔白鵬翔

    平成の双葉山 フレッシュアイペディアより)

366件中 81 - 90件表示