224件中 81 - 90件表示
  • 内無双

    内無双から見た白鵬翔白鵬翔

    かつては元小結だった舞の海と旭鷲山、元大関・琴光喜がこの技を得意としていた。最近では、2012年7月場所10日目、横綱・白鵬が大関・鶴竜にこの決まり手で勝っている。内無双 フレッシュアイペディアより)

  • ハワリンバヤル

    ハワリンバヤルから見た白鵬翔白鵬翔

    ハワリンバヤルは1998年から、東京都で開催されているモンゴルのフェスティバル。開催は在日モンゴル留学生会()が決定し、その後、複数の企業・団体・学生・個人によるボランティアとしてのハワリンバヤル実行委員会が組織される。キャッチフレーズは日本最大級のモンゴルの祭りで、毎年異なるテーマが決定される。駐日モンゴル国大使館と外務省が後援する、公的な性格が強いフェスティバルでもある。2001年からは練馬区の後援のもと、光が丘公園けやき広場で例年開催されている。当日は数万人の来場者が訪れる。日本在住のモンゴル人も多数集まり、旭鷲山、朝青龍、白鵬、日馬富士らモンゴル出身の大相撲力士・元力士たちも、例年招待される。ハワリンバヤル フレッシュアイペディアより)

  • 梅ヶ谷藤太郎 (初代)

    梅ヶ谷藤太郎 (初代)から見た白鵬翔白鵬翔

    前述の通り58連勝を記録するなど、明治前期の相撲黄金時代を支えた第一人者である。2012年現在でも双葉山定次の69連勝、谷風梶之助・白鵬翔の63連勝に次ぐ歴代4位の記録だが、当時は連勝記録への関心が薄く、ほとんど取り上げられなかった。赤子時代の逸話はこの強さから生み出された後世の創作かもしれない。梅ヶ谷藤太郎 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 金親和行

    金親和行から見た白鵬翔白鵬翔

    2007年5月場所中、大相撲の八百長疑惑を報じている雑誌週刊現代(講談社)が、「弟子の大関・白鵬を横綱に昇進させるために八百長を画策した」という内容の記事を掲載した。記事では「宮城野親方は2007年5月場所の直前に、2006年7月場所(白鵬が初の綱取りに挑戦した場所)で横綱・朝青龍(当時、現実業家・タレント)ら4人に計900万円を支払って、白鵬に勝たせるよう依頼したことを知人の女性に話した」とされている。その会話の内容は、約9時間に渡ってテープに収められているという。白鵬はこの2006年7月場所で千秋楽に朝青龍を破るなど13勝を挙げたものの、横綱昇進は見送られた。この報道に対して宮城野親方は「お答えすることはありません」と話した。なお、週刊現代の一連の八百長報道については、日本相撲協会が提訴した分については週刊現代敗訴の判決が確定している(後述)。金親和行 フレッシュアイペディアより)

  • 金親和行

    金親和行から見た第69代横綱白鵬翔

    その2007年5月場所後、白鵬は第69代横綱への昇進を決める。それから同年5月28日に開かれた横綱審議委員会の席では、内舘牧子委員(脚本家)から「新聞などでは熊ヶ谷(当時)親方がこう語っているとか、たくさん書いてあります。横綱白鵬にとっては一体誰が師匠なんですか?」という質問が北の湖理事長(当時)に寄せられた。これに対し北の湖理事長は「それは熊ヶ谷です。今まで熊ヶ谷がやってきたし、これからもやるべき」と即答し、「宮城野親方(当時)は事実上白鵬の師匠でない」という見解を示した。ただし、白鵬の大関昇進時(2006年3月場所後)及び横綱昇進時(2007年5月場所後)の昇進伝達式に、それぞれ同席したのは当時の宮城野親方夫妻であり、熊ヶ谷親方の出席は認められなかった。その後の報道でも全て宮城野が師匠、熊ヶ谷は育ての親と扱われていた。金親和行 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (36代)

    木村庄之助 (36代)から見た白鵬翔白鵬翔

    2012年5月場所7日目結びの一番、横綱白鵬?前頭3枚目豊響戦で白鵬が西土俵際寄って出るところ、豊響が捨て身の小手投げを打ち両者土俵下へ。庄之助は白鵬に軍配を挙げたが、物言いがつき協議の結果差し違いとなり、庄之助として初の“黒星”となった。取組後、北の湖理事長に口頭で進退伺いを提出、慰留された。木村庄之助 (36代) フレッシュアイペディアより)

  • ふるさと大使

    ふるさと大使から見た白鵬翔白鵬翔

    阿波とくしま観光大使(徳島県) - 倉科カナ・白鵬ふるさと大使 フレッシュアイペディアより)

  • 斉須稔

    斉須稔から見た白鵬翔白鵬翔

    2008年9月28日、横綱・白鵬の招待で両国国技館を訪れたX-JAPANのリーダー・YOSHIKIが、国技館内の支度部屋での記念撮影の前に土足で「あがり座敷」を歩いたとの理由で、斎須が「畳の上だぞ。靴を脱げ!」とYOSHIKIに一喝。これに対しYOSHIKIのマネージャーは、「斎須氏に『急げ』『走れ』と急かされ、記者や関係者の壁があって先に何があるか分からない状態で段差を乗り越えたので、そこが畳かどうかも分からなかった。来て欲しいと呼んでおいて、あの態度は何だ?」と抗議した。YOSHIKI本人も「僕はもともと呉服屋の長男。いくらアメリカ生活が長いとはいえ、平気で畳の上を靴で歩いたりはしません。お客さんとして呼ばれて行った人を、このように扱う相撲協会って少しおかしくないですか? たとえそれが僕であれ誰であれ、名前は分からないですが、あの世話人の態度は、人を不愉快にさせますね」とのコメントを公表した。招待した白鵬も、「横綱の客人に対して考えられない対応」とコメントし、すぐさま電話でYOSHIKIに謝罪した上、本人の元を訪れて再謝罪。9月30日には、斎須が所属する桐山部屋を通じ、相撲協会へ正式に抗議を入れるという事態となった。相撲協会広報部長の九重親方との話し合いで、同親方は世話人の言動に「(相撲界の)常識ではない」と説明。その後、協会から電話で「不愉快な思いをさせて申し訳なかった。世話人から話を聞いたところ、本人も強く言い過ぎたことを深く反省しており、協会も言葉遣いに気をつけるよう指導します」とYOSHIKI側に謝罪した。斉須稔 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(全勝・4場所連続16回目)。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た白鵬翔白鵬翔

    幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・5場所連続17回目)。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

224件中 81 - 90件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード