前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
238件中 1 - 10件表示
  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た貴乃花光司

    現在では、貴乃花および朝青龍とともに「平成の大横綱」の一人に数えられる。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た朝青龍明徳

    現在では、貴乃花および朝青龍とともに「平成の大横綱」の一人に数えられる。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た旭天鵬勝

    翌11月場所は日馬富士が第70代横綱に昇進。新横綱誕生は2007年7月の白鵬以来32場所ぶり、東西二人の横綱が出揃うのは2010年1月の朝青龍と白鵬以来16場所ぶりとなった。なお日馬富士も横綱土俵入りは不知火型を選択したが、本場所で不知火型の土俵入りを複数披露する横綱は大相撲史上初めて。又白鵬の横綱在位数32場所は、千代の山と並ぶ歴代9位タイ記録である。この場所は11日目に大関琴欧洲に初黒星を喫したが翌12日目の大関琴奨菊戦は勝利し、本人の取組後に日馬富士が敗れたため、大相撲史上初の6年連続での年間最多勝を確定させた。また14日目に琴奨菊が旭天鵬に勝利したことで、貴乃花を上回る4場所ぶり23回目の幕内優勝(大鵬、千代の富士、朝青龍、北の湖に次ぐ史上5位)、さらに九州場所6連覇(同場所の史上最多数は千代の富士の8連覇)を達成した。2010年1月場所以来となった千秋楽結びの横綱同士の一番でも新横綱日馬富士を破り、14勝1敗で取り終えた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た魁皇博之

    翌3月場所は、自身2度目の大関獲りの場所であった。11日目に全勝の横綱朝青龍との相星決戦で、左四つに組み合った後、左手で朝青龍の左ももを払いながらの上手出し投げで完勝し、大関昇進の基準といわれる33勝目をあげた。千秋楽では魁皇に敗れたが、優勝を争っていた朝青龍も栃東に敗れたため13勝2敗同士の優勝決定戦で再び朝青龍と対戦。朝青龍に得意の左四つからの下手投げで敗れ優勝は逃したが、技能賞と殊勲賞を獲得するなど高く評価された。この一番はモンゴル国内において、瞬間視聴率は驚異の93パーセントを記録したとされる。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た武蔵丸光洋

    千秋楽は実に4年10か月振りとなる横綱同士の対戦(2002年9月場所の武蔵丸 - 貴乃花以来)で朝青龍に寄り切りで敗れ、3連敗を喫し、11勝4敗に終わった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た琴欧洲勝紀

    関脇に復帰した2006年1月場所では、12日目に朝青龍を小手投げで破る。千秋楽では大関昇進で先を越された琴欧州に寄り倒しで圧勝し、栃東との優勝決定戦を待ったが、栃東が朝青龍に勝ち優勝決定戦にはならなかったが13勝2敗の好成績を挙げた。この時初めて千秋楽まで優勝に絡んだ。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た大鵬幸喜

    四股名は、横綱大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(幕内・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり3勝4敗の成績で、後の横綱(しかも大横綱)としては異例の序ノ口での負け越しを経験する。しかし、入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように番付を駆け上がり、部屋で稽古を付けていた光法(現・年寄立田川)は、「あの白鵬って子、一晩眠るたびに強くなっている。2?3年後には化粧まわしや白い稽古まわし(共に関取の象徴)を身につける身分になりますよ!」と驚いていた。実際、皆勤して負け越したのは前述の2001年5月場所と三段目時代の2002年7月場所(3勝4敗)の2場所だけで、これ以降は休場を除いて負け越していない。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た朝赤龍太郎

    初の横綱獲りへ挑戦となった2006年7月場所初日に朝赤龍、9日目に雅山に敗れたが、その後順調に勝ち星を積み重ね、千秋楽ではここまで全勝の朝青龍に寄り倒しで土をつけ13勝2敗で場所を終えた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た北の湖敏満

    2004年5月場所で新入幕となる。19歳1か月での新入幕は貴花田(後の横綱・貴乃花)、北の湖、花田(後の大関・貴ノ花)に次ぐ当時史上4位の若さであった(外国人力士としては史上1位の若さ。)。その場所、千秋楽まで単独で優勝争いの先頭に立っていた北勝力を立合いの変化で破り、星1つの差で追っていた同じモンゴル出身の横綱朝青龍の「援護射撃」を果たし、自らも12勝3敗の好成績で貴花田の18歳7か月に次ぐ19歳2か月の若さで初三賞(敢闘賞)を受賞した。新入幕での12勝は、15日制になってから歴代3位タイ。入幕を果たした際には「親方、一番強い人を倒したときの懸賞を持ってきます。待っていてください」と熊ケ谷親方(現:宮城野親方)と約束した。2004年11月場所11日目、白鵬は朝青龍を送り出しで破って初金星を獲得。その夜、この一番に掛かった懸賞を持って熊ケ谷親方の前にやってくると、「ここまで来られたのも親方のおかげです。受け取ってください」と差し出した。この懸賞は熊ケ谷親方の自宅の居間の一番見えるところに飾ってあるという。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た豊ノ島大樹

    翌9月場所は朝青龍が自身の不祥事の為に出場停止処分となり、事実上1人だけの横綱となった。初日に安馬(当時、現・日馬富士)に敗れ、中日までは安美錦を追う形となった。さらに11日目には豊ノ島に敗れ(自身初の金星配給)、新入幕の豪栄道に優勝争いのトップを明け渡してしまったものの、13勝2敗で横綱昇進後初となる通算4度目の優勝を果たした。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
238件中 1 - 10件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード