238件中 21 - 30件表示
  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た翔天狼大士

    9月場所は6日目に平幕の翔天狼に初顔で金星を許して1敗(2012年11月場所現在、本割ではこの1回のみである。)、その後14日目まで全勝の朝青龍を1差で追っていた。千秋楽結びの一番では朝青龍を寄り切って勝利。14勝1敗同士の優勝決定戦へもつれ込んだものの、決定戦では朝青龍に右すくい投げで敗れて、同年1月場所同様に逆転優勝はならなかった。この結果、2009年は東京場所での優勝を果たせなかった。また、年間3場所(1月・5月・9月)の決定戦での敗戦は史上初となった。さらにこの3場所とも14勝1敗で優勝を逃しており、14勝で優勝できなかった横綱の場所数としては歴代最多となった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た魁傑將晃

    横綱昇進が有力視されたが、日本相撲協会の放駒審判部長(元大関魁傑)は、朝青龍の独走を許したという理由で、理事会の招集も横綱審議委員会への諮問も行わず、横綱推挙は見送られた。千秋楽後の朝青龍の優勝インタビューの際、NHKのアナウンサーが白鵬の横綱推挙が見送られたことを朝青龍に伝えると、会場は大きなため息に包まれた。番付上、東横綱・朝青龍と東大関・白鵬との対戦が組まれるのは千秋楽であるため、そこまで優勝争いがもつれなかったという意味で「独走を許した」という表現となった(14日目の時点では横綱が14勝0敗で優勝決定、白鵬が12勝2敗)。横綱昇進を見送られた白鵬は、モンゴルの温泉で疲れを取るため帰国した。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た輪島大士輪島 大士

    5月場所も、把瑠都ら上位陣が星を落としていく中で連勝を続けた。そして独走の中で迎えた13日目に琴光喜を破り、輪島に並ぶ14回目の優勝を決めた。14日目からは、輪島のトレードマークだった黄金色の締め込みで出場。14日目は琴欧洲、千秋楽は日馬富士を退け、2場所連続6度目の全勝優勝を果たした。直近4場所で3度の全勝優勝は、15日制の下では初の快挙である。横綱昇進後の夏場所の優勝も初めてである(横綱の5月場所優勝自体2005年の朝青龍以来5年ぶり)。なお、横綱昇進後丸3年となるこの場所を終えた段階での横綱勝率は.900という近代の大相撲では驚異的な数字にまで達した。この14回目の優勝インタビューにおいて次の目標を聞かれ、「次は平成の大横綱、貴乃花関の記録に並びたい。その先は大鵬関の記録も追い抜きたい」と答えた。優勝回数に関しては大鵬という大きな目標を出したが連勝記録については一切触れなかった事に関して、解説の北の富士は「連勝記録について何も言わなかったのは、彼自身、優勝は重ねていけても連勝を伸ばしていくのは難しいと実感しているからじゃないですかね。」と言っていた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た旭國斗雄

    大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。大阪府内の摂津倉庫で相撲を習っていた(この会社からは以前、前頭にも上がった大飛翔を輩出)。共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、千昇(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。少年白鵬は当時日本語が分からなかった為か英語で"I don't want to go back..."と言って泣いたという。その失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島は友人であった宮城野(元幕内・竹葉山)に受け入れを申し入れた。当時の宮城野部屋は文字通り弱小部屋(ただし、関取を多くを擁した時代もあった。)だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。こうした経緯から宮城野が元十両の金親に代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た豪栄道豪太郎

    翌9月場所は朝青龍が自身の不祥事の為に出場停止処分となり、事実上1人だけの横綱となった。初日に安馬(当時、現・日馬富士)に敗れ、中日までは安美錦を追う形となった。さらに11日目には豊ノ島に敗れ(自身初の金星配給)、新入幕の豪栄道に優勝争いのトップを明け渡してしまったものの、13勝2敗で横綱昇進後初となる通算4度目の優勝を果たした。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た千代大海龍二

    この日の大相撲中継の解説であった北の富士勝昭、実況アナウンサーの刈屋富士雄は、魁皇の勝ちであるように見えたと発言している。この相撲で魁皇は負傷し、取り直しの一番は一方的に白鵬の勝利。翌日から魁皇は休場した。翌13日目の琴欧洲、14日目の千代大海との取り組みに敗れ、横綱として初の連敗を喫し、この時点で3敗に後退して3連覇の可能性が断たれた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    ボクシングの内藤大助とは友人の間柄で、度々内藤の試合を観戦に訪れている。また、白鵬が内藤の所属する宮田ジムを訪れたこともあるし、逆に内藤が宮城野部屋でトレーニングを敢行したこともある。この関係は、白鵬のライバルである朝青龍が内藤のライバルである亀田興毅と親密である事と、好対照を成している。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た栃煌山雄一郎

    1月場所は先場所からの連勝を再び延ばし、7日目に栃煌山を下して自身5度目の20連勝を達成するも、11日目にまたしても稀勢の里に敗れ、連勝は23でストップ。11月場所に続く稀勢の里戦の黒星で、横綱になってから同じ力士に連敗したのは、朝青龍、日馬富士に続き、3度目。しかし14日目には把瑠都を掬い投げで下して自身18回目の優勝を決める。優勝を決めた翌日(千秋楽)には紗代子夫人に第3子となる女児が誕生、相撲も魁皇を送り出しで破り14勝1敗で終え、年度にこだわらない任意の場所の連続6場所での勝ち星記録87を88に更新している。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た春日富士晃大

    場所終了後の3月29日、日本相撲協会は大阪市内で番付編成会議を開き、白鵬の大関昇進を満場一致で決め、理事会で承認された。正使として友綱理事(元関脇・魁輝)、副使に春日山審判委員(元幕内・春日富士)が、大阪府堺市の西本願寺堺別院に派遣された。師匠の宮城野(元十両・金親)夫妻とともに紋付き袴姿で出迎え、「謹んでお受け致します。大関の地位を汚さぬように、全身全霊をかけて努力します。本日は誠にありがとうございます。」と昇進口上を述べた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た原辰徳

    2008年4月1日のプロ野球公式戦「巨人対中日」(東京ドーム)において、始球式を務め、真ん中高めのストライクゾーンへ112キロの速球を投げ込み、ベンチから見守っていた巨人の原辰徳監督に「見事!」と絶賛され、観客から大きなどよめきが起こった。背番号は第69代横綱に因んで「69」だった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

238件中 21 - 30件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード