273件中 41 - 50件表示
  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た稀勢の里寛

    翌9月場所で2度目の綱獲りを目指したものの、初日に稀勢の里に敗れ、その際右膝を負傷した。12日目でようやく勝ち越すが、その後千秋楽まで3連敗して8勝7敗に終わり、横綱への挑戦は白紙に戻った。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た鈴木おさむ

    鈴木おさむは、白鵬と親交があったため会見拒否の理由を知っており、報道のあり方について 「本当に歯がゆかった」と語った。また市川海老蔵などが続々とコメントをよせるなどの反響があったが憶測報道した各誌は修正記事や謝罪記事は掲載しなかった。また、白鵬のブログには激励メッセージが1000件以上寄せられた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た魁聖一郎

    11月場所は復帰し自身初の東横綱2の番付で場所に挑む。そして、2016年11月15日、魁聖戦で勝利して通算1000勝を達成した。取組後のインタビューで、史上初めて通算1000勝を達成した千代の富士貢と同様に「(次の目標は)1001勝です」と答えた。しかし、6日目に遠藤に不覚をとり、さらに10日目にも土俵際で勝利したと思ったところを稀勢の里に脚一本で残され敗れてしまう。白鵬は「決まったと思った。休場で勝負勘が足りないのかもしれない」と首をかしげていた。弟弟子石浦の活躍には「一気に来たね。うれしいね」とコメントしていた。また、場所前に痛風を発症し故障の完治が遅れていたことなども判明。八角理事長は「休場明けにしてはよくやったと思う。最後に稽古不足が出た。場所前がいつも通りではなかったわけだから」とコメントした。翌日は勝利するも12日目から照ノ富士、鶴竜と連敗し優勝争いから脱落。だが、この場所14日目に優勝争いしていた横綱日馬富士、千秋楽は綱取りだった豪栄道を倒し11勝4敗で休場明けの場所を終えた。場所後の12月14日、第4子となる三女が誕生。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た光法賢一

    四股名は、横綱・大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(幕内・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり3勝4敗の成績で、後の横綱(しかも大横綱)としては異例の序ノ口での負け越しを経験する。しかし、入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように番付を駆け上がり、部屋で稽古を付けていた光法は、「あの白鵬って子、一晩眠るたびに強くなっている。2 - 3年後には化粧まわしや白い稽古まわし(共に関取の象徴)を身につける身分になりますよ!」と驚いていた。実際、皆勤して負け越したのは前述の2001年5月場所と三段目時代の2002年7月場所(3勝4敗)の2場所だけで、これ以降は休場を除いて負け越していない。相撲教習所時代は1度だけ寝坊して教習所に遅刻しそうになったが、遅刻しないように下駄を持って裸足で走って間に合わせた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た高安晃

    11月場所は6日目に?安に敗れ、自身9個目の金星を許し2年ぶりに前半戦で1敗を喫した。その後は白星を並べ、7日目に大鵬と並ぶ872勝にならび、8日目の照ノ富士戦に勝利した時点で、史上1位となる8年連続8回目の年間最多勝を確定させる。13日目に単独トップに立ち、14日目の日馬富士戦で2年連続通算4回目の年間80勝を達成。千秋楽結びの一番の鶴竜を寄り切りで下し4場所連続優勝。大鵬と同じ年間勝利数81勝で、同じく大鵬の優勝回数に並ぶ32回目の優勝を果たした。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た琴光喜啓司

    7月場所は横綱として初の土俵。16連勝の中で初日を迎え、白星を重ねていったが、10日目に琴光喜に敗れて連勝は25でストップした。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た隠岐の海歩

    9月場所は初日に小結・隠岐の海、2日目に前頭筆頭・嘉風と、過去に一度も負けたことのない相手に2日続けて敗れた。嘉風に敗れたことで自身10個目の金星配給となり、白鵬が小結時代の2005年11月場所以来、また横綱になって初めての連敗スタートとなった。場所前の稽古で左膝を痛めており、「左大腿四頭筋腱炎で4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、3日目の碧山戦で不戦敗となり、4日目から横綱昇進後初の休場となった。これにより昭和以降1位の幕内連続勝ち越し、連続2桁勝利記録はともに51場所でストップ、史上1位の横綱としての連続出場記録は722回で途切れることになった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た千代大海龍二

    入幕1年目にして横綱最有力候補と目され、2005年1月場所は新三役(西小結)で魁皇、千代大海の2大関を破って11勝4敗の好成績を挙げ、初の技能賞を受賞した。3月場所は関脇に昇進し、直近の2場所で12勝3敗・11勝4敗の好成績を上げていた事から大関獲りの場所と目された。達成すれば貴乃花を上回る史上最年少での昇進となったものの序盤からまさかの3連敗で、終盤4連勝して8勝7敗と勝ち越しはしたものの、大関昇進を逃がした。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見たYOSHIKI

    9月1日の横綱審議委員会稽古総見を事実上欠席したその日の夜、YOSHIKIのディナーショー東京公演初日にゲストとして出席。8月27日には日本テレビ「24時間テレビ」のフィナーレにも姿を見せていた。休場中のこの挙動を批判するメディアもあり、相撲協会も9月28日に部屋持ちの親方で構成する師匠会で、巡業を休場する力士の行動に関して注意喚起した。春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)は、公式行事である巡業を休むにもかかわらず、私的なイベントなどに出席することを疑問視。「師匠の指導がなっていないということだろう。(力士は)何で飯を食っているのか考えないと」と話した。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た畑瀬聡

    2012年12月30日に放送された『ジャイアントキリング!世紀の番狂わせ』(フジテレビ)では現役砲丸投げ選手の畑瀬聡と砲丸バック投げで対決。6投目で15m98を記録したが、最後に畑瀬が17m90を記録したためジャイアントキリングはならなかった。また、それを受けて「天皇陛下万歳」「モンゴル万歳」を行った。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

273件中 41 - 50件表示