238件中 61 - 70件表示
  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た大河希賞

    大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。大阪府内の摂津倉庫で相撲を習っていた(この会社からは以前、前頭にも上がった大飛翔を輩出)。共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、千昇(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。少年白鵬は当時日本語が分からなかった為か英語で"I don't want to go back..."と言って泣いたという。その失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島は友人であった宮城野(元幕内・竹葉山)に受け入れを申し入れた。当時の宮城野部屋は文字通り弱小部屋(ただし、関取を多くを擁した時代もあった。)だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。こうした経緯から宮城野が元十両の金親に代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た若乃花幹士 (2代)

    2010年5月場所で新横綱以来の連続2桁勝利が、大鵬(元・一代年寄)と2代目若乃花(現・間垣親方)の16場所を超える、17場所の新記録を達成。2013年1月場所で33場所となり、現在も自身の記録を大幅に継続中である。なお2007年7月場所に横綱昇進して以降、皆勤場所での最低成績は2012年5月場所の10勝5敗が1場所のみ(それ以前は2007年7月・2008年5月の2場所が11勝4敗)で、9勝6敗以下の1桁勝星となった場所は未だ一度も無い。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た吉葉山潤之輔

    3月場所は千秋楽の優勝決定戦で、立合いの変化で朝青龍を下し、13勝2敗で2度目の幕内優勝を果たしたが、日本相撲協会や横綱審議委員会ではその相撲内容が十分でないとの意見もあった。それでも3度目の綱獲りだった翌5月場所では、初日から14連勝で14日目で優勝を決め、千秋楽も堂々たる相撲振りで朝青龍に完勝し、自身初の15戦全勝優勝を達成。日本相撲協会からの諮問後の横綱審議委員会でも「満場一致」の横綱推薦となり、念願だった第69代横綱への昇進が決定した。なお横綱土俵入りは熊ヶ谷親方の推薦もあり、熊ヶ谷の入門時の師匠である元横綱・吉葉山と同じ不知火型を選択(白鵬自ら5月場所の全勝優勝インタビューで「部屋の大先輩である横綱吉葉山と同じ不知火型をやります」と宣言していた)。土俵入りの指導は同立浪一門で、元横綱・旭富士の安治川(現・伊勢ヶ濱)親方が行った。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た柏戸剛

    四股名は、横綱大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(幕内・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり3勝4敗の成績で、後の横綱(しかも大横綱)としては異例の序ノ口での負け越しを経験する。しかし、入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように番付を駆け上がり、部屋で稽古を付けていた光法(現・年寄立田川)は、「あの白鵬って子、一晩眠るたびに強くなっている。2?3年後には化粧まわしや白い稽古まわし(共に関取の象徴)を身につける身分になりますよ!」と驚いていた。実際、皆勤して負け越したのは前述の2001年5月場所と三段目時代の2002年7月場所(3勝4敗)の2場所だけで、これ以降は休場を除いて負け越していない。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た常陸山

    2013年1月場所現在、横綱在位33場所で441勝54敗(勝率8割9分1厘)。この勝率は昭和以降の横綱では双葉山(勝率8割8分2厘)を上回り、現在史上1位である。なお白鵬は横綱18場所目の2010年5月場所で、横綱勝率が9割に到達。以降、横綱28場所目の2012年3月場所まで約2年にわたって横綱勝率9割以上を維持した。(これまでは貴乃花が横綱7場所目から13場所目(全休1場所を含む)までが横綱勝率9割超)。年2場所制時代の横綱勝率9割以上の最長記録は、明治時代の大横綱の常陸山がおよそ9年間、20場所(全休5場所を含む)に渡って9割超を維持していた。特に白鵬は、2009年3月場所から2010年9月場所までの10場所は144勝6敗、勝率9割6分という驚異的な成績を残している。なお第27代横綱栃木山の引退(1925年)以降、最終的な横綱勝率が9割を超えた横綱は未だ出ていない。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た和田友良

    3月場所前の2007年2月に当時学習院大学に在籍中の学生であった徳島県徳島市出身の和田紗代子と結婚。このとき夫人は第1子を身ごもっており、同年5月10日に第1子(長女)が誕生した。義父は実業家で、元朝青龍全国後援会長の和田友良白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た大飛翔誠志

    大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。大阪府内の摂津倉庫で相撲を習っていた(この会社からは以前、前頭にも上がった大飛翔を輩出)。共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、千昇(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。少年白鵬は当時日本語が分からなかった為か英語で"I don't want to go back..."と言って泣いたという。その失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島は友人であった宮城野(元幕内・竹葉山)に受け入れを申し入れた。当時の宮城野部屋は文字通り弱小部屋(ただし、関取を多くを擁した時代もあった。)だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。こうした経緯から宮城野が元十両の金親に代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た追風海英飛人

    2003年11月場所では、東幕下9枚目で6勝1敗の好成績を上げ、関取の定員増もあり翌2004年1月場所に新十両に昇進し、翌場所、十両2場所目で12勝3敗の成績を挙げ追風海との優勝決定戦を制し優勝。十両はわずか2場所で通過し、入門からわずか3年での入幕となった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た千昇秀貴

    大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。大阪府内の摂津倉庫で相撲を習っていた(この会社からは以前、前頭にも上がった大飛翔を輩出)。共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、千昇(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。少年白鵬は当時日本語が分からなかった為か英語で"I don't want to go back..."と言って泣いたという。その失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島は友人であった宮城野(元幕内・竹葉山)に受け入れを申し入れた。当時の宮城野部屋は文字通り弱小部屋(ただし、関取を多くを擁した時代もあった。)だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。こうした経緯から宮城野が元十両の金親に代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た太刀山峯右エ門

    7月場所、6日目から朝青龍の途中休場により1人横綱となったが、13日目に魁皇を下し7回目の優勝、千秋楽には琴欧洲も降し横綱昇進後初となる通算2度目の全勝を果たした。これで各場所すべて優勝(全6場所制覇)を成し遂げたことになる(歴代10人目、不知火型の横綱では初)。ちなみに歴代の不知火型の横綱で年6場所制になってからは、玉の海の優勝6回を上回り最多となり、昭和以降では年6場所制以前の羽黒山と並んだ。優勝制度が始まって以降の当時の最多記録は太刀山の9回だった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

238件中 61 - 70件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード

  • あと15日いける。

  • 春の高校バレー 第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会

  • シャンパからの挑戦状!今度は野球で勝負だ!!